星の輝きを手に(ほしのかがやきをてに/Shattering Stars)
レベルキャップを75まで引き上げる限界突破クエスト2003年12月16日のバージョンアップ実装された。

依頼者は、ル・ルデの庭大公私邸前(H-5)にいるマート(Maat)
マートが最後の試練を与えた。
指定されたアイテムを彼に見せれば
その最終試練が始まるらしい……。
発生条件は、クエスト天かける雲のごとく」をコンプリート済み、かつLv66以上であること。
クエストオファーを受けたジョブ以外のジョブクリアすることも可能。但しレベルは66以上必要である*1

この限界突破クエストのみ、挑むジョブにより内容が異なる(後述)。なお、アトルガン以降のジョブについては、別の専用クエストが用意されている。【限界突破クエスト】を参照のこと。

進行手順

  1. 一定レベル以上の獣人(該当ジョブが少ない等の理由で、から入手できるケースもある)から、挑戦したいジョブに対応した「偉大な <ジョブ名> の証」を手に入れる。事前に入手しておいても構わない。
  2. これを限界じじいことマートトレードすると、「最終試練」と称してジョブごとに異なるバトルフィールド前に飛ばされ、彼との一騎打ち勝負となる。
  3. ジョブに対応したバトルフィールド(飛ばされたバトルフィールド)に「偉大な <ジョブ名> の証」をトレードして、BF戦に挑む。
  4. 勝利すると称号マート マッシャー」を得る。さらにジュノに戻ってマートに報告すると称号ヴァナ・ディールのスター」を得て、ここでクエストコンプリートしたことになる。

限界突破クエスト
クエスト星の輝きを手にクエスト
天かける雲のごとく人体強化の術!

バトルフィールド一覧

BFエリア対応ジョブ
ホルレーの岩峰戦士 黒魔道士 狩人
ワールンの祠赤魔道士 シーフ 獣使い
バルガの舞台モンク 白魔道士 召喚士
ク・ビアの闘技場ナイト 暗黒騎士 吟遊詩人
宣託の間 忍者 竜騎士

BF星の輝きを手にジョブ名)」攻略

制限時間10分、サポートジョブ無効レベル制限無制限(初戦は実質Lv70制限)のBF戦。星唄の煌めき【二奏】入手済みならフェイス可。

勝利条件は以下の2つのいずれか。
  • マートを倒す(HPを7~8割ほど削ればOK)。
  • ジョブ毎に設定された一定の条件を満たして降参させる(条件が判明していないジョブもかなりある)。

「自ジョブの力のみで倒せ」ということなのか、戦闘中はサポートジョブが無効化される。
マートは挑戦したジョブと同じジョブSPアビ含む各種能力を使ってくる。またPCサポートジョブが無効化されるにもかかわらず、マート自身のジョブであるモンクの能力も持ち、格闘攻撃メインに各種WSを繰り出してくるため、どのジョブでも厳しい戦いを強いられる。

繰り出してくるWSはランダムであり、威力の低い単発もので終わる場合もあれば、乱撃双竜脚空鳴拳といった多段・高威力WSの連発で瞬殺されてしまうケースもしばしば。時間をかけすぎると、台詞と共に夢想阿修羅拳を連発するモードに切り替わってしまうため、短期決戦で臨む必要がある。

敗北してもデスペナルティは無く同じで3回まで挑戦できるが、3回目のトレードを行った際に消化されて無くなる。ここで負けた場合は取りからやり直しになる。

レベルキャップ70突破前の時点で挑む際の各ジョブごとの攻略のヒントは以下の通り。ただし、種族等によっては戦闘スタイルを変えた方がいいケースもあり、あくまでも参考情報に過ぎないことを追記しておく。また、フェイスが使用可能になる前の内容であるため、フェイスを使用する場合はそれを考慮する必要があるので注意。

また、ソロENM奈落の傀儡師の内容が、本クエストでの戦闘とよく似ており、戦いにコツが必要なジョブの場合はここが格好の練習場となるかもしれない。経験値稼ぎも兼ねて行ってみるといいだろう。

クリア後の再挑戦では、マートのレベルはPC基準で引き上げられるが、HPはさほど増えておらず、武神流秘奥義エンピリアンWS、高位ガ系魔法などを引っさげて挑めば力でねじ伏せることができるため、Lv99での攻略例は割愛する。

戦士

短期決戦でいくなら、オポ昏TPを貯めた後、マイティストライクつきのレイジングラッシュイカロスウィングレイジングラッシュ
ハズレが無ければこれで終わる、外れたら……マートHPや残り薬品次第となる。

片手斧スキルしか上がっていないならば序盤は薬品回復しつつ地道に殴り、マートマイティストライクにあわせてこちらもマイティストライクランページイカロスウィングランページといけば勝てる。盾にはスパルタンホプロンを使うとエンチャントファランクスの効果で被ダメが軽減できる。

また、バーサク与ダメアップよりも被ダメアップのデメリットの方が痛いので使用しないかWSの直前だけに留めた方がいいだろう。

モンク

最初にためるを繰り返し気孔弾を放つのは基本。
短期決戦を狙うなら百烈拳戦闘に入る前に発動しておくこと。
相手の百烈拳はそのまま受けるかかまえるで切って落とす。
シヴァクロー麻痺で被害を抑えるという手もある。この場合は氷曜日の突入を選ぶとよいだろう。
与ダメ 2,600でクリア説が有力。

白魔道士

固有勝利条件はHP回復量と言われていたが実際は「マートヘイトリストに載ってから5分耐える」が正しい。
白魔道士マラソンに向かないジョブであるため防御食事を取り、土杖を持ってケアルを唱え、ストンスキンリジェネが切れたらフラッシュを使って張替えをする。
エルメスクエンチャを使いとんずらし、時間を稼ぎつつ強化魔法エーテル等でMP回復を図るのも有効な手。
神聖魔法スキルが十分であればリポーズを繰り返すことで簡単にクリアできる。
開幕ブリンクバニシュガで剥がすことを忘れずに。間違ってもディアガで剥がさないよう注意。

黒魔道士

強力な魔法を使った短期決戦で、スリプルスタンバインドを使い、いかにマートを足止めできるかがポイント。目安は1,800ダメージ
魔法命中率を上げるため、装備品などでINTブーストすると良い。できる限り距離をとることも忘れずに。ただし、あまり距離を取りすぎるとログに表示されていないのにマート魔法を詠唱しており、なかなか近づいてこないと思って距離を詰めたところにいきなり着弾して即死といった冗談のような事態もあるので何事も程々が肝心。
WSと同じで弱体魔法などしか使ってこない時もあれば、ガIII系連発で瞬殺される場合もあるので運もある程度必要。
作戦としては、絡まれない位置から古代魔法詠唱→着弾後、相手が詠唱を始めるので範囲外へ逃げる→相手が詠唱中断してこちらに向かってくるので、精霊の印+スリプルで寝かせる→古代魔法を当てる→スタンを唱えて相手の魔法を中断させる→魔力の泉を使い、現時点で使える最強のガ系精霊魔法を当てる、で目標の1,800ダメージを達成する事が可能。もっとも、レジストされる可能性もあるので、こちらもある程度は運が必要になってくる。

赤魔道士

マートの残HPをおよそ25%まで減らせばクリア。目安は合計2,400ダメージ風杖を持ちエアロIIIを連続魔で叩き込むのが王道パターン。順調ならエアロIII(350ダメージ)×7発で終わるが、レジストシェルダメージカットケアル回復等された場合、さらに数発必要になる。
約1,200ダメージマートが使う連続魔への対策が課題。開幕連続魔で、高価な薬品を使用しつつ一気に削るか、スリプルがレジられないことに生命を賭けてコンバートするか、難しい決断を迫られる。
ソロ装備が充実していればガチも不可能ではない。マート連続魔に対して連続魔ブリンクストンスキンケアルIVで耐えるといった芸当も可能。
ジュワユースがあれば比較的容易に殴りで倒せる。…が、当然ながらファーストジョブの場合そのような希少な武器は入手していないのが難点である。

エルヴァーンガルカMP上限やINTが低く、精霊魔法だけで削りきることは難しいが、比較的入手難度が低い武器魔法剣IIを使用して近接戦闘で挑んでもクリア不可能ではない。ストンスキンブリンク、各種強化魔法、及びマートへのディスペルディアガによる強化魔法ないしブリンク剥がし、マートへの各種弱体魔法、頃合いを見計らってのコンバート、そしてマート連続魔使用に対抗しこちらも連続魔使用でエアロIIIを叩き込む。状況に応じて柔軟に対応する赤魔道士ならではの行動が求められる。

実装当初、特に赤魔道士は難易度が高いと言われ*2クエスト実装後しばらくの間は全エリアサーチしてもLv71以上の赤魔道士は数人しかいない状態だった。
当時の赤魔道士たちのほとんどは「証取り>マート戦>敗北>また証取り>マート戦>敗北>またまた証取り……」と、さながらマラソンとでも言うべき苦行を強いられていた。そんなところに「赤魔道士ソロ活動が多くプレイヤースキルの高い人が多いから、難易度を上げていました。」という開発陣の発言があり、その迷台詞っぷりに多くの赤魔道士から怒りを買うこととなった。
その後、赤魔道士諸氏の声にスクエニも重い腰を上げ、→2004年2月26日のバージョンアップにて難易度の引き下げを行い、「メイン赤魔の人が限界突破できない」という状況が改善されたのだった。当時はLv70のジョブを複数持っている人など少数派で、「他のジョブを育成してマートに挑む」というのは現実的な選択肢ではなかった。

突入時の曜日スリプルのための闇曜日エアロの威力を上げる風曜日を選ぶとよいだろう。

赤魔道士戦は初期よりも難易度が下げられた現在を以って尚難易度が高いのは変わりがない。ライニマード曰く、「真の戦士は、いかにきれいに負けるかを知らねばならない」。一番大事なのは何度倒されても諦めず次に勝利するための自分なりの戦術を構築し再戦に挑む不屈の精神かも知れない。

精霊魔法に調整が入った現在では、MPコストも安くなりエアロIII連打でのクリアが格段にやりやすくなっている為、以前に比べて難易度は段違いに落ちた

シーフ

初めての限界突破として挑む場合、固有勝利条件は「ぬすむ」を成功させること。盗める物が呪符デジョン、つまりRareである為、マイバッグ等のストレージ呪符デジョンがある場合は、ぬすむそのものが成功しない。所持しているのであればBF突入前に捨ててしまうこと。

ぬすむが成功する確率はあまり高くなく、万全を期すのであればローグアタイア一式や兎の護符等を用意しておきたい。呪符リレイズリレイズピアス等を用いれば二回チャンスがある。Maatノンアクティブなので、BF中央で蘇生しても問題ない。

ぬすむに失敗した場合でも、力づくでねじ伏せることは可能。また限界突破済みの場合はぬすむ成功でもクリアフラグは立たず、殴り勝つ必要がある。

打撃戦を行うのであれば装備も含めた高回避を活かすことになる。目安は1,600ダメージ薬品HPを維持しつつ、マート絶対回避とんずら絶対回避でやり過ごす。遠隔攻撃絶対回避回避されないので、スリプルボルトで足止めするのもよい。イカロスウィングを使ったダンシングエッジ×2の技連携も有効。

ナイト

バランスの良い装備に、攻撃食事をとって挑もう。
オポ昏イカロスウィングも用意すると万全。フラッシュリキャストごとに撃ち、被ダメを抑える。
逆にマートフラッシュをもらったら、攻撃は無駄なのでケアル(フラッシュ目薬は効果がないので注意)。
マートバニシュIIは意外と強力なのでシールドバッシュで止め、被ダメを継続的に抑える為に順不同でセンチネルランパートを効果が切れ次第掛け直すように(纏めて使ったりしないこと)。
マートインビンシブルを使ってきたら、こちらも対抗してインビンシブルを使うと良い。

現在に於いては防御力に於いてアダマン一式を上回る上位ラム装備が有る為、然程の作戦を用意せずともハイポ数本程度の用意で勝つ事も可能となってしまった(インビンシブルを使用する暇も無く勝つだろう)。

暗黒騎士

出来るだけ防御重視の装備食事を用意して地道に戦っていこう。
マート物理攻撃両手武器に準じているのか、一撃は非常に重いが間隔はやや長め。バッシュを多用し、こちらも無視できないダメージスタンを受ける。
暗黒騎士に準じた魔法を使ってくるが、物理攻撃を受けるよりは被害が軽く済む場合が多いため、静寂効果を持つギロティン以外のWS主体で戦うのが良い。ただしドレインは大きなダメージを受けるうえにマート回復してしまうため、可能であればスタンなどで妨害したい。
少々難しいがイカロスウィングを巧みに使えば、両手剣両手鎌湾曲連携も可能。具体的には、開戦前にオポオポネックレス昏睡薬TPを1000以上貯め、スピンスラッシュを撃った後両手鎌に持ち変え、イカロスウィングを使用してクロスリーパーを撃つと湾曲連携となる。
カギは、やはりマートブラッドウェポンをどう凌ぐかによる。パウダーブーツエルメスクエンチャ(妙薬であるためイカロスウィングとは排他であることに注意)等の移動速度アップアイテムの使用で逃げ回る、スリプルバインドで足止め、スタンウェポンバッシュで妨害、こちらもブラッドウェポンで応戦する、等。

獣使い

呼び出しペットマート及びMaat's Petのタゲを向けるペット盾戦法が有効。目安は1,800ダメージMaat's Petはランダムに選ばれる。

ペットを呼び出したら、「よびだす」の再使用が2分ほどになるまで待機する。
(注記※ 現在は当該レベルにおいて「しょうしゅう」が使用可能であるため、突入即「しょうしゅう」⇒開戦で充分)
Maat's Petに呼び出しペットをぶつける。この状態では本体マートヘイトリストに載っていないので、Maat's Petを倒した後に呼び出しペットマートに倒されても、マート本体には向かってこない。
呼び出しペット倒されてしまったら、素早く2匹目を呼び出してぶつける。Maat's Petを倒した後なら自身が戦闘に加わってもいい。
なお、マートは一定以上HPが減った時点でMaat's Petが居ない場合は再呼び出しをする。
Maat's Petが何かによって難易度は大きく異なる。

なお、高レベルで挑むとかなりの確率でコリガン黒マンドラ)を呼び出す場合がありしかもそのMaat's PetはArk Angel MRが呼び出すコリガンと同じくスリプガ古代魔法等を使用してくる。本体タゲを取ると非常に危険なので覚えておくと良いだろう。

現在は汁ペットWSが大幅に強化されたことに伴い、一人連携のできるLv65以上程度のペットであれば1回目のChargeMaat's Petを撃破、2~3回目でマート連携を決めるだけであっさりと倒すことができてしまう。

更なるVUを経た現在では、LV66直後+裸同然で挑んでも、呼び出しペットがそれなり(お勧めは「運び屋のキャリー」)であれば、呼び出し直後にマートに直接ペットをぶつけ、
しじをさせろ」で「ビッグシザー」を1発か2発当てるだけで勝ててしまう程度である。
(仮になんらかの事故で、「しょうしゅう」分が倒れても、「よびだす」分は残っているはずなので、【魚油汁】は1個でも良い。
ただ、75(最大90)制限下までは充分使えるペットなので、制限BFコンフロントに備えてローブやサックに忍ばせて置くと何かと便利ではある)

吟遊詩人

歌うマートの姿を見ることができる。

ソウルボイスレクイエム攻撃の切り札。守りはハイポーション数個とフィナーレ対策としてオレがあるといい。ジュースによるリフレシュフィナーレのダミーとして有効。
マートはこちらが準備している間にピーアンメヌエットなどを使っている可能性があるため、開幕フィナーレで消しておきたい。
マート側のソウルボイスレクイエムもこちら同様強烈な効果があり、攻撃が強烈なため、自己歌はピーアンを重ねるのがセオリー。70以下で最高となるVの入手性はENMのみと悪いが、IVとIIIでも有効である。

エレジーで開戦、続けてフィナーレレクイエムを入れる。格闘WSによる大ダメージ警戒して武器攻撃よりもHP維持を優先して粘り、レクイエム込みで合計1,800ダメージ程与えれば勝てるだろう。イカロスウィング開幕ダメージを与えるか、TPを貯めて連携すると楽になる。

高レベルならば、リレイズ(ヒムヌス)→レクイエムVI→死→リレイズ(ヒムヌス)→レクイエムVI→死→起き上がる…という風に繰り替えせば、それだけで楽に勝てる。

狩人

マートが弓を構えて放って来る珍しいモーションが見られる。
マートも当然イーグルアイ(Lv70狩人HP半分程度削られる)を使用する。
ブリンクバンドを使用しておけば回避できる確率を上げられる。

始めにオポ昏TPを1500ほどまで貯め、ベロシティショット+乱れ撃ち+狙い撃ちを発動してマートに突撃。
開幕スラッグショット乱れ撃ち
Lv70の時点では乱れ撃ちは最大5発HITのため大抵TP900程*3で止まってしまう。そこで次に即TPを得る手段としてイーグルアイを使う。TP1000になったところでスラッグショット2発目を撃つ。
以上の流れで2,300程度のダメージを与えられればマートは倒れるだろう。
スラッグショットTP1000で即撃ちすると外しやすい。そのため保険イカロスウィングがあるとさらに勝率が上がるだろう。

遠隔攻撃に適正距離が導入された際にはクリアが不可能とまで言われていたが、現在は補正が緩和されベロシティショットも追加されたため昔と同じように攻略することが可能である。
マートは、攻撃を当てると接近してくるため必然的に近距離戦となる。
弓は適正距離が遠く、クロスボウD値の低さから威力不足になりがちなため、接近戦に強い銃系の武器ヘルファイアフォースガンシルバーブレットをセットして攻略すると比較的楽にクリアできるだろう。

黙想TPを貯めてからお好みで自慢の技連携をひたすらぶつけよう。
あえて言うなら月光雪風月光の繰り返しがお勧め。

忍者

目安は1,500ダメージマート空蝉二刀流で剥がし、こちらの空蝉は極力切らさないこと。
ただし、マートの「夢想阿修羅拳」及び「微塵がくれ」は、こちらの空蝉貫通するので、HP回復は怠らないように。特に微塵がくれは、タイミングにもよるが、600程度喰らう可能性があるので常に全快状態を保持しておくと良い。また、BF突入後の下準備をしている間にマート空蝉を張っているので、捕縄の術など弱体忍術開幕にかけずに空蝉を剥がしてから。
スコピオハーネスを始めとする回避装備を揃え、暗闇の術を入れるとマート攻撃の半数は回避が期待できる。また、乱波袴の効果を受けるためにも夜間の突入を推奨する。

竜騎士

子竜TPを譲り受け、同時にHP回復等も行える竜剣の追加によりかなり楽に。
竜剣使用前に子竜にして落とされたりしなければ、そうそう問題は無いはず。

召喚士

自身はタゲを取らず、常にマート及びマート召喚獣であるMaat's Avatarの目を召喚獣に向けさせること。
究極履行を2発もぶつければマートは倒れるが、マート究極履行を受ければこちらも倒れる可能性が高い。
究極履行を一度ぶつけると向こうも究極履行を行ってくることが多い。距離は十分に保っておくこと。
召喚獣が倒れた際は、再召喚の間合いに注意。
「○の試練・改」でソロ戦闘の練習をするのもアリかも。

クリア後の再戦について

クエストクリア後もLv66以上のジョブで対応するがあれば、マートは何度でも手合わせしてくれる。
初回クリア以降はマートのレベルがBF突入時のPCのレベルと同じに設定されるようで、Lv99でも油断は禁物である。ただしHPはさほど変化せず魔法Lv70までのものしか使用しないため、やはりより高いレベルで突入した方が楽に倒すことが出来るだろう。

マートバトルフィールドまでのワープはしてくれないが、限界突破クエスト最後の試練!」をクリアしていればDomenicワープをしてくれる(上記の中では宣託の間のみ対象外だが、ホームポイントで移動できるようになった他、流砂洞Geomagnetic Fountからも比較的容易に移動が可能)。
敗北時は未クリア時と異なり経験値ロストがあることに注意。

歴史

クエスト実装直後はキャップ開放を待ち望んだ冒険者達が一斉に挑戦したため、各種ポーションエーテルエリクサーや、イカロスウィングアクアムルスム等の薬品食品類が飛ぶ様に売れ相場は高騰。錬金術調理など一部の合成職人特需に沸いた。

こうして見てみると、最も得意とする分野にて己のスキルを駆使することで勝利することができるように設定されているものの、多くのジョブオポ昏に代表される事前準備でマートに対抗することにも要点がある。
そのため、マイバッグと相談して消耗品着替え装備を選り抜くことも求められていたが、この点はモグサッチェルモグサックや、かばん拡張クエストの追加で緩和されている。



関連項目

限界突破クエスト】【】【夢想阿修羅拳】【Maat】【光とともにあれ】【不滅】【海路の果てに】【力と覚悟】【祝福のフィナーレ】【グリモアを継ぐもの】【残された時間】【エンデヴァー<理の覚醒>
*1
例えば戦士オファーを受け、バルガの舞台偉大なモンクの証を使用し、モンクLv66以上で挑むことも可能。
*2
→ヴァナ・ディール トリビューンII」にて、全ジョブ(当時はジラートジョブまでの15ジョブ)をLv75まで上げたプレイヤーのインタビューでも赤魔道士が最も難易度が高かったと間接的に示している。
*3
2014年6月17日のバージョンアップにおける得TP計算式変更前。変更後は要確認。
*4
結果として、マートの言う「サシで勝負」どころか5人でボコるという展開になるが、だからと言ってマートが何か条件を増やしてくることはない
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。