格闘(かくとう/Hand to Hand)
  1. 武器種別、または武器スキルの一つ。
  2. アクション釣りにおけるフックオンした獲物とのバトルの公式名称。詳細は【アクション釣り】項を参照のこと。

以下では、格闘スキルを活用した戦闘方法の一つとしての「格闘」を中心に記述する。武器としての「格闘武器」については同項も参照されたい。
スキルキャップ
DA+---E------E----A+D---

格闘の基本

格闘武器を使用した戦闘は、ダメージの計算方法が他の武器を用いた戦闘とは異なっており、格闘スキルから素手のD値が決定し、それに装備した武器に応じたD値ボーナスを上乗せする形で最終的なD値を算出する。

具体的な計算式は以下のように考えられている。
武器ランクint ( {3+武器D値 }÷9 )
素手D値int ( 格闘スキル× 0.11 )+3

int」はステータスINTではなく「端数切捨て」という意味。以下同じ。また式の中の「3」という定数は、素手に予め設定されている基本D値で、格闘武器武器ランクボーナスには、格闘スキルにより上昇するボーナス分は反映されない。

格闘スキルD値に直結するため、Lv50以降、D値の上昇カーブが急激になるのが特徴である。格闘スキルA+のモンクからくり士の場合、1レベル毎の武器スキル上限の上昇幅は、Lv50までは3ずつ、Lv51~80までは5ずつ*1Lv81~90までは6ずつ、91~は7ずつ。

レベル99時点のスキルキャップは、基本値(424)+メリットポイント(8段階:+16)でスキル(440)となる。格闘スキル437以上でD値は51となるため、これが装備補正無しでのD値の最大値となる。
加えてビリアストルク(+15)またはコンバタントトルク(+15)、闘魂鉢巻(+5)、BKグローブ+1(+11)、ポータスリング(+5)、ブルーザーピアス(+3)の全てを装備すると格闘スキル(479)となり、格闘スキル473以上でD値は55となるため、2015年11月時点での素手D値の理論上の最大値は55である。

なお、Lv75キャップ時代格闘スキルの理論上の最大値は、Lv75基本値(A+:276)+メリットポイント(8段階:+16)+フェイストルク(+7)=299。格闘スキル291以上でD35、300以上でD36となるため、メリットポイント8段階を振り込んだ状態でも、D35が実質の限界値であった。

また、攻撃間隔モンクからくり士ジョブ特性マーシャルアーツ」のランクにより決定し、これを持たない場合基本間隔480に武器の「+○○」分を合計した攻撃間隔となる。これにより、攻撃間隔は280(MA7、丸腰)~602(MAなし+ゴールドパタ)と、両手武器最遅から一部の片手武器を凌ぐほどのスピードになる。実際のところ、二回攻撃を行う格闘の特性から考えると、丸腰のモンクでもD49、140という武器に相当する。

なお、格闘スキルを持たない場合の素手及び格闘武器攻撃は、スキルMAを0としてダメージ間隔を計算した(つまりD3+武器D・480+武器間隔)上で、その間隔ごとに右手のみでの一回攻撃となる。
これはメリットポイント格闘スキルを伸ばしても変わらず、メインかサポにスキル所持ジョブを選択していない限り2回攻撃を行うことはできない。

格闘武器と素手での攻撃格闘属性を有し、に対し有利に闘うことができる。例外属性武器として、バンピリッククロー装備時には通常攻撃斬属性となり、バードベーン装備時には通常攻撃突属性となる。

ジョブによる違い

格闘スキルを持つジョブは、戦士モンクシーフ忍者からくり士踊り子モンクからくり士スキルA+なのに対し、戦士踊り子はD、シーフ忍者はEなので、中盤以降、とくにMAランク3を修得するLv45あたりからスキル差が顕著になる。

赤魔道士暗黒騎士獣使いは、装備可能な武器が存在するものの、スキルを持たないため、実用的ではない。ルーンバグナウに至っては、召喚士学者までもが装備できるが、やはりネタにしかならない。

格闘でのダメージは、上述の通り、格闘スキルマーシャルアーツによりD値間隔の基本値が設定されるため、必然的にモンクが絶対的有利な設定となっている。

ウェポンスキル

WS分類使用可能ジョブ
EXWS
SPWS
EVWS*2
武神流秘奥義

スキルが設定されていないものは使用できる最低レベルを記載する。両方必要なものは併記する。性能は2014年6月17日のバージョンアップで大幅に変更された。
スキルWSWS分類連携属性ステータス修正備考使用条件
5コンボ衝撃STR30% DEX30%3回攻撃
40タックル振動 / 衝撃VIT100%追加効果:スタン
75短勁EXWS収縮VIT100%
100バックハンドブロー炸裂STR50% DEX50%
125乱撃EXWS衝撃STR30% DEX30%5回攻撃
150スピンアタック溶解 / 衝撃STR100%範囲攻撃
200空鳴拳SPWS貫通 / 衝撃STR20% VIT50%
225双竜脚SPWS分解STR50% VIT50%
250夢想阿修羅拳EVWS重力 / 溶解STR15% VIT15%8回攻撃遺せなかった拳クリア
300闘魂旋風脚EXWS硬化 / 衝撃 / 炸裂STR40% VIT40%2回攻撃
Lv75ファイナルヘヴンレリック / 核熱VIT80%スファライ等の武器装備
Lv75アスケーテンツォルンミシック核熱 / 貫通STR50% VIT50%神器<モンク>クリア
or グランツファウスト強化後)装備
Lv75連環六合圏ミシック重力 / 溶解STR32% VIT32%6回攻撃神器<からくり士>クリア
or 乾坤圏強化後)装備
Lv85ビクトリースマイトエンピリアン / 分解STR80%4回攻撃クポフリートの秘術格闘>」クリア
orウルスラグナ等の武器装備
Lv96
357
四神円舞武神流秘奥義核熱 / 振動最大5段階
DEX73%/76%/79%/82%/85%
5回攻撃追加効果:悪疫契約と覚悟、武の道程クリア
メリットポイント1段階以上
orゴッドハンド装備

WSはその他の打撃系武器同様に衝撃属性が多く、格闘属性を持つこともあって戦には最適。

逆に貫通属性等がスキル200まで存在しないので、湾曲系の連携には絡みにくい。わずかに短勁貫通の前にクッションとして置けるが、単発乱撃を撃ったほうがマシである。

シーフ虫虫ファンタジー特化ジョブならば、さしずめモンク骨骨ファンタジー特化ジョブと言えるだろう。

また、双腕を武器として振るうイメージか、WSD値補正としてVIT補正やSTR補正の高いものが多く、実に肉体派のモンクらしい設定となっている。

格闘WS単発WS闘魂旋風脚は+1HITされる。連携する場合の信頼度は高いと言えよう。

格闘スキルアップ装備

種別名称性能ジョブ
格闘オベロンサインティオーグメント:格闘スキル+1~+10Lv75~
闘魂鉢巻格闘スキル+5Lv78~ All Jobs
CCカペッロ+2格闘スキル+5Lv85~
カラゴズカペッロ
KGカペッロ+1
格闘スキル+7
格闘スキル+9
Lv99~
両手TTグローブ+1
TTグローブ+2
格闘スキル+5
格闘スキル+7
Lv87~
ビックグローブ
BKグローブ+1
格闘スキル+9
格闘スキル+11
Lv99~
バリウストルクオーグメント:格闘スキル+1~+3Lv70~ All Jobs
フェイストルク格闘スキル+7Lv73~ All Jobs
ビリアストルク格闘スキル+15Lv99~ All Jobs
コンバタントトルク戦闘スキル+15Lv99~ All Jobs
ブルーザーピアス格闘スキル+3Lv92~ All Jobs
ポータスリング格闘スキル+5Lv94~ All Jobs
セスタスベルト潜在能力:格闘スキル+5Lv30~ All Jobs

関連項目

格闘武器】【アクション釣り
*1
正確には、Lv61~70は4.85ずつ。
*2
2013年3月27日のバージョンアップからくり士も使えるように変更。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。