リジェネ(りじぇね/Regen)
  1. 強化魔法に属する白魔法の一系統。いずれも光属性
  2. 良性のステータス変化の1つ。
  3. 徐々にHP回復する現象全般。その逆は「スリップ」と呼ばれる。

白魔法リジェネ

標的のパーティメンバーHPを徐々に回復する。

標的をステータス変化リジェネ」にする。
リジェネリジェネII・リジェネIII・リジェネIV・リジェネVを総称してリジェネと呼ぶこともある。

他に、アイテムジョブ特性徐々にHP回復する効果のあるもの、またはその効果のことを指すこともある。

名称MP習得可能レベル詠唱再詠唱効果時間HP回復回復
リジェネ15212118231.5秒12秒75秒5HP/3秒125HP
リジェネII36447637481.75秒16秒60秒12HP/3秒240HP
リジェネIII6466-59702秒20秒60秒20HP/3秒400HP
リジェネIV8286-79992.25秒24秒60秒30HP/3秒600HP
リジェネV100--99-2.5秒28秒60秒40HP/3秒800HP

リジェネ回復量が毒などのスリップダメージを上回っている場合でも、ヒーリングすることはできない。
ストンスキンが有効な場合はこの限りではない。

女神降臨の章により範囲化が可能。

リジェネ強化手段

リジェネ装備

装備しているだけでリジェネ効果が得られる装備群。それぞれの回復量は魔法リジェネには及ばないが、魔法リジェネと重複して効果が得られる。装備一覧は【リジェネ装備】項を参照のこと。

リジェネ回復量アップ

ジョブ強化手段リジェネリジェネIIリジェネIIIリジェネIVリジェネV備考
頭装備MKティアラ+1+1HP/3秒+1HP/3秒+2HP/3秒+3HP/3秒-単体で装備
リジェネ回復量+8~10?
+0HP/3秒+1HP/3秒+1HP/3秒+2HP/3秒-CRブリオー+2と同時に装備
胴装備クレリクブリオー+1HP/3秒+2HP/3秒+3HP/3秒+4HP/3秒-リジェネ回復量+12?
CRブリオー+1
CRブリオー+2+2HP/3秒+3HP/3秒+5HP/3秒+7HP/3秒-リジェネ回復量+21~23?
パエティブリオー+2HP/3秒+4HP/3秒+6HP/3秒+9HP/3秒-リジェネ回復量+28
PIブリオー+1+2HP/3秒+5HP/3秒+8HP/3秒+11HP/3秒-リジェネ回復量+36
メリットポイントリジェネ効果
n段階
+nHP/3秒-最大5段階
ギフトリジェネ回復量アップ+5HP/3秒-ジョブポイント550
頭装備SVボネット+2+1HP/3秒+2HP/3秒+3HP/3秒+4HP/3秒+5HP/3秒リジェネ回復量+12?
アバテルボネット+1HP/3秒+2HP/3秒+3HP/3秒+4HP/3秒+5HP/3秒リジェネ回復量+10
ABボネット+1+1HP/3秒+2HP/3秒+4HP/3秒+5HP/3秒+7HP/3秒リジェネ回復量+15
背装備ブックワームケープ
(オーグメント)
+nHP/3秒(オーグメントの数値による)リジェネ回復量+4~10
アビリティ白のグリモア+ int(Lv/10-1)x3 HP/3秒
Lv99で+24HP/3秒
メイン学者のみ
連環計+36HP/3秒Lvグリモアの状態に関係なく固定値
片手棍ボレラブンガ+1HP/3秒+2HP/3秒+3HP/3秒+4HP/3秒+5HP/3秒リジェネ回復量+10
頭装備インヤガティアラ?/3秒?/3秒?/3秒?/3秒?/3秒リジェネ回復量+8
頭装備インヤガティアラ+1?/3秒?/3秒?/3秒?/3秒?/3秒リジェネ回復量+12



リジェネ回復量+の表記について

2014年2月18日のバージョンアップで追加されたパエティブリオーより「リジェネ回復量+??」という表記が用いられている。これは3秒毎のHP回復量を??%増加するものであり、端数は切り上げとなる。ボレラブンガアバテルボネットの+10%は額面通りであればリジェネIII、IV、Vでは小数点以下の端数は生じずそれぞれ+2、+3、+4の増加となるはずだが、実際には+3、+4、+5となる。これは増加割合が内部的にn分率で計算されていて端数が生じているためではないかと思われる。

リジェネ効果時間延長

ジョブ強化手段リジェネ効果時間備考
両手装備ORミトン+1+9秒
ORミトン+2+18秒
エーベルミトン+20秒
EBミトン+1+22秒
両脚装備セオフニパンタロン+15秒
TEパンタロン+1+18秒
TEパンタロン+2+21秒
TEパンタロン+3+24秒
両手棍コイウス+12秒
背装備ルッフケープ+15秒
アビリティ連環計+72秒
白のグリモア+ int(LV/10-1)x6 秒?
LV99でグリモアの状態に依らず+48秒
メイン学者のみ
ジョブポイント白のグリモア効果アップ」項(3x強化段数)秒最大20段階
頭装備ルーニストバンド+20秒
RNバンド+1+21秒
RNバンド+2+24秒
RNバンド+3+27秒
胴装備テルキネシャジュブ+12秒
この他、強化魔法の効果時間延長の装備アビリティによって延長可能。

入手手段

リジェネは各地のBoggartがドロップする。

リジェネIIはTen of cupsなど一部の白魔道士タイプのモンスタードロップする。

リジェネIIIは高レベルの白魔道士タイプの獣人からのドロップ獣人50BFNM戦利品としても入手可能。

リジェネIVはアビセアの覇者エリア上位ミッションBF等で入手可能。
実装直後は競売窓口から目と鼻の先で販売されている事があまり認知されておらず、店頭価格の数割増しで落札される悲喜劇がよく見られた。

リジェネVはヴォイドウォッチ第三章の戦利品

III~VはRare属性付。

エリア店舗名・座標NPC備考標準価格(購入/売却)
リジェネ
マウラ雑貨屋・G-9Tya Padolih常時入荷4,320G/480G
リジェネII
マウラ雑貨屋・G-9Tya Padolih常時入荷7,830G/870G
リジェネIII
無し/1,100G
リジェネIV
ジュノ港免税店・H-8Gekko常時入荷50,400G/2,400G
リジェネV
無し/7,700G

リジェネの運用と戦術

優秀な単位MPあたりのHP回復

ケアル装備の少ない低レベルから中レベルにおいては、ケアルよりもリジェネの方がMP効率がよい。リジェネをうまく使うことで、消費するMPを抑えることができる。また、ヘイト量もケアルより少なくてすむ。

一方でケアル回復量アップ装備が充実する高レベル白魔道士はこの限りではなく、ハートオブソラストランキルハート等、ケアルの方が安心確実な回復手段となる(とはいえ、かけておくことに越した事はない)。

高レベルの赤魔道士強化魔法効果時間アップ装備との併用で、さらなるMP効率の良さが望める。

学者リジェネのスペシャリストであり、女神降臨の章令狸執鼠の章を併用したリジェネVはPT戦で強力である。カット装備が充実したナイトにかければ、そこそこのNMクラスまではHPゲージが減らなくなる。

魔導剣士ケアルが使えないため、ビベイシャスと並んで貴重な回復手段となる。

一撃のダメージの大きい相手には保険程度

一撃系特殊技を持つモンスターを相手にする場合、一撃死回避するために、常にHPを全快させておくことが望ましい。このような局面ではリジェネのみを前提とした回復プランではリスクがつきまとう。一撃後のDAなどでやられる場合も多いので、ケアルと併用が望ましい。

移動狩りでこそ真価を発揮するリジェネ

ケアルと違い瞬発的な回復性能は持たないが、時間経過により回復する特性からMMMのような移動狩りでは事前に掛けておく事により移動の間にHP回復を見込め、結果ケアルを無駄に使ってのMPの枯渇を未然に防ぐ事が可能となる。

PT内での相互理解が必要

上記の通り、回復役MPと時間を有効利用したいため、釣りに行く前に傷ついた釣り役リジェネをかけたいと思っている。

一方で釣り役チェーンをつなげるため・ライバル釣り勝つために、少しでも早く釣りに行きたいと思っている。リジェネをかけようと詠唱したところ、範囲外に去られて歯がゆい思いをすることもあろう。

また逆にアンデットの巣窟で、呑気にリジェネのみの回復では生命感知等の別のリスクも発生する。MP効率を意識するあまりリジェネしか使わず、他メンバーが結局ケアルを唱えると、PT全体のMP効率はむしろ下がっていたりもする。

狩場の枯れ具合やチェーン数、MPの使用状況を勘案し、状況に応じた行動の選択が望ましい。また後述の戦術の様に、多少の無駄を承知で撃破直前に余裕を持ってリジェネを入れておくのも手ではある。バージョンアップリジェネ詠唱時間が短くなったので、この状況は昔に比べ減少しただろう。

PCスキルが問われる魔法

MP効率、発生するヘイト量、ケアルとの共存など、非常に優秀な魔法といえる。ただし、前述の通り即効性もなく、無駄になるシーンも多々ある。素晴らしい魔法ではあるが、PCスキルが問われる魔法といえる。

ステータス変化リジェネ

徐々にHP回復

徐々にHP回復していく状態。リジェネ系の白魔法でこの状態になる他、他の手段でもリジェネと呼ばれる状態になることがある。

モンクメリポ特性である練気青魔法リジェネレーション」、ナイズル島アサルト内でのステータス変化フィールド・オブ・ヴァラー戦闘支援白魔法概説:リジェネ」や装備品エンチャントによってもリジェネ効果を得られる。

風水魔法インデリジェネ」「ジオリジェネ」のコルア内、およびフェイスサクラ」のそばでもリジェネ効果を得られるが、このリジェネは以下の説明文となる。
風水魔法の効果により、徐々にHP回復している状態。

基本的に複数のリジェネが重複することはない(後述)が、風水魔法サクラリジェネは別枠となる。

なお、装備品プロパティとしてのリジェネについては「リジェネ装備」の項で詳解する。

上書き関係

高位および同レベルの白魔法リジェネは、低位の白魔法リジェネ上書きし、上位効果中に下位をかけた場合は効果なしとなる。 
また、吟遊詩人ピーアン召喚士神獣の加護カーバンクル)、コルセアダンサーロール風水魔法リジェネとは、それぞれ互いに上書きはされないので共存が可能。
ディスペル魔法のフィナーレなどはリジェネの効果を消し去る。

オレ類はリジェネの効果を持つが、その多くが1カウントあたりの回復量でリジェネ(I)以下となるせいか、基本的にリジェネ(I)に上書きされる*1
ペルシコス・オレなど合計回復量ではリジェネを大幅に上回るものですら打ち消してしまうので注意されたい。

同様に、練気(10HP/3sec 初期24秒×メリポ5段階 最大400HP回復) も上書きする。
Lv75のモンクチャクラを発動したら、(メリポを振っていれば)特性である練気も自動的に発動される。
リジェネ1の前に、3秒待ってHP増加ナシを確認しよう。

フィールド・オブ・ヴァラーField Manualから得られる戦闘支援白魔法概説:リジェネ」はリジェネより上位扱いの為、リジェネを使用をしても無効である。魔法のほうが5HP/3secと効果が高いので、支援効果をあえて付けない選択も。

その他のリジェネ

魔法ステータス変化以外にも、徐々にHP回復する現象が見られることがあり、こういったものにも全般的に「リジェネ」という言葉が用いられる。詳細は各項目を参照。


リジェネの歴史

リジェネ(I)は2003.2.5実装当初は赤魔道士のみが使用可能であったが、白魔道士への梃子入れ策の一環として、2003.7.17白魔道士も使用可能になり、同時に上位魔法リジェネII、IIIが白魔道士のみに解放されている。
さらにアルタナの神兵で追加された学者も、上限Lvが90になった際にリジェネIIIまで行使できるようになり、赤魔道士リジェネIIまで使用できるようになった。
本来の専用職であった赤魔道士にとっては、レベルが上がるにつれて有益性が小さくなり、終いには存在が忘れられてしまうような非業の魔法であったが、コンポージャー実装によって状況が改善、コンポージャー効果中の自身の総回復量がリジェネIIIやケアルIVに肉薄(回復量375)、IIに至っては印ケアルIV並(回復量720)になり、コンバート後の回復など様々な場面で使える魔法になった。
リジェネIII・IVは時期によっては女神降臨の章で範囲化できなかったことがあったが、それぞれメイン学者に解放されたタイミングで範囲化が可能にされている。

かつてはリジェネを含む「徐々にHP回復する効果」でもステータス異常睡眠」が回復していたが、2003年4月15日のバージョンアップにて修正されてそのような効果はなくなっている。それまではオートリジェネでも回復してしまっていたので、事実上白魔道士や白獣人には睡眠の効果が無かった。

2011年12月15日のバージョンアップで以下の修正が入った。

魔法調整前調整後
リジェネ4秒1.5秒
リジェネII4.5秒1.75秒
リジェネIII5秒2秒
リジェネIV6秒2.25秒

学者絡みの調整が多いが、これは公式フォーラムにおいて開発チームが述べた「リジェネ系の魔法については、学者がその性能をもっとも引き出せるようにすることを検討しています。」(→元発言)という調整意図によるものである。

関連項目

戦士達のピーアン】【オレ】【オートリジェネ】【リフレシュ】【リジェネ装備】【アクション釣り
*1
リジェネ(I)を上回るドラゴン・オレ(6HP/3秒)の上書き関係については不明。要確認。
*2
→スレッド: 釣りの大幅な調整について公式フォーラム)内において、獲物のHP回復に「リジェネ」という言葉が用いられている。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。