ジュワユース(じゅわゆーす/Joyeuse)
片手剣の一つ。いわゆるレイピア系に属する。
Rare Ex
35 224 耐闇+14 時々2回攻撃
Lv70~

海蛇の岩窟に出現するCharybdisドロップする。

Lv75キャップ時代装備として、高いポテンシャルを誇る名剣のひとつ。時々2回攻撃に加えて、闇属性に対する耐性効果も+14と大幅にプラスされる。

その性能から大変人気があり、NMの出現部屋には、NMが倒された時間をチェックするためキャラクターを置いたままにしておくプレイヤーや、NMの再出現時間が迫るとプレイヤーであふれる場合もあった。
その後非常に良く似た性能を持つジャスティスソード実装された。

2013年12月11日に始まった公式イベント現役冒険者さんありがとうキャンペーン」では、プレゼントの一つに選ばれている。

ジュワユース

「時々2回攻撃」について

この片手剣の最大の特徴は「時々2回攻撃」である。発動率は50%であると言われている。

ジョブ特性の「ダブルアタックによる2回攻撃が発生すると、武器による2回攻撃判定は省略される」という排他的関係にある。ブルタルピアスホマムコラッツァなどの装備に付属するダブルアタックトリプルアタックについても同様である。
戦士から見た場合、ジョブ特性DAよりも発動確率が高いが、その分片手剣スキルがBしかなく且つD値も35と得意の片手斧に比べて大きく落ちる。このためジュワユースの低ダメージ2回分より一般的片手斧ダメージ1回分のほうが有利ではないか、という意見もある。


上記のどちらが有効かは、実際のところケースバイケースであるため一概に断ずることができず、それが長く議論が終結しないまま今日に至っている理由でもある。スタイルがまったく違うため比較するのが難しい。
主に「とて」など敵の回避や防御が気にならないときにジュワユースが性能を発揮し、逆に「とてとて++」など敵が強いとステータス重視の他武器が輝く傾向にある。また当然ながら、攻撃回数の増加に伴う与TPには留意が必要となる。

設定

輝く剣身に「めでたきかな」と、刻印されたレイピア。黄金のナックルガードには紋章が刻まれており、さる王家の宝剣との噂がある。バランスが取れており、非常に取り回しやすい。

ファイナルファンタジーXI 公式設定資料集 ~Life in Vana'diel~P105より。

後述するが、「めでたきかな」はジュワユースという名前の意味でもある。ナックルガードは剣の鍔から拳を覆うように伸びている部分のこと。

伝承上のジュワユース

ジュワユースは実在した剣であり、フランク国王で神聖ローマ帝国の始祖ともいうべきシャルルマーニュ(カール大帝)が父王ピピンから受け継いだもの。字の通りに読めば、(ジュ/ジョ)ワユーズ、(ジュ/ジョ)ワイユーズなどと発音され、フランス語で「喜ばしきもの」という意味である。当時フランス軍が開戦時に放つ鬨の声「ボン・ジョワ」(同時に軍旗の名前でもある)は、ジュワユースに由来している。

デュランダルクルタナ)と同じ材質で作られ、イエス・キリストの処刑に用いられた聖槍ロンギヌスの破片が埋め込まれている天下無双の剣であり、その色彩は日に30回も変化する、などといった伝説もある。
現在、ジュワユースではないかと言われる剣はパリのサン・ドニ大聖堂、ルーヴル美術館、ウィーンの皇宮宝物庫にあるが、シャルルマーニュと共に埋葬されたとも伝えられる。

関連項目

Charybdis】【複数回攻撃武器
Copyright (C) 2002-2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。