弱体魔法(じゃくたいまほう/Enfeebling Magic)
魔法のうち、主に対象に不利なステータス異常を与えるタイプのもの。もしくは、それらを行使する際に使われるスキルのこと。

赤魔道士がA+、黒魔道士風水士がC+、白魔道士暗黒騎士がC、学者がD(グリモア使用時はB+)の弱体魔法スキルを有する。

弱体魔法は白魔法黒魔法どちらにも存在し、白魔法系のものはMNDの、黒魔法系のものはINTの影響を受ける。
弱体魔法に分類されるのは以下の通り。



一部を除いて非常に低レベルから覚えられるために消費MPは少ない物が多いが、いずれも高レベルまで問題なく使っていける優れた魔法である。
戦闘を有利に運ぶ上で重要なウェイトを占めるが、相手とのレベル差によってはレジストを受けることも少なくはない。

命中率レジスト率

弱体魔法にも魔法命中率が存在し、ディスペルは殆どレジストされる事はない反面、その他はある程度のスキル魔法命中ブーストが必要不可欠である。

PCからモンスターに撃った弱体魔法レジスト率は、モンスターの「状態異常に対する耐性」を参照するものと、モンスターの「属性に対する耐性」を参照するものがある*1。逆にPCモンスターから受けた弱体魔法レジスト率は、この両方が参照される*2

レジスト率参照の区別対象備考
状態異常に対する耐性レジスト○○が存在する弱体魔法
ブラインなど)
対象が完全耐性を有していない限り、レジストされた時に「レジストハック」が発生し、
使用した弱体魔法に対する耐性を一時的に下げることができることがある。
レジストハックの仕組みについては該当項目参照。
属性に対する耐性それ以外の弱体魔法
フラズルなど)

効果の持続時間には固定のものと不定のものがある。
固定のものはレジストが無ければ毎回一定時間効果が持続する。代表的なもので言えばスリプルが60秒、スリプルIIが90秒。
不定のものはレジストを受けなかったとしても持続時間がランダムで、ハーフレジストなどによる持続時間半減との区別が付きにくい。

これから得られる敵の強さとチェーンの段階を加味し、立ち回り(ケアルをどの程度優先するのか、キープしてある敵にスリプルIIで上書きするか、精霊魔法での追い込みに加勢するか等々)を考えられるようになると一人前の魔法使いである。

なお、ショックラスプチョークフロストバーンドラウンの6種は効果こそ弱体魔法のそれではあるものの、使用スキル精霊魔法スキルであるため、「精霊系弱体魔法」として区別されることがある。
バイオディアの反対のような性質であるが、これは暗黒魔法である。しかしながら性質が極めて弱体魔法と似通っている事から、弱体魔法の一部と捕らえている人も少なくない。
コンテンツボスの行動までも阻害できる点ではスタンこそが最高かつ万能の弱体方法と言えるが、こちらも暗黒魔法である。

ザコ相手にはとても効果的な弱体魔法であるが、いざコンテンツボスを相手とした場合、その存在自体に疑問符がつく場面も目立つ。
スタンでは対処できるが弱体魔法ではほぼ無意味といった場面*3がままあるほか、弱点システムの都合で弱体魔法が不要どころか使用禁止同然の場合もある*4

英語名称は「Enfeebling magic」であるが、海外プレーヤーは「debuff」と呼ぶことが多い。

敵対心について

全体的に累積ヘイト1+揮発ヘイト160の魔法が多い。かつてはスリプルなどが高い累積ヘイトを持ち、それを利用した赤盾などの戦術が生み出されたが、想定外の戦い方ということでヘイトのバランスが調整されている。ただし、スリプガは相変わらず高い累積ヘイトを有しており、長時間スリプガで敵をキープすると術者にはりつく恐れがある。

またディアなどは弱体魔法というよりはダメージ魔法という扱いなのか、他の弱体魔法よりも低いヘイトになっている。

以下に一覧を示す*5
系統魔法敵対心
累積/揮発
白魔法ディア2/0
パライズ系、スロウIIサイレスアドル1/160
スロウ1/60
黒魔法ポイズン系、ブライン系、バインド
スリプル(II)、ブレイク系ディスペル
1/160
スリプガ(II)180/0
グラビデ(II)1/80

関連項目

弱体魔法スキル
暗黒魔法】【回復魔法】【強化魔法】【神聖魔法】【精霊魔法
弱体魔法II系】【弱体魔法3点セット
*1
→スレッド:これって不具合ですか?(公式フォーラム)より。
*2
→スレッド:これって不具合ですか?(公式フォーラム)より。
*3
鉄巨人など通常攻撃範囲攻撃NMには当初、スロウパライズキラーの効果が正常に反映されなかった(まれに詠唱が止まる程度)。特にスロウ効果の反映される修正までには数年を要した。
*4
ヴォイドウォッチブライン弱点に設定された場合、ブラインIIが効いている間は「効果なし」で弱点が突けない、そのためブラインIIの使用禁止、など。
*5
数値は→ファイナルファンタジーXI ヴァナ・ディール通信 アドゥリンの魔境 エリアガイド (エンターブレインムック)より。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。