強化魔法(きょうかまほう/Enhancing Magic)
自分自身または味方を強化する魔法の総称。影響を与えるスキルは、強化魔法スキルである。
ただ、イレース移動魔法等例外も数多くあり、上手く該当するスキルが無かったから取りあえずここに入れておくかという事で割り当てられたのでは? と思えてしまう魔法もあったりする。

強化魔法というとリフレシュエン系コンポージャーのイメージから赤魔道士という印象が強い人もいるかもしれないが、スキル的には赤魔道士が優遇されているものの学者白のグリモアと同等、魔法の数的には移動魔法イレースが含まれた結果白魔道士が上回る等、この3ジョブが分け合う形で実装されている。範囲化・効果時間の問題もあり、複数のジョブで分担して行使するのが一般的となっている。
ナイトプロテスシェルリアクトファランクスを、黒魔道士スパイク系と移動系の強化魔法を使用する。魔導剣士赤魔道士魔法からエン系MGS魔法等一部の魔法が使用できない代わりにフォイルリジェネIII、IV等が加わっている。

また、青魔道士強化能力を持つ青魔法ラーニングできる。詳しくは強化系青魔法を参照。

なお、英語名称は「Enhancing magic」であるが、海外プレーヤーは「buff」と呼ぶことが多い。

レベル差による影響

尚、強化魔法に属する魔法はレベルによって効果時間に影響を受け、対象者のレベルが習得可能なレベルを下回っていた場合、効果時間が以下の式に従って減少する。

効果時間×対象者レベル÷習得レベル

つまり、習得レベル40のヘイストをレベル30のプレイヤーに掛けると、180×30÷40 となり、180秒のヘイストは135秒しか効力を発揮しない。
この現象は、白魔道士よりレベルの低いパーティメンバーが覚えたてのプロテアシェルラ系を受けた際に、効果が切れたことを示すログの表示タイミングに差が出ることで知られている。
低レベルが高位プロシェルヘイストリジェネリフレシュファランクスの庇護を受けてPLするとほぼ無敵状態で狩りまくれるため、これの対策と思われる。ただしヘイストプロシェルPT外からかけることができ、それ以外でもPTを組んで強化~抜けてソロで狩り~再度PT編入で維持できるため、あまり対策にもなっていない。
要するに低位プロシェル状態の冒険者に上位プロシェルを辻でかけるとすぐに切れてしまい、善意のつもりが実は嫌がらせになっているので注意せよ、ということである。

強化魔法に属する魔法

強化魔法に属する魔法は以下の通り。
回復の効果であるリジェネリフレシュが属しているのは、HP/MP回復ステータス変化を付与するからであると言えるかも知れない。とはいえリレイズステータス変化を与えるリレイズ回復魔法に属している。
イレース回復魔法ではない。恐らくbuffdebuffという考え方で、弱体魔法を打ち消すので強化魔法ということなのだろう。強化魔法を打ち消すディスペル弱体魔法となっている。
移動魔法テレポスニークを「強化」と言われても違和感が強い。トラクタ強化魔法ではなく暗黒魔法である。

敵対心について

比較的揮発ヘイト80か160のものが多い。累積ヘイトを持たないものが多いが、エン系IIのように累積ヘイトを持つものもある。アスフロMMMではこれらの魔法でガッチリヘイトを稼いでおけば、究極履行が入っても全く動かないくらいタゲを固定することも可能。

以下に一覧を示す*1

系統魔法敵対心
累積/揮発
白魔法プロテス系、シェル系、オースピス0/80
範囲バ系テレポヴァズ
MGS魔法ゲイン系アディ系
ブリンクストンスキンアクアベールヘイスト0/160
単体バ系バアムネジア以外)、ファランクス(II)
エン系I、リジェネ系、リフレシュ系、イレース
オーラ
バアムネジア0/320
エン系II、ストライ20/140
テレポヴァズ以外)、リコール0/360
フォイル320/900
リアクト0/640
黒魔法スパイク系リトレース0/160
デジョン(II)、エスケプ0/320

関連項目

強化魔法スキル】【強化魔法効果時間
暗黒魔法】【回復魔法】【弱体魔法】【神聖魔法】【精霊魔法】【召喚魔法】【青魔法
強化系青魔法
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。