乱撃(らんげき/Raging Fists)
格闘EXWSスキル125で習得する。
5回攻撃TP:ダメージ修正連携属性:衝撃

連携属性衝撃
TP100020003000Hit修正項目
1.004.509.00×5STR30% DEX30%

コンボ上位互換WSで、格闘の顔とも言えるWSの1つ。非常に派手なエフェクト・サウンドを伴うので、これに憧れてモンクを始める者も多い。また核熱連携にも強力で、格闘属性から対戦には無類の強さを誇る。

TPによるダメージ修正は初段のみ適用である。5回攻撃である本WSTPダメージが大きく変わらず、即撃ちに適していた。また初段の比重が小さいことから、命中を重視して安定感を高めた方がダメージを出しやすかった。この点については2014年6月17日のバージョンアップTP2000以上でのTPボーナスが引き上げられており、状況が変化している可能性がある。

習得時期としてはペンタスラストランページなどよりも一回り早く使用出来るようになるため、茶帯と合わせて40台モンクのウリの一つとなっている。

運用

メインモンクからくり士の場合

習得レベルがスキルA+のモンクからくり士で41である。基本的にLv40制限で使うことが出来ない。
しかし格闘スキルメリットポイントを1段階振ればLv40制限でも使用可能となり、制限レベル下では無双の強さを誇るWSへと化けるからくり士サポモにしてセスタスベルトを使うことでも使用可能になる。

メイン戦士シーフ忍者踊り子の場合

これらのジョブ格闘スキルを持つが、乱撃EXWSのためサポートジョブモンクからくり士のいずれかを設定する必要がある。参考までにサポモだとレベル46から使用可能である。

これ以外のジョブの場合

格闘スキルを持っていないジョブは、Lv82サポモサポか乱撃を使用することができる。さらにメリットポイントによる格闘スキルブースト(最大+16)や比較的入手が容易なセスタスベルトサポモ時+5)を利用すれば、それ以下のレベルでもサポモ乱撃を使用することができる。参考までにLv75時点では、メリポ6段階 or メリポ3段階+セスタスベルトなどでスキル125に到達する。

乱撃の歴史

核熱時代骨骨ファンタジーにおいては不意打ち乱撃が絶大な威力を誇り、41/シ15以上であればレベル差やサポ割れなどお構いなく誘われるほどであった。

その後の虫虫ファンタジー湾曲主体の時期になってからは、連携用として日の目を見ることは減った。しかし衝撃WSとしてはかなりの威力を持ち、レベル1連携衝撃としても、クラブプギルクロウラー弱点をつくことができるため、クロウラーの巣クフタルの洞門ボヤーダ樹テリガン岬などのレベル上げで引き続き使用されていた。

モンク代名詞ともいえるWSであったが、アトルガンの秘宝実装後はからくり士にとっても重要なWSとなった。

長らく続いたLv75キャップ時代が終わり、全てのジョブメリットポイントに頼らずともサポモサポかでの乱撃が可能になった。

2014年6月17日のバージョンアップでは他のWS共々基本性能が変更されている。それまでは以下のような性能だった。

TP100020003000Hit修正項目
1.001.502.00×5STR20% DEX20%

2017年10月11日のバージョンアップで、ヘルプテキスト連携属性が追加された。

関連項目

不意打ち乱撃
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。