詠唱中断(えいしょうちゅうだん/Spell Interruption)
魔法忍術呪歌などを含む。以下同じ)の詠唱がなんらかの理由により発動できずに中断してしまった状態のこと。

詠唱中断する原因


詠唱中断の原因としては、以下のようなものが知られている。一つでも該当するものがあれば、中断する可能性がある。
以下、「詠唱中」はキャストタイム(CT)79%までの間を、「詠唱完了」はCT80%の発動判定タイミングを指すものとする。

  • 詠唱中にヒーリングをした場合。
  • 詠唱中にスタンした場合。
  • 詠唱中に睡眠状態になった場合。
    ※上記の場合に限り、詠唱行動そのものが中断される。これを除いた以下全ての場合は、詠唱完了まで詠唱が続き、その間他の行動をとることができない。
  • 詠唱中に1以上の近接物理攻撃ダメージを受けた場合。
    ※ただし、これによる詠唱中断率は彼我のスキル差によって大きく変化する(後述)。
  • 詠唱完了時に静寂石化テラーのいずれかの状態異常に該当した場合。
    スタン睡眠の場合とは違い、詠唱完了までに治癒していれば発動する。
  • 詠唱中に何らかの手段により現在位置から移動し、詠唱完了時に元の位置に戻らなかった場合*1(元の位置に関して僅かながらブレは許容される)
  • 詠唱完了時に対象が射程範囲外に移動していた場合。
  • 詠唱完了時に麻痺状態異常を受けており、行動判定において麻痺による行動失敗と判定された場合。
  • 詠唱完了時にキラー特性でひるんでしまった場合。
  • 詠唱完了時に対象がイベント中であった場合(NPCと会話したり、イベントシーンを見ている場合、合成している場合*2など)。
  • 消費MPが定められている魔法の詠唱時に、詠唱完了までに何らかの理由により消費予定のMP量を下回ってしまった場合。
  • POPして数秒以内のモンスターに唱えた場合。

上述のCTゲージのパーセント表示は、ファストキャストを所持している場合はそれに応じて短くなる。

呪歌だけは若干扱いが異なっており、物理攻撃により詠唱中断することはなく、詠唱中のスタンも完了時に回復していれば中断しない。
また魔法であっても魔力の泉効果時間中であれば、物理攻撃による詠唱中断は無い。加えて残MPによる詠唱中断からも解放される。

ちなみに、遠隔攻撃ダメージでは詠唱中断は一切起こらない。

スキル判定に関する補足

上述の「詠唱中に近接物理ダメージを受けた場合」については、少々ややこしい法則が存在する。
まず、近接物理攻撃を受けた場合の詠唱中断は、100%起こるわけではない。
そしてその中断判定の基準は、彼我のレベルではなく、攻撃側の武器スキルと防御側の当該魔法スキルである。

例えば、サポートジョブ魔法を詠唱する場合、そのほとんどはサポートジョブのレベルを基にしたスキルに制限される。このため「サポレベルから見て」つよ以上にあたるLv40程度以上の敵から1以上のダメージを食らえば、詠唱中断が生じる可能性が高くなる。サポ忍時の空蝉の術サポ白(を除く)のケアルが詠唱中に攻撃を受ければほぼ失敗するのも、このためである。

つまり、詠唱側の魔法スキルと妨害側の武器スキルを比較し、妨害側が高ければ詠唱中断率に上方修正が、詠唱側が高ければ下方修正が加わるものであると考えるのが妥当であろう。そしてこの結果に対し一定量の詠唱中断率緩和をもたらすのが、装備品など詠唱中断率ダウン効果である。

また、アクアベールのように一定回数詠唱中断を防ぐ魔法も存在する。

なお、スキルランクは合計で11の段階があるとされているが、具体的にどのように判定が行われているかは不明である。

詠唱中断関連のマメ知識


魔法の発動は、詠唱完了時(CT80%)で生じるため、この時点以降にどのような状態異常になっても、極端な例を挙げれば戦闘不能になったとしても、魔法詠唱中断されずに発動する。

また、詠唱中断の判定は、正確にはサーバ側の情報を基準に行われているようであり、クライアントサイドの情報よりも0.5~1秒ほど前の状態が基準となっている。従って、デジョンのような詠唱時間が中程度の魔法で、CTゲージが60%代後半で移動しても魔法が発動するのも、スタンフラッシュなど詠唱時間が短い魔法を移動でキャンセルしようとしても不可能に近いのは、人間の反射速度もさることながらこれが原因であるといえる。
面白い例では、お互いにスリプルを打ち合って同時に発動してしまうケースすらある。

また、「詠唱開始から数フレーム詠唱中断判定がない」という認識が一般に浸透しているが、これもサーバクライアント間のラグによるものである。つまり、詠唱のごく初期では、詠唱をしているという扱いになっていないというわけである。
さらに言うなれば、敵の攻撃も、サーバーの内部的には攻撃モーションに入った瞬間に既に発生している*3為、詠唱中断も「敵の攻撃に当たってログに出る*4瞬間」ではなく「敵の攻撃モーションが始まる瞬間」を基準に判定されている。但しモンスター詠唱時間についてはラグでは済まない疑惑があり、非戦闘時に詠唱を開始すれば、どれだけ移動しても発動するという現象を頻繁に見ることができるため、謎が多い。*5

詠唱中断PC側だけに限らないので、モンスター詠唱中断を惹起することも可能。例えば、強力な魔法を使うNMと対峙する場合に、詠唱確認と同時に強力なWSを打ち込む、スタン静寂等の状態異常を狙う、不意打ちを使ったクリティカルヒットを打ち込む、被ターゲット者が走り去る*6、といった戦術がありうる。ただし、クリティカルスタンによる中断が無効だったりするケースもあり、必ずしも成功するとは限らない。

なお、詠唱中断状態となった場合、そのPCは一瞬(1~3秒ほど)移動・オートアタックを除く行動が不可能になる。この硬直は、魔法が成功した場合の硬直時間とほぼ同一である。

珍しい詠唱中断条件を持つ例として、Golden-Tongued Culberryがある。具体的には「詠唱中にヘイトリストの一番上の対象が入れ替わる」と詠唱中断が発生するようになっており、挑発フラッシュでも中断が起こるという不思議なNMである。

詠唱中断率低減装備を組み合わせると黒や白なら100%超にまでその率を上げることができる。


しかし実際には100%にしていても敵に殴られて中断が起きることから、詠唱中断率低減にはキャップが存在する説や、詠唱中断率が100%超まで増えるなどの説が考えられている。
しかし絶対に詠唱中断が起こらないケースも存在する。


この状態では、被ダメージによる詠唱中断は一切起こらない。
サポ白テレポだろうがなんだろうが、詠唱完了までに死ぬか魔法が詠唱不可能になる状態異常を喰らうかでなければ必ず発動する。
おそらく装備による詠唱中断率にはキャップが存在し、アビリティで補完することにより100%を実現できるものだと思われる。
裏などで百烈拳の猛攻の最中でも自己ケアルができるので、生存率はかなり高くなる。

関連項目

詠唱中断率】【詠唱時間】【再詠唱時間
*1
逆に言えば、詠唱中にいくら移動しても完了時に元の(詠唱を開始した)位置に戻っていれば大丈夫ということである。これは詠唱の長い魔法を使用し、わざと移動してから元の位置へ戻ってみることで簡単に試せる。
*2
ただし、魔法を掛けることができなくなるタイミングと魔法を受けることができなくなるタイミングに若干のラグがあるので注意。詠唱完了が合成エフェクトの出ている時であれば詠唱中断になるが、ちょうど相手が座り始めた瞬間だと魔法がかかってしまい、相手の合成は100%失敗となる。
*3
格闘二刀流ダブルアタック等の複数回攻撃も、1撃目の攻撃モーションに入った時点で同時に発生している。
*4
このログ表示も、クライアントが受け取ってから、画面に合うようにディレイを挟んでから表示されている。
*5
例えばストンスキンの詠唱を開始した敵を遠隔攻撃がギリギリ届く間合いから攻撃すると、PCに一直線に向かってきて一撃攻撃を加えた後にストンスキンが発動、ということもある。
*6
BF破滅の壺」などで有効な戦術
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。