コリガン(こりがん/Korrigan)
プラントイド類マンドラゴラ族の亜種。黒い体色と赤い双葉を持つ。

コリガン

体色が黒くても頭に黄色い花を花を咲かせているタイプはパキポディウムと呼ばれるまた別の亜種
使用する特殊技こそ原種と同じだが、同レベルのマンドラゴラ原種に比較してステータスが全面的に高く、別種といっても差し支えないほどの性能差がある。
マンドラゴラ族だからとナメてかかると漏れなく返り討ちにあう。また、ノンアクであることが多い原種に対し、アクティブな個体が多い(プルゴノルゴ島のAlrauneなど、ノンアクの個体もいる)。

ちなみに、各個体の名前はボヤーダ樹が「Korrigan(コリガン)」、怨念洞が「Puck(パック)」、プルゴノルゴ島が「Alraune(アルラウネ)」、シルダス洞窟スカームでは「Alruna(アルルーナ)」と、妖精などに縁の深い名称となっている。

歴史

最初は2002年2月5日のバージョンアップで追加されたバルガの舞台印章BF居候妖精」での、お供の白マンドラゴラ7匹を従えたボスとして登場した。

その後ジラートの幻影実装に伴い、ボヤーダ樹怨念洞に通常モンスターとして配置された。なお、ボヤーダ樹コリガン実装直後は非常に美味しい獲物であったが、これは想定外として2003年4月22日の緊急メンテナンスで強さを修正されるという出来事があった*1。また、Ark Angel MR星の輝きを手にMaatが呼び出すマンドラゴラペットも、この黒いタイプである。

その後はプルゴノルゴ島アドゥリンエリアにも配置されている。

実装より長らく正式な亜種名が判然としなかった*2が、モンストロス・プレッジ実装によりコリガン(Korrigan)が正式であること、ジョブモンク/黒魔道士であることが判明した。

モンストロス・プレッジ

種族ジョブ
"コリガン"マンドラゴラ族

習得Lvモンスタースキル効果消費TP備考
1種まき物理攻撃追加効果:VITダウン500
10スクリーム自身の周囲の敵にMNDダウンの効果。500
20光合成日中に使用すると自身にリジェネの効果。1500
30リーフダガー物理攻撃追加効果:毒。750
40夢想花自身の周囲の敵に睡眠の効果。1500
50ヘッドバットダメージ補正200%。1000
60夢狂花HPに応じて魔法ダメージを与える。
使用後は衰弱する。
1000
90闇合成日中に使用すると自身に物理回避アップリジェネ
トリプルアタック確率アップの効果。
2000

出典

フランスのブルターニュ地方の小人族*3。たいていは真っ黒でけむくじゃらの、頭でっかちで非常に醜い容貌の小人として登場する。
いたずら好きだが、礼儀をわきまえている人に危害は加えない。

関連項目

マンドラゴラ】【錬金術師の水】【コリガンの四葉】【黒マンドラ】【亜種
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
→ファイナルファンタジーXI 更新のお知らせ(4/22)公式サイト
この時白マンドラゴラのMouriocheも強さを調整されているが、Korriganの方がより美味しかった。
*2
亜種の1つであることはボヤーダ樹の設定から分かっていたが、攻略本等では亜種名は明らかにされず、長い間正式な亜種名は不明だった。
*3
→Korrigan(Wikipedia英語版)
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。