プレイヤースキル(ぷれいやーすきる)
PC中の人の上手さ/下手さを表し、このゲーム中に数値として表れない性能/能力のことを指す呼称。
「Pスキル」「PS」と略す人もいる。
専ら「上手さ」という意味で使用される事が多い。

プレイヤースキルの一例


レベリング時等の事例
  • プレイするジョブの性能を熟知しており、その能力を上手く引き出す等バランスよく立ち振る舞う。
  • 自分以外のジョブについてのアビリティや特性といった内容に比較的精通している。
  • 様々な武器WSや、連携技、食事等にも詳しく敵と相性の良い選択判断ができる。*1
  • 移動前にエリアサーチで混み具合を確認するなどして、行く予定の狩場が混雑してる場合、別の場所を選択するなど*2
  • 敵(モンスター)の特性や弱点範囲攻撃状態異常技の有無などに関する知識がある。
  • PTのメンバ構成も様々な有効なパターンを知っている。
  • 他のプレイヤーと問題なくコミュニケーションできる。*3
  • 抜ける自分に代わるPCを見つけ、PTメンバ交代をスムースにする。

ソロ/クエスト/ミッション時等の事例

(注)ジョブ毎の役割については、それぞれの「ジョブ項目」の記述を参照。

プレイヤースキルの向上と低下

プレイヤースキルは向上もすれば低下もする。

■向上する要因

  • 自ら工夫思案した行動の失敗/成功の繰り返しの中で向上する。
  • PCの行動や立ち振る舞いを参考にしたり、アドバイスを受ける事によって向上する。
  • 様々なジョブを経験し、様々なPTを経験していくことで多種多様なPCそれぞれの「良い点」「悪い点」から学び向上する。
  • ネットや攻略本知識を得る。

当時は気づけなくても、自身の経験や学習が進むにつれて「あの時はああだったのか」や、「あの人の言ってたことはこの事だったのか」と遅ればせながら気づくこともある。もちろん向上心がある人と無い人とでは上がり方が異なる。

■低下する要因

  • そのジョブを長らくメインにしていなかったり隠居生活をしていたり、実戦から遠ざかっていたため立ち回りを忘れている。
  • 引退していてしばらくFFXIをプレイしていなかったため、その間のバージョンアップ等による新要素を知らない。
  • 固定パーティでの活動率があまりに高いと活動スタイルやイメージに多様性が生まれない。
  • PLに依存してのレベリングが多かった場合も向上できるチャンスを逃している。
  • リーダーまたはリーダー的存在に頼り切ってしまい、自ら考えて行動するという事をしなくなる。

まとめ


一般的にそのジョブのポテンシャルを最大限引き出すようなプレイをする人はプレイヤースキルが高いと評され、逆にジョブの性能の上に胡座をかいて振舞うような人はプレイヤースキルが低いと揶揄されることが多い。

特にパーティ時は各自のプレイヤースキルが狩りの効率・運命を左右するため、個々のプレイヤースキルが顕著に浮き彫りにされる。

基本的にソロでもパーティでも実戦経験を積み重ね、多くの失敗や成功を経験することで個人のプレイヤースキルは成長していく。プレイスタイルには様々なものがあり、自分のプレイスタイルばかりに固執せず常に広い視野と心で失敗や成功の経験を謙虚に受け止めることがより良い成長に必要である。

もっともプレイヤースキルを判断するのも各自のプレイヤースキルの上に成り立つ為、それさえもプレイヤースキルと言える。
*1
近年は連携MBをほとんどしなくなっているが、PTメンバーが使いたい武器と敵の弱点を考慮して、どの連携にするか提案する者もいた。
*2
狩場の項で詳解する。
*3
言葉づかい、英会話スキル定型文辞書を駆使するスキルなど。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。