カット(かっと/Cut)
何らかの影響によってダメージなどの数値が減少することを指す。

レジスト」も魔法ダメージ値が減少する現象だが、FFXIで「カット」という表現が使われる場合、レジスト判定に依らず確実にダメージが減少する場合を指すのが一般的。
また、防御力上昇による被ダメージの減少も確実ではなく複雑に変動するためカットと表現されることはほとんど無い。魔法防御力は条件を揃えれば一定の割合でダメージを減らせるものの、計算式の分母に来るパラメータのため、魔法防御力の数値とダメージ減少量は比例しない。また「魔法ダメージカット」は被魔法ダメージ特性もしくはその同枠の係数に対して用いられ、逆に魔法防御力にはあまりカットという言葉は使われない傾向にある。

例えば白魔法シェル系はレジスト判定とは別に魔法ダメージを10~22.5%カットすることができる*1魔法であり、同じく白魔法に属するファランクス強化魔法スキル依存で、一定値の自分に対するすべての被物理魔法ダメージカットすることができる。

による防御もカットである。ただし、常に一定量ではなく盾タイプ盾スキルによってカット量は変動する。

防具類に存在する「被物理ダメージ-x%」「被魔法ダメージ-x%」「被ブレスダメージ-x%」「被ダメージ-x%」の特性も同様にカット効果である。これらは、一つ一つの効果は大きくないものの、ジョブによっては組み合わせることでかなりの効果をもたらすことができるようにもなる。

なおストンスキンなど一定のダメージを引き受けるものも広義には「カット」なのだが、大抵は上記のように恒常的にダメージを減少させることをカットと言うことが多いようだ。

関連項目

センチネル】【ファランクス】【レジスト】【ダメージ】【】【ダメージカット装備】【特殊防御力
*1
ヘルプテキストでは「魔法防御力をアップ」とあるが、実際にアップしているのは魔法防御力ではなく、いわゆる被魔法ダメージカット率の方。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。