削り(けずり/Cutting down)
ダメージを与えてHPを減らす様子を喩えた言い回しの事。「削り」一語、あるいは「削る」を基本形としたラ行五段活用動詞として用いる。敵味方問わず、HPはバー状で視認出来るようにグラフ化されており、ダメージに因ってそのバーが減退していく様を描写したものと思われる。主にアタッカー間や戦術関連の話題で使用される。

格闘ゲームの用語が出典であると見られ、この場合での本来の意味はコマンド入力技(必殺技)をガードすることによってわずかに発生するダメージのこと。
FF11ではガードされているわけではないのだが、一撃での減少量が格ゲーにおけるガード削り程度であること、からこのような呼称が定着したのではないかと推測される。

【用例】
「○○ぐらいの削り能力ないと制限時間に間に合わない」
「 速攻で削らないと全滅する」
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。