即死(そくし)
HPに関わらず一瞬にして戦闘不能になること。
意味として一撃死に近いが、より広範な事柄を含む。

  1. 一度にHPmax以上の多量なダメージを受けて戦闘不能に陥る状況。いわゆる一撃死
  2. デスパーディションのような、いわゆる即死技を受け戦闘不能に陥る状況。
    また、死の宣告による戦闘不能即死と呼ばれる場合*1がある。
  3. チゴー族に備わっている、「一部の行動を受けるとHP残量に関わらず戦闘不能になる」という特性を利用して倒すこと。
    詳細は【チゴー族】を参照。

なお、下記の一覧では(2)と死の宣告に陥る技について記す。


戦闘不能

技名使用モンスター効果範囲備考
デスポロッゴ族
デュナミスのボスなど多数
単体PCが使用した場合、即死レジストされるとダメージを与える
パーディションブフート単体-
生臭い息モルボル族一部NM前方範囲
斬鉄剣Odin自身中心範囲発動前に/healすることでダメージ変換可能
斬鉄剣・迅Odin前方範囲ミスあり、空蝉の術を使うことで完全に回避可能
真・斬鉄剣Odin自身中心範囲リレイズがかかっているとダメージ変換可能
デスプロフェットKaggen前方範囲
デスリーグレアAkvan前方範囲視線判定視線を合わせていないとダメージ
タイラントタスクアビソブガードNM*2前方範囲ダメージを受けた後のHPが50%以下で即死
トーメントタスクアビソブガードNM*3前方範囲石化時に受けた場合に即死
モータルブラストリンクス族一部NM視線単体TefenetMaahesなど
ドゥームヴォイドサンドウォーム族自身中心範囲Onychophoraなど一部NMのみ、特定条件を満たすと使用
タイダルギロチンロックフィン族前方範囲ダメージを受けた後のHPが50%以下で即死
マリーンメイヘムロックフィン族自身中心範囲密着することでダメージ変換可能
ダークサンBF翼もつ女神対象中心範囲魔法ダメージ+たまに即死
テラスラッシュ(Arch) Dynamis Lord前方範囲物理ダメージ+たまに即死
ファイナル・エターナル・ハートMumor自身中心範囲密着することでダメージ変換可能

死の宣告

技名使用モンスター効果範囲備考
死の宣告ヤグード族一部NM単体-
モータルレイタウルス族単体視線判定死の宣告
ソニアンレイ唇亡びて単体視線判定死の宣告
アポカリプティクレイタウルス族一部NM前方範囲視線判定ではない。死の宣告
断罪の瞳ヴァンピール族前方範囲視線判定死の宣告
グリムリパーラミア族一部NM*4前方範囲物理ダメージ + 死の宣告
フェイタルスクリームアデニウムの一部NM自己中心範囲死の宣告
ソウルダウスジラント前方範囲死の宣告
シャーマットカトゥラエ族一部NM単体発動後、タゲられている間だけ死の宣告
ドゥームアークBF無影大王討伐範囲ダメージ死の宣告
デモニックシアーBF己の行く先に範囲ダメージ死の宣告
魔滅の数珠で防御可
メランコリージグBF夢見果てし時自身中心範囲死の宣告
スーパーノヴァBF神竜自身中心範囲ダメージ死の宣告
デスネルZolku-Azolku対象中心範囲死の宣告。使用確率は低い
ビューティフルデスMorta自身中心範囲魅了死の宣告

関連項目

一撃死
*1
これを受けた本人やカーズナを使用可能な魔道士が、死の宣告がかかった事を見落としていた場合、実際はログを見れば分かる(チャットフィルターカット項目によっては、その限りではない)が一時的に「原因不明の戦闘不能」という認識になる為だろう。
*2
Deelgeed以外。Deelgeedは代わりにトーメントタスクを使用。
*3
DeelgeedSang Buayaなど。
*4
ビシージLamia No.3のみ。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。