ジラートジョブ(じらーとじょぶ)
エキストラジョブのうち、「ジラートの幻影」をインストールする事で取得・使用出来るようになる忍者竜騎士召喚士の4つのジョブの総称。略して「ジラジョブ」とも呼ばれる。

厳密には召喚士は「ジラートの幻影」がなくても取得出来るのだが、実装時期が上記ジョブと同時であり、また6神獣との契約にジラートエリアが必要になるため、ジラートジョブとして認識されている。

ジラートジョブの変遷

実装初期

実装当初のジョブ取得は困難を極めていた。

召喚士においてはカーバンクルの紅玉を取る為にリーチ族の奪い合いが発生した。低いドロップ率ゆえに、大変苦労した冒険者も多い。

また忍者を取得する為にはノーグに行く必要があり、カザム行き飛空艇パスを入手する為に鍵を落とすモンスターの奪い合いに発展。さらにNMを退治する為の順番待ちが発生、中には順番を抜かす者もおり冒険者間での軋轢が生じた。忍者の場合はアライアンスが可能だったが、侍の場合は一戦で一人分のアイテムドロップであったため、『行列のできるラーメン屋』と比喩されるほどの順番待ちであった。

竜騎士バトルフィールドでの戦闘を必要とするため、こちらも順番待ちが発生していた。一過性の祭りと言えばそれまでだが、NMの取り合いなどに縁の無かったプレイヤージョブ取得のためには対象モンスターの取り合いに参加せねばならず、早く新ジョブを育てたいのにキーアイテムが手に入れられずに苦労した人も多い。

実装初期のジョブ性能

また、取得後も各々のジョブの性能について物議を醸すこととなる。

  • 忍者火力が低く、与TPマシーン状態。後に当初のジョブ設計で意図していない空蝉盾で活路を見いだすが、忍術を使用するには大量のギルが必要であった。この為、忍具の供給が増えて価格が下がるまでは、誰もができるジョブでは無かった。

  • …柔軟な連携は出来るが火力不足かつ、黙想をサポで食われる。メイン武器両手刀火力不足、供給不足、そしてTP蓄積速度も実は一番遅いなど様々な問題があり、当時の侍達は弓侍やペンタ侍などの代替品を模索したが、それも続々と下方修正されていった。



個々のジョブ性能の問題だけでなく、既に飽和状態であったアタッカー枠に更に3ジョブが追加される形になり、レベル上げパーティーのバランスに重大な影響を及ぼした。皆が新ジョブを上げようとするために、盾や後衛が極端に不足し、まともにパーティを組めなくなるという問題も発生した。召喚士に至っては実装時にジョブコンセプトが定まっていなかったことが後に明かされており、ペットジョブという特殊性からその後もコンセプトが定まらない状況が長く続く。

また片手刀両手刀の供給がギルドに1日1本しか入らなかった為、Lv10未満の普通の刀が万単位の価格で売り買いされていた。そのため駆け出しの冒険者にはとても手が出せるジョブではなかった。

これらの修正は(既存ジョブのバランス取りを優先した結果)長い間放置される事になり、上方修正は実質2つ先の拡張ディスクである、アトルガンの秘宝以後まで待たねばならなかった。上記の教訓からか、アトルガンの秘宝追加時には、新ジョブのみでパーティを構成できるように意識したデザインがなされるようになった。

メジャーアップデートの終了が発表され、各ジョブがそれぞれ熟成した感のあるヴァナ・ディールジラートジョブではあるが、そこに至るまでには先人プレイヤー達の血と汗が染み込んでいるのである。

関連項目

メインジョブ】【サポートジョブ】【エキストラジョブ】【アトルガンジョブ】【アルタナジョブ】【アドゥリンジョブ
*1
Lv60以上のジョブを持っている事が目安となっていた。しかし、Lv60~65ではBFの難易度が高く、ジョブ縛りを受ける形となっていた。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。