命中(めいちゅう/Accuracy)
攻撃が当たるかどうかに関わる重要なステータス
このステータスが影響を与えるのは「近接攻撃によるオートアタック命中率」、「物理系青魔法命中率」、「踊り子の各種ステップ命中率」等。

広義には遠隔攻撃遠隔ウェポンスキル命中に関わる「飛命」も含むが、一般的に「命中」と言えば近接攻撃のそれを指し、厳密に区別したい場合は「命中」「飛命」の2つの単語を使い分ける。

命中近接攻撃)」の計算式

有志による検証の結果、命中の算出は下記の計算式によるものと推測されている。
命中=int(DEX×0.75)*1+スキルによる算出分+ギフトによる補正+装備品プロパティ+アビリティによる補正+魔法呪歌による補正+食事による補正

なお、どんなに命中を高めても実際の命中率には上限が設定されている。
片手武器(サブウェポン装備)、両手武器命中率の上限は95%まで。
片手武器(メインウェポン装備)、格闘武器獣使いペット飛竜召喚獣オートマトン命中率の上限は99%まで。

かつては全ての近接攻撃命中率の上限は95%までだったが、2014年12月10日のバージョンアップで一部は上述の通り99%までに引き上げられた。

格闘命中率の上限は95%までだったが、2018年12月11日のバージョンアップで上限が99%になった。

スキルによる算出分

「自身の武器スキル」「装備品メリットポイントによる武器スキル+」を全て合算した値を出し、その後「スキル200以下」、「スキル201~400」、「スキル401~600」、「スキル601~」の枠毎に命中値上昇量を算出する。

なお、二刀流時は武器スキル+の計算をメイン/サブウェポンで分ける必要がある。
/checkparamの「主」においてはメインウェポン側に装備した武器武器スキル+の値のみを、「副」においてはサブウェポン側に装備した武器武器スキル+の値をのみを計算式に組み入れること。


一例として、武器スキルA+(424)&メリットポイント8振り(+16)&一般的なIL119の武器に付与されているスキル(+242)、合計682であった場合において加算される命中値は、
200+(200×0.9)+(200×0.8)+({682-600}×0.9)=613となる。

ウェポンスキルなどに設定されている補正

物理近接WSには全て、初段にのみ命中+100の補正が設定されている*2
召喚獣物理近接履行技には全て、初段にのみ命中+100の補正が設定されている*3。ここに召喚魔法スキル青字超え分の命中+と装備の「召喚獣:命中+」「ペット:命中+」が上乗せされる。
なお、獣使いペット特殊技オートマトンWSには一律の命中補正がなく、個別に設定されている命中補正のみ*4
ちなみに、射撃弓術WSにも一律の飛命補正はない*5

アビリティによる補正


魔法呪歌による補正


食事による補正

固定値上昇の物とパーセンテージ上昇のもので計算が異なる。
前者の場合はそのまま加算すればよいが、後者の場合は前述した計算式のうち、スキル魔法呪歌までの計算を行った後乗算(※小数点以下切り捨て)して補正値を算出する。
例えば魔法呪歌までの計算が450の状態でサーモンスシ命中+14%、上限68)を食べた場合は、int(450×1.14)=513となる。

関連

命中装備】【命中リング】【飛命】【寿司】【/checkparam
*1
2007年8月28日のバージョンアップ以前はDEX×0.5であり、そのバージョンアップ以降両手武器のみDEX×0.75となった。また2013年7月9日のバージョンアップで、格闘片手武器DEX×0.75に引き上げられた。
*2
WS命中補正+100:→多段ウェポンスキルの命中について
*3
履行技の命中補正+100:→教えて!開発さん!
*4
ペット特殊技オートマトンWS命中補正なし:→教えて!開発さん!
*5
射撃弓術WS命中補正なし:→教えて!開発さん!
*6
厳密に解釈すると、「1回のオートアタックにおいて、メインウェポンによる初段+マルチアタックorサブウェポンによる2段目まで必中」である。
*7
この効果はオースピスを詠唱した白魔道士自身のみ得られる。
*8
楽器+歌唱スキルによる基本上昇値が最大で命中+45、さらにマドリガル全歌)+○の+1につき基本上昇値+10%、メリットポイントの「マドリガル効果」1段階につき命中+1。
*9
楽器+歌唱スキルによる基本上昇値が最大で命中+60、残りは剣闘士のマドリガルと同様。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。