ジラートの幻影(じらーとのげんえい/Rise of the Zilart)
1.2003/4/17に発売された、FINAL FANTASY XI拡張データディスクNAによる略称はRotZ。

2.拡張データディスクジラートの幻影」で追加された一連のミッション、通称ジラートミッションのこと。

1項.拡張データディスク

以下に「ジラートの幻影」導入による変化・影響を述べる。


    • ジラートの幻影で拡張する事はサービス開始当初から予定されていたようである。しかし、初めての拡張データディスクということもあって、問題も散見された。いくつかはこれ以降も課題として残り、いくつかは本ディスクを教訓に修正される。


    • 本ディスクで追加された多くの拡張要素を体験するためには、低確率のドロップ品を巡る取り合いを余儀なくされた。*3これらは当時のサポートジョブクエストアイテム取りとほぼ同じ感覚ではあるが、本ディスクからヴァナ・ディールに降り立ったPCにとっては「サポ取りから開放されたと思ったら、さらなる取り合いの場に赴かなくてはならない」ということで批判が相次いだ。後々の拡張ディスクではそれを教訓に、新エリアへの移動など最低限の新要素を楽しむための条件は、多少緩和されている。


    • 本ディスクの発売日前日にフライングゲッター組が竜騎士忍者で闊歩する等、キーディスクを発売日前に入手した先行が有利になるという現象がおきていた。なお後の拡張データディスクアトルガンの秘宝では、インストールや拡張コンテンツ登録後も、決められたサービス開始時刻までは拡張要素を体験することはできなくなった。

2項.ジラートミッション

NAでの略称はZM。しかし発売から時間も経ち、もはやNAユーザーでなくともZM=ジラートミッションで意味が通るようになっている。

後発のプロマシアの呪縛の桁違いな難易度や、アトルガンの秘宝時に見られる総Lv75状態の世を嘆き、事あるごとに引き合いに出されることが多いのも事実。「ジラートの頃は良かった」などなど。

2008/11/22のヴァナ★フェスにおいて、ジラートの幻影のインストールを前提とした新シナリオが発表された。

関連項目

ジラートミッション】【拡張データディスク】【プロマシアの呪縛】【アトルガンの秘宝】【アルタナの神兵】【アドゥリンの魔境】【追加シナリオ
*1
余談だが、拡張データディスク発表当時、西アルテパ砂漠は「リキュア砂漠」となっていた。現在の名称に変更された経緯は不明。
*2
召喚士のみ、直前のバージョンアップ2003/04/15により拡張データディスクを導入していなくともジョブ取得が可能となっていた。
*3
召喚士ジョブチェンジするために必要なカーバンクルの紅玉や、カザムパスを取るための鍵、新エリアへのテレポスクロール取得のためのエルシモの名石など。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。