アトルガンジョブ(あとるがんじょぶ)
エキストラジョブのうち、拡張データディスクアトルガンの秘宝」をインストールすることで取得可能となる青魔道士コルセアからくり士の3ジョブの総称。

それまでのエキストラジョブに加えて、モンスター相関関係や敵の技に関する知識を必要とする青魔道士、他ジョブとの連携アビリティに影響するコルセアオートマトンの調整や操作に独特のクセがあるからくり士と、それまでに経験を積んだ熟練冒険者向けの調整が施されたある種異色のジョブ群である。

インタビューによれば、実装当初はアトルガンジョブでのみパーティ編成する可能性も考慮して、青魔道士が盾とヒーラーコルセアが補助、からくり士アタッカーを担当できるように設定されていると言う。

クエスト発生条件は、今までのエキストラジョブと同じく「Lv30以上であること」。もっとも、アトルガンエリアは、高レベル者向けのため、Lv30になったばかりのプレイヤーがこれらのジョブの取得クエストに挑戦する場合、MGS魔法の掛け直しの練習や、エリア・敵の特徴の把握など十分慣らしてからの方がいいだろう。

ジラートジョブのような取得に於ける混雑の解決、新規ジョブのみでもパーティを組めるようにする為の役割の分散(実際には機能しているとは言い難いが)、既存のジョブと被らないようにする為の目新しい新要素による差別化等、「ジラートジョブに比べれば」概ね評価を得た。

しかし、ペットジョブであるからくり士に関する多数の問題や、カンストレベルに於けるアトルガンジョブの立場等には調整不足の声も聞かれ、数々のパッチメリットポイント項目の追加等でバランスの是正が図られ続けている。また、この3ジョブは「最初から強くしないで徐々に調整していく」という田中氏の発言があった。これは強くなるまでは誘われにくい、参加できるコンテンツが少ないという不遇を受ける事を示唆している。

メリットポイントによる強化もカテゴリー1は2006年7月とAF実装と同時で早かったが、カテゴリー2は2007年6月やっと導入された。他の15ジョブは2006年7月にカテゴリー2が導入されており、実に1年近く差が開いていた事になる*1

AF取得に関しても、入手難易度がAF装備可能のLv50代では入手が超困難な素材を必要とする青魔道士AFクエストバグがあったコルセアAFの性能にバグのあったからくり士と、新ジョブを追加したがその後の対応に検証不足が目立つ。

一過性のアトルガンジョブ・ブーム以降は数が減少しているとも言われ、今後の調整が期待される。

既存ジョブとの相違点

ここではジョブ性能ではなく、ジョブ関連ストーリーなどに焦点を当てる。

限界クエスト

Lv75キャップといえば、今まではマートと対決することが避けて通れなかった。
しかしマートアトルガンと接点がない。そのため、アトルガンジョブLv75の限界を突破するには各ジョブに対応したマート以外のNPCと対決することになる。

レリック

長期に渡って、アトルガンジョブにはAF2およびAF+1が存在せず、またAF一式を預け入れして必要な箇所のみ再取得する事も不可能であった。
*2

この問題に対して、開発チームからは以下のようにコメントされていた。
アトルガンジョブ用のレリックは用意しているという。その入手手段はデュナミスではないらしい。

詳しくは「レリック」の備考を参照。

2007.11.3の「アルタナ祭りin大阪」トークセッションにおいて
Q:青魔道士からくり士コルセアAF上位防具の予定はいかがでしょうか。
小川氏:予定がないわけではないですが、まだ少し目処が立っていないところがあります。優先事項がいろいろと入ってきているところがあって、いずれ入りますのでお待ちください。

導入予定はあるが、優先順位はかなり低いようである。


2008/09/09バージョンアップにてようやくAF2(新裏からのアクセサリー含む)とAF+1実装され、AF取得クエストの再オファーが可能となった。
入手手段は検討を重ねた結果、既存ジョブと同様デュナミスおよびリンバスからの入手となったとの事。

関連項目

メインジョブ】【サポートジョブ】【エキストラジョブ】【ジラートジョブ】【アルタナジョブ】【アドゥリンジョブ
*1
2006年9月の東京ゲームショウでは、アトルガンジョブは2006年のクリスマスまでには調整したい。とコメントがあり、メリポカテゴリー2導入では無いかと期待されていたが肩透かしとなった。
*2
AF全体に言える事だが全5箇所装備する事は少なく、必要な箇所のみ持ち歩くのが通常となっている。マイバッグ・金庫・収納・ロッカーの圧迫という面から見ても不便な状況と言える。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。