フラッシュ(ふらっしゅ/Flash)
  1. 白魔法の一つ。
  2. ステータス異常の一つ。

白魔法

白魔法の一つ。神聖魔法に属する。
敵の命中率を短時間著しく下げる。

対象にステータス異常フラッシュ」を付与する魔法

名称属性消費MP習得可能レベル詠唱時間再詠唱時間効果時間
フラッシュ2545-37-450.5秒45秒12秒

スクロールの入手経路

スクロールRare属性を有する。店舗販売されているほか、モンスタードロップすることがある。
モンスターではナイトタイプの獣人ドロップする。
(Orcish Trooper、Orcish Warchief、Iron Quadav、Steel Quadav、Antican Decurio、Antican Eques、Antican Centurioなど)

販売店舗

エリア店舗名・座標NPC備考標準価格
ラバオ露店魔法屋・F-7Brave Ox常時入荷35,000 G
アルザビザフィフの魔法屋・J-8Zafif27,000 G

売却標準価格は3,000ギル

仕様

ディスペルスタンと同じく、多少必要スキルが低くても比較的安定してヒットさせることが出来る。試練での召喚獣戦など、極端に光耐性が高い場合や魔法そのものが無効化*1されている場合でなければ完全レジストされることはほぼ無いと思っていい。
もし完全レジストされたとしても、ヘイトレジスト度合いとは無関係のため、タゲを緊急に確保するためならば上書きできないなどの欠点を無視できる価値はある。
ただし、ハーフレジストクォーターレジストは決して少なくなく、最悪「フラッシュの効果」のログの前に「効果が切れた」ログが出ることもある。入りさえすれば持続時間はあまり関係ないスタンと異なり、敵の通常攻撃が最低でも1回発生するまで持続しなければ意味がない(敵対心確保は可能)ため、格上相手にサポレベル神聖魔法スキルで役立てるには多少タイミングを計る必要がある。

フラッシュヘイトは(累積ヘイト180/揮発ヘイト1280)という検証結果が出されている。敵対心+装備クルセードと合わせて使った場合、さらにヘイトを上げる事が出来る。例えば、敵対心+装備クルセードを合わせた敵対心値合計が+100であれば、(累積ヘイト360/揮発ヘイト2560)まで上げる事ができる。
またヘイスト装備等でリキャストを縮める事で、挑発以上のヘイトを発揮する事が出来る。
盾役ナイト魔導剣士にとって、タゲ維持に欠かせない魔法である。

フラッシュ命中低下判定は空蝉回避判定の後に行われる*2ため、蝉盾において敵の特殊技に合わせてフラッシュを撃つのは(ちょうどがはげてない限り)効果が薄い。どちらかというと、の張替えの補助に使ったほうが良いだろう。

命中率ダウンの効果がMNDスキルによって上下するのかは不明。

フラッシュ実装後はブラインの「暗闇」と同質だったため、ブライン上書きしてしまっていたが、→2005年2月24日のバージョンアップで異なるステータスとして扱われるようになり、重ねがけできるように修正された経緯がある。

使用例




オートマトンのフラッシュ

フラッシュバルブ装備したオートマトンエフェクトこそ大きく異なるものの、敵をフラッシュの状態にできる。命中率は本家の魔法フラッシュに劣らず高い。
魔法フラッシュとフラッシュバルブは互いに上書きできない。緊急にヘイト調整をする必要がない状況ならば、10秒程度でフラッシュバルブの効果が切れるのでその後に魔法フラッシュを使用すると無駄がない。
魔法フラッシュと異なりヘイトが著しく低い(非戦闘の敵に発動すると攻撃してくるためノーヘイトではない)。純粋に回避を増やす目的として利用することが好ましい。

2.ステータス異常

ステータス異常の一つ。
眩い光により、命中率の下がった状態。

強烈な光を受けて目が眩んだ状態。短時間著しく命中率が低下する。
主に1項の魔法を受けたり、同様の効果がある敵の特殊技を受けるとこのステータス異常になる。1項の説明にもあるように暗闇と効果が重なる。
また、フラッシュを敵から受けた状態での、敵への命中評価の表示を連続的に調べて撮影するという手法の検証が行われ、回避が高い→評価なし(表示なし)→回避が低い→効果が切れたと経過時間で、徐々に評価が変わっていくSSが、検証結果として発表された。
これにより受けた直後が命中率低下効果が最も高く、時間の経過で効果が減衰していく、というタイプの状態異常であることが確認された。

また2005年2月のパッチ以降、フラッシュ状態は暗闇とは異なる状態異常となったため、目薬ブライナでは治らなくなった(イレースでは治る)。ナイトで「星の輝きを手にクエストに挑戦する際は注意が必要である。

ファイナルファンタジーシリーズのフラッシュ

ファイナルファンタジーVにて青魔法として登場。効果深度の高い暗闇を全体に与える。
本作同様、高い命中率を誇っており(正確には、暗闇耐性を持つ敵が皆無だった)、ラスボスにすら命中する。しかも序盤から使用できてMP消費も少ないとあって、物理攻撃を主体とした敵には雑魚、ボス問わずかなりの効果を発揮した。

魔法ではないが、ファイナルファンタジーVI USA版などでのエドガーの使用する「きかい」で、サンビームを使った際、「Flash」という技が発動する。

敵の使う技であれば、ファイナルファンタジーIから登場している古参の魔法である。

新生FFXIVでは剣術士/ナイトスキルとして登場。アディショナルスキルとしてジョブなら戦士も使える。基本的な使い方はFFXIと一緒で周囲の敵のヘイトを稼ぎつつ暗闇状態にする。TPのかわりにMPを消費する、WS使用不可状態でも放てるなどやはり魔法として扱われているようだ。

関連項目

ナイト】【白魔道士】【魔導剣士】【白魔法
*1
アーリマンマジックバリアなど
*2
→スレッド: フルイドスプレッドについて公式フォーラム
*3
ヘイト上昇が多いので、緊急時以外は盾役が十分なヘイトを稼ぐまで打つのは控えよう。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。