オーロラ宮殿(おーろらきゅうでん/Grand Duke Palace/Auroral Palace)
ジュノ大公国ル・ルデの庭にある、大公カムラナートが政務を執る宮殿。
大公宮」と呼ばれることも。
大公が政務を執る宮殿。吹き抜けの巨大なホールを中心とした多層構造となっており、百名からなる外交使節が来ても、宿泊できる部屋数を誇る。奥には、大公親衛隊の本部もある。

ファイナルファンタジーXI 公式設定資料集 ~Life in Vana'diel~P47より

実際に一部ミッションではここを舞台に四国首脳による会談も執り行われる。2Fには謁見の間があり、普段は立ち入ることができないが、ミッション等で大公に会う時に訪れることになる。

ここを抜けた奥には大公私邸や、限界じじいことマート(Maat)、メイジャンモーグリが配置されている。

冒険者が行ける範囲(1F~2F)には宿泊できる部屋は見当たらないが、ホールで上下を見渡すと地下1階や3Fのフロアもあるようなので、別のフロアに宿泊施設があるのだろう。

名称について

設定資料集では英名が"Auroral Palace"と記載されているが、ゲーム中でル・ルデの庭地図を開くと"Grand Duke Palace"と記載されており、日本語だけでなく英語版でもオーロラ宮殿/大公宮の表記揺れがあることがうかがえる。

関連項目

Kam'lanaut】【ジュノ大公国】【ル・ルデの庭】【大公私邸
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。