薬品(やくひん/Medicines)
アイテムの大分類の一つ。主に錬金術により生成された、消耗品に属するアイテムを指す。

なお、ごく一部では、調理により合成されるジュースオレ類を含めて、薬品と呼ぶ向きもある(ジュースオレに関しては、それぞれの項を参照されたい)。

サルベージビシージナイズル島踏査指令などの一部アサルトフィールド・オブ・ヴァラーなどではテンポラリアイテムとして入手できることもある。

基本的には自分自身にしか使うことはできないため、マクロ
/item 薬品 <me>
のように書くことになる。ただし、カトリコン(+1)のように他人に使える例外もある。

FFシリーズでは伝統的に薬品は他人に使えるが、FFXIで対象範囲を絞った理由については、後衛ジョブの保護や、薬パワーで押し切れると戦術やバランス調整の幅を狭めるという懸念があったから*1のようで、今後とも特殊なケースを除き、他人に使えるようになる可能性は低そうである。

一般的な薬品の種類

テンポラリアイテムとして実装された薬品実装時に関連しているコンテンツによって分類する。後に分類されているバトルコンテンツ以外でも入手できるようになったものや、テンポラリ属性なしで入手できるようになったものもある。


妙薬を服用した場合服薬中アイコンが表示され、使用したアイテムに設定された時間中は同カテゴリのアイテムを服用することができない。

関連項目

消耗品】【オポ昏】【薬漬け】【がぶ飲み】【ジュース】【オレ
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。