気孔弾(きこうだん/Chi Blast)
モンクジョブアビリティ2003年4月15日のバージョンアップ実装された。
習得Lv41。
気孔弾を敵にぶつけて攻撃する。

再使用時間3分。
気の塊を発射して離れた位置の敵を攻撃する。
挑発もしくはカウンターのモーションと共に発動するが、弾が飛んでいってから腕を振るため、見た目はかなり妙なものになっている。

MNDによって威力が変動し、ためるを使用することで威力が上昇する。
なお2017年8月3日のバージョンアップ以前はためるを重ねがけすることで威力を段階的に上げることができたが、ためるの仕様変更により重ねがけからの気孔弾は使用不可になってしまった。

必中ではあるが、毎回全く同じダメージが出るわけではない。最高ダメージMND×10と言われ、最大でその半分までレジストされると言われる。敵次第ではあるが、MNDブーストを最大限に行う事で1000オーバーのダメージを叩き出すことも可能。なお、ダメージ属性上は無属性ブレスダメージらしく、ブレス耐性のあるハイドラ族ダメージが通らない。

Lv75キャップ時代においてのHNM戦等では特殊な使い方もされた。スピリッツウィズインの代わりに近いが、気孔弾必中かつ当時は「ためる」の重ねがけが有効という特性を生かし、限界までためるを行った気孔弾攻撃するというのがHNM戦でのモンクダメージソースの一つとなっていた*1
なお、当初はブレスダメージ耐性のある敵はほとんどいなかったため、安定してダメージを与えることができたが、ブレスダメージカットする敵が出てきてからは敵を選ぶようになっている。

通常のレベリングでは釣りが主な使い道となる。当初、モンク釣り用の遠隔武器は実質石つぶてしかなく、遠隔攻撃アビリティモンク達の間から強く実装が求められていた。気孔弾には3分のリキャストがあるため、実装後も石つぶては使われ続けたが、このアビリティによってモンク達のマイバッグの中身が随分と軽くなったのは間違いないだろう。

実装が決まった際、誰もが波動拳・かめはめ波の様な掌または拳から気を打ち出すモーションを想像したが、蓋を開けてみれば挑発のモーションと共に胴体から気が飛び出すというものだった*2。別名ブレストファイヤー。(武器を構えている場合は、アタックモーションから気弾を撃ち出す)

名称について

「気孔」というのは植物の葉が水蒸気等、呼吸をするための孔のことを指す為、英語表記に合わせるのであれば「気功」が正しく、「気孔」は誤記だという声もある。もしかしたら、飛ばしているのは吹き出る汗なのだろうか………?
とはいえ、体内で練った気を体のどこかにある出入口から放出すると解釈することもできるので、そういう意味では「気」の「孔(あな)」という表記は全くの間違いではない。
銃弾」が「銃」で撃ち出された「弾」であるのと同じく、「気」の「孔」から撃ち出された「弾」が気孔弾なのである。
臍下丹田から気がほとばしるモーションもあながち間違ってないのかも知れない。

その他の呼称

「元気玉」

気孔弾の別称。マンガ「ドラゴンボール」が元ネタ
同漫画を元ネタにして「かめはめ波!」の方を台詞マクロとして登録するプレイヤーも。
類似例)「太陽拳(フラッシュ)」

関連項目

発剄】【無限ため
*1
イベント中はアビリティ効果時間がカウントされずにリキャストだけカウントされるという仕様を利用してほぼ無限にためるを繰り返してトンデモない威力をだす「無限ため気孔弾」という戦法もあったが、ゲームバランスを崩壊させるので修正されて使用できなくなった。
*2
それでも、ドラゴンボール系の台詞を気孔弾マクロに組み込んでいるPCをよくみかけたりする。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。