スキル(すきる/Skill)
英語では「技能」という意味であり、その名の通りキャラクターの持つ様々な技能を数値で表したもの。
スキルの上限値については、スキルキャップの項で詳解する。

以下のような種類がある。

  1. 戦闘スキル
    戦闘に関わるスキルで、高ければ高いほど成功率や威力が上昇する。

    1. 戦闘スキル
      物理攻撃に関わるスキルで、格闘片手剣等の武器スキルと、回避といった防御系のスキルの総称。基本的に前衛ジョブであるほど種類が多く、特に戦士はこれが非常に豊富。回避武器のように比較的上げやすいものと、受け流しといった非常に上がり難いものとの差がはっきりしている。

    2. 魔法スキル
      詠唱に関わるスキルで、精霊回復弱体強化神聖暗黒召喚といった魔法に属するスキルの他に、歌唱楽器忍術に関するスキルもここに含まれる。精霊弱体といった敵にかける魔法は上がりやすい一方、強化回復などの味方にかける魔法は相対的に上がりづらい。中でも召喚魔法スキル上げが困難を極めることで知られる。

  2. 合成スキル
    クリスタルを用いた合成釣り錬成に関わるスキル錬成以外はいずれも職人のためのギルドが存在し、特定のレベルを超えてスキルアップを続けるためには、ギルドに指定された品物を納める必要がある点が、戦闘スキル魔法スキルとは異なる。

    スキルが高いほど多くのレシピ合成を行うことが出来るほか、HQの発生率が上がる。現在のスキル上限キャップ)は110だが、釣り以外の八種は70を越えたスキルが合計40以上になると、他のスキルが下がる。また、70以降スキル上昇率が格段に下がるようになっている(2016.9.6釣り錬成を除いてスキル70以下のスキル上昇率が大きく上がった)。

  3. チョコボ掘りスキル
    メニュー画面上には表示されないが、チョコボ掘りにもスキルが存在する。スキルが上昇すると、入手できるアイテムの種類が増えるほか、掘ることのできる間隔が順次短縮される。かなりの高スキルに達すると、新たなエリアに入ってから掘り始めることが出来るまでの時間が順次短縮される*1

また、上の三種のように数値化されるわけではないが、キャラクターを操作している人(中の人)の腕もスキルと呼ばれることがある(プレイヤースキル)。

また、今では確認できないが、エリア移動すぐにステータススキル画面を開くことで、乗馬術スキル*2他何種類かの隠しスキルを確認することができた。

関連項目

スキル上げ】【スキル上げパーティ】【プレイヤースキル】【スキルキャップ
*1
ちなみに、スキルが表示されないのはこの技能がプレイヤー自身のものではなくチョコボが上手くなっていっているためらしい。詳しくは、2005/03/18発行「→ファイナルファンタジーXI ジラートの幻影・プロマシアの呪縛 ヴァナ・ディール ワールドリポート Ver.050224」の開発者インタビューを参照。
*2
これがチョコボ掘りスキルと同じものかは不明。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。