Rare(れあ)
アイテム属性の1つで、そのアイテムを1キャラクターにつき一度に1つしか所持できないことを示す。アイテム説明欄ではRareと書かれた黄色い玉が目印となる。

希少性が高いことを指すような、いわゆる「レアもの」とはニュアンスが異なり、どちらかと言えば「性能が良い装備であるから、または連続して目的達成をさせないために1キャラクターに1つと限定させている」という表現が適していると言えよう。

Ex属性」に比べると、意外と気付かれにくく、既に所持済みのRare属性アイテムを再度に入手しようとした時に失敗して、初めてその存在に気付く冒険者も少なくない。

戦利品欄に一度プールされるアイテムの場合、ロット可能なメンバー全員がそのアイテムを所持しているとドロップ判定自体がされない。*1
そう低くないドロップ率の物がいつまで経っても出ない場合、知らず知らずのうちにこれに引っかかっている可能性があるため要注意である。
「持っていると出ない」ということから、バトルフィールド等で予めハズレアイテムを持っていき、勝利したらPTを抜けて宝箱を開け、任意のアイテムを手に入れようとする所謂「絞り込み」が行われた時期もあった。
尤も、戦利品の特定の枠自体がなくなってしまうことも多く、初めから出ていたのか、再抽選の結果出たのかも区別が付かないため、真偽のほどは不明である。

マイバッグだけでなく他の収納ストレージに保管されているものも含めて1つしか所有できないため、消えたランタンデルクフのカギ等をモグ金庫にしまい込んだままミッションに参加してしまう失敗談も多い。
具体的には、「消えたランタン」と「怨みの炎」を両方所持していると「怨みの炎」を使うことができないというトラブルが発生する。「怨みの炎」は使用後に「消えたランタン」に変化するため、既に同品を所持しているとRare属性の判定に引っかかるためである。もし「消えたランタン」が金庫等に入っている場合、一度モグハウスまで戻らなければならない。
デルクフのカギについては、デルクフ解除キー実装で問題が解消されている。

一方、「ポスト内にあるもの/競売に出品中のもの/保管NPCモグの預り帳に預けているもの」は、所持とはみなされない。
そのため、宅配不可な品でなければ自分宛に宅配したり、預けられるものは預けたりすることで、一時的に二個以上Rare属性アイテムを確保することも可能である。
金策目的で印章BFへ行く場合などに活用できるテクニックであるが、この場合手持ちがある間はポストから同アイテムを引き出すことはできない。

関連項目

Ex】【Rare Ex】【Rare Ex装備】【Tmp】【Aug
*1
例外的にダンジョン宝箱カギ類はドロップする。ソロの場合は一瞬プールされ、即「取得条件に満たないため~」と破棄される。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。