捕縄の術(ほじょうのじゅつ/Hojo)
忍術の一つ。
忍び道具:鈎縄。敵の攻撃間隔を長くする。

名称詠唱時間再詠唱時間使用可能Lv属性効果
捕縄の術:壱4秒30秒23スロウ+15%
捕縄の術:弐1.5秒45秒48スロウ+20%

鈎縄を消費して敵をスロウの状態にする。
スロウ系の状態異常は、忍盾には必須の要素といっても良い。多くの敵の攻撃間隔は、忍術壱系の詠唱時間と全く同じ4秒(でいえば240)である。分身が全部剥がされてから空蝉の術:壱の張り直しは、何らかの状態異常の補助を得ていないと難しいことも含め、捕縄の術は重要である。

また何といっても、暗闇の術と並び「忍者ソロ能力が高い」理由のひとつとなっている点も忘れてはならない。単純な回避能力なら/忍のほうが上であるが、この弱体忍術のおかげで非常に強いソロ能力を手に入れることができる。

捕縄の術:壱の段階では詠唱時間が長いせいで、後衛スロウ任せとなるケースが多い。対して弐の詠唱時間は1.5秒と短く、ヘイトもそれなりに発生するため高レベルの忍者には半ば必携の術となっている。
また、効果は一般的に「スロウII>弐>スロウ>壱」となっているのでメリポレベルにでもならない限り捕縄の術:弐は常時入れるのが望ましいだろう。
ただし、スロウMNDによって遅延率が変動するためMNDを極限まで特化したスロウの方が効果が高いことがある。スロウを入れるキャスターがどれほどMNDブーストして詠唱しているのか事前に尋ねておくのも良いかもしれない。ちなみにスロウ捕縄の術:弐を超えるのに必要なMNDは、敵MND+25以上である。

なお、上書き関係は、スロウ捕縄の術:壱<捕縄の術:弐<ヘイストスロウIIとなっている。

読みは「捕縛(ほばく)」でも「ほなわ」でもなく、「ほじょう」である。

スクロールの入手方法

捕縄の術:壱はクエスト大自然の極上酒」の報酬として入手できる。天晶堂系のギルドショップでも取り扱っているが、こちらには入荷しない上に供給がクエストのもと限定されているため、店頭に並ぶことはまずない。2018.4.4からはジュノ天晶堂が通常ショップになると共に、常時販売されるようになった。

捕縄の術:弐は高レベルの忍者タイプ獣人ドロップする。こちらはショップでの取り扱いはない。

販売店舗

捕縄の術:壱のみ取り扱いがある。
エリア店舗名・座標NPC備考
バストゥーク港天晶堂バストゥーク支店・F-6Jabbar入荷なし。売却時のみ
ジュノ下層天晶堂本店・J-8Amalasanda常時入荷
ノーグ天晶堂ノーグ支店・I-8Chiyo入荷なし。売却時のみ

捕縄の術:壱の販売標準価格は2,849ギル
捕縄の術:弐の売却標準価格は1,500ギル

関連項目

忍術】【スロウ】【大自然の極上酒
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。