モンスター(もんすたー/Monster)
キャラクターの総称。
公式サイトでは「モンスター」と呼ばれ、ゲーム中のNPCなどは「魔物」と呼ぶケースが多い。
アトルガンの秘宝」以降、獣人たち(の勢力)は「蛮族」と呼ばれる場合がある。

プレイヤー間では「敵」「モンス」と略されることがある。
また、英語では「mob」という表現が使われることもある。

モンスター種族

ヴァナ・ディールモンスターは大分類である「」、その中で小分類として「」に分けられる。獣人を除けば同じ「」に属するモンスターは何かしら共通の習性や弱点を持つ。ただし、一部の敵は明らかに人間だったりするため、この分類が適応されない。

例えば、ロンフォールに生息する「Wild Rabbit」は、ビーストウサギ族の最弱モンスターということになる。

モンスターの大分類


そのほかどれにも属さないモンスターなども、わずかながらいる。

また、マメットオメガアルテマのように攻略本等でアルカナに分類されつつも、アルカナ類の特性を持たないという特殊なモンスターや、場所によってアクアン類獣人類の特性を持つトード族のような特殊な例もある。

いずれにも属さないモンスターの一例


モンスターの中分類

獣人
(Beastmen)
オーク(Orc) オークの戦闘機械(Orcish Warmachine) クゥダフ(Quadav) ヤグード(Yagudo) 巨人(Gigas) ゴブリン(Goblin)
アンティカ(Antica) サハギン(Sahagin) トンベリ(Tonberry)
ゴブリン(バグベア)(Bugbear) ゴブリン(モブリン)(Moblin) トンベリ(クリプトンベリ)(Cryptonberry)
マムージャ(Mamool Ja) ラミア(Lamia) キキルン(Qiqirn) トロール(Troll) メロー(Merrows) ポロッゴ(Poroggo)
巨人(ヘカトンケイレス)(Hecatonchires) トンベリ(ウォントンベリ)(Worntonberry)
ミーブル(Meeble)
ヴェルク(Velkk)
ビースト
(Beasts)
クァール(Coeurl) ダルメル(Dhalmel) ウサギ(Rabbit) 大羊(Sheep) 大羊(雄羊)(Ram) 剣虎(Tiger) ベヒーモス(Behemoth)
マンティコア(Manticore) オポオポ(Opo-opo)
バッファロー(Buffalo)
マーリド(Marid) 大羊(カラクール)(Karakul) ケルベロス(Cerberus)
ノール(Gnole) クァール(リンクス)(Lynx) 剣虎(スミロドン)(Smildon)
ベヒーモス(エラスモス)(Elasmoth) ケルベロス(オルトロス)(Orthrus)
ウサギ(ラピニオン)(Lapinion) イェズターグ(Yztarg)
ラズ(Raaz) 大羊(ルセーユ)(Lucerewe) 大羊(オヴィム)(Ovim) セフエジ(Cehuetzi)
ラズ(ファズ)(Faaz)
ヴァーミン
(Vermin)
(Bee) 甲虫(Beetle) クロウラー(Crawler) フライ(Fly) サソリ(Scorpion)
スパイダー(Spider)
アントリオン(Antlion) ダイアマイト(Diremite)
チゴー(Chigoe) ワモーラ(Wamoura) ワモーラ(幼虫)(Wamoura) 蜂(ペプレド)(Pephredo) クロウラー(エルカ)(Eruca)
レディバグ(Ladybug) ナット(Gnat) サソリ(スコロペンドリド)(Scolopendrid)
アントリオン(フォミセラス)(Formiceros) マンティス(Mantis) ダイアマイト(アルンデマイト)(Arundimite) ナット(ミッジ)(Midge)
ナット(クロックス)
チャプリ(Chapuli) トウィザリム(Twitherym) バズテヴィア(Bztavian) フルトゥリーニ(Fluturini)
モスキート(Mosquito) 鍬形(Lucani)
バード
(Birds)
コウモリ(Bat) 死鳥(Bird) コカトリス(Cockatrice) ロック(Roc)
ヒッポグリフ(Hippogryph)
アプカル(Apkallu) コリブリ(Colibri) コカトリス(ジズ)(Ziz)
アンフィプテレ(Amphiptere)
アンフィプテレ(サングィプテレ)(Sanguiptere) ロック(ガガナ)(Gagana) アプカル(イングーザ)(Inguza) コリブリ(トゥカリブリ)(Toucalibri)
ハルペイア(Harpeia)
トゥルフェイア(Tulfaire) ワクタザ(Waktza)
アモルフ
(Amorphs)
ヘクトアイズ(Hecteyes) リーチ(Leech) スライム(Slime) ワーム(Worm)
スライム(クロット)(Clot)
フラン(Flan)
サンドウォーム(Sandworm) スラッグ(Slug)
スライム(ボイル)(Boil) ワーム(エントゾアン)(Entozoon) サンドウォーム(ギガウォーム)(Gigaworm)
ブラマンジェ(Blancmange) フラン(ボチュルス)(Botulus)
リーチ(オブデラ)(Obdella)
アクエフ(Acuex) プロビッド(Plovid)
リザード
(Lizards)
トカゲ(Lizard) ラプトル(Raptor)
アダマンタス(Adamantoise)
ブガード(Bugard) エフト(Eft)
ウィヴル(Wivre)
ペイスト(Peiste)
ペイスト(シビルス)(Sibilus) アダマンタス(フェロマンタス)(Ferromantoise) ブガード(アビソブガード)(Abyssobugard)
エフト(タリチャック)(Tarichuk)
マタマタ(Matamata) ギャブラス(Gabbrath)
アクアン
(Aquans)
クラブ(Crab) プギル(Pugil) 頭足(Sea Monk)
ウラグナイト(Uragnite) プギル(ジャギル)(Jagil)
オロボン(Orobon)
ルスゾル(Ruszor)
クラブ(ポータークラブ)(Portercrab) オロボン(オーガーボン)(Ogrerbon) ウラグナイト(リマスカブラ)(Limascabra)
ケートス(Pteraketos)
クラックロー(Craklaw) ロックフィン(Rockfin)
プラントイド
(Plantoids)
キノコ(Funguar) グゥーブー(Goobbue) マンドラゴラ(Mandragora) マンドラゴラ(コリガン)(Korrigan) モルボル(Morbol) 樹人(Treant) 若木(Sapling)
サボテンダー(Sabotender)
フライトラップ(Flytrap)
モルボル(アムルタート)(Ameretat)
ラフレシア(Rafflesia) マンドラゴラ(リコポディウム)(Lycopodium) キノコ(カッパーキャップ)(Coppercap)
モルボル(プルボル)(Purbol) マンドラゴラ(アデニウム)(Adenium) マンドラゴラ(パキポディウム)(Pachypodium)
ラフレシア(ミトラステマ)(Mitrastema) ベラドンナ(Belladonna)
パノプト(Panopt)
リフキン(Leafkin) スナップウィード(Snapweed) イグドリア(Yggdreant)
アンデッド
(Undead)
ゴースト(Ghost) 屍犬(Hound) シャドウ(Shadow) シャドウ族(フォモル)(Fomor) スケルトン(Skeleton) ドゥーム(Doomed)
コース(Corse)
クトゥルブ(Qutrub) ヴァンピール(Vampyr) スケルトン(ドラウガー)(Draugar) ゴースト(ブフート)(Bhoot) ザ・フォールン(The Fallen)
カヒライス(Cyhiraeth)
コース(クマカトック)(Kumakatok) ヴァンピール(ストリゴイ)(Strigoi)
ナラカ(Naraka)
デュラハン(Dullahan)
アルカナ
(Arcana)
ボム(Bomb) カーディアン(Cardian) ドール(Doll) イビルウェポン(Evil Weapon) マジックポット(Magic Pot) ゴーレム(Golem) ミミック(Mimic)
スフィアロイド(Spheroid)
ボム(クラスター)(Cluster) スノール(Snoll) マメット(Mammet) オメガ(Omega) アルテマ(Ultima)
キマイラ(Khimaira) アクロリス(Acrolith)
ジン(Djinn) トーム(Sentient Tome)
カトゥラエ(Caturae) 鉄巨人(Iron Giant) キマイラ(クリソキマイラ)(Khrysokhimaira)
カトゥラエ(タビヤット)(Tabbiyyaat)
ゴーレム(ゴーレメイシュ)(Golemaish) マロリス(Marolith) マロリス(ミルリス)(Myrrlith)
デーモン
(Demons)
アーリマン(Ahriman) デーモン(Demon)
タウルス(Taurus)
インプ(Imp) ソウルフレア(Soulflayer) ドゥエルグ(Dvergr)
ガーゴイル(Gargouille)
ガーゴイル(ヴォドリガ)(Vodoriga) タウルス(ファルシタウルス)(Falcitaur)
アーリマン(アーコマン)(Akoman) ドゥエルグ(ドッカルファー)(Dokkalfar) ガルー(Gallu)
ドラゴン
(Dragons)
ドラゴン(Dragon)
ワイバーン(Wyvern) ウィルム(Wyrm)
ウィナフ(Wynav)
プーク(Puk) ハイドラ(Hydra) ドラゴン(ダハク)(Dahak)
ワイバーン(アヤッタラ)(Ajattara)
ウィルム(ジラント)(Zilant) プーク(ピープーク)(Peapuk) ハイドラ(アルファルド)(Alfard)
エレメンタル
(Elemental)
エレメンタル(Elemental)
ピクシー(Pixie) モノセロス(Monoceros)
ピクシー(ヴィーラ)(Veela) ベイルフィア(Baelfyr) ビルゲン(Byrgen) ゲフィルスト(Gefyrst) ウンゲウェダ(Ungeweder) ピクシー(アンシーリー)(Unseelie)
ピクシー(ダナイデ)(Danaid)
アンブリル(Umbril) ハートウィング(Heartwing) マスイル(Macuil)
ポークシー(Porxie)
エンプティ
(Empty)
ワンダラー(Wanderer) ウィーパー(Weeper) シーザー(Seether) シンカー(Thinker) ゴージャー(Gorger) クレイヴァー(Craver)
ルミニアン
(Luminian)
アーン(Aern) ユブヒ(Euvhi) ペミデ(Hpemde) フワボ(Phuabo) ゾミト(Xzomit) ヨヴラ(Yovra) ゴラホ(Ghrah) ゼデー(Zdei)
アルカイック
(Archaic)
ギア(Gear) ランパート(Rampart) チャリオット(Chariot)
ヴォラジアン
(Voragean)
クリオニッド(Clionid) リミュル(Limule) アメーバン(Amoeban) ミュレクス(Murex)

モンスタージョブ

獣人を除くモンスターは基本的に戦士に準じているようで、特定のジョブが設定されていないモンスターLv25以上になるとダブルアタックを使用してくる。
一部のモンスターには戦士以外のジョブが設定されていることがある。例えば獣人全般やマンドラゴラ族モンク)、クラブ族甲虫族ナイト)、スケルトン族戦士黒魔道士)など。基本的にそのジョブが有するジョブ特性を持っておりステータスもそのジョブに準じていることが多い*1
ただし、特殊な場合を除いてモンスターキラー*2フェンサー*3ジョブ特性を持たない。

ちなみに、一部のNMは複数のジョブの特性を有することもある。特にHNMクラスになるとそういったことが平気で行われているため非常に苦戦することになる。

モンスター相関関係

それぞれの種族には得意、苦手とする相手がいる。優位な側は相手に対してキラーの効果を得る。また、互いに苦手としており双方にキラーの効果が発生する組み合わせもある。
TheCreaturesofVanadiel.jpg;
  • 「素早き獣(Beasts)は、のろまなトカゲ(Lizards)に牙をたて、動かぬトカゲ(Lizards)はおろかな蟲(Vermin)をひと呑みにす。数多き蟲(Vermin)は草木(Plantoids)を食べ尽くし、長命の草木(Plantoids)は、死した獣(Beasts)に根を降ろす。」
  • 「天駆けし鳥(Birds)は、水棲(Aquans)の者を死地へと引き上げ、自在に泳ぎし水棲(Aquans)の者は、形無き者(Amorphs)をまとめて吸い込む。静かなる形無き者(Amorphs)は、休みし鳥(Birds)の体内を密かに蝕む。」
  • 「忌まわしき不死の者(Undead)は、まぶしき擬似生命の者(Arcana)を避け、作られし生命のもの(Arcana)は、かつて生命たりし者(Undead)を避けんとす。」
  • 「不死の龍(Dragons)は、死をもたらす魔人(Demons)を避け、魔を頼む魔人(Demons)は、魔の効かぬ龍(Dragons)を避けんとす。」

モンスターの挙動

NM,BF,アサルトなどでは特殊な挙動をするモンスターも存在するが、少なくともフィールドに存在する一般的なモンスターは、ある一定の法則に従い行動している。特殊な挙動については、各モンスターの項を参照されたい。

  • 出現待ち
    POP待ちとも。
    モンスターは倒されてから一定時間後に、決まった範囲内に黄色ネームで再度出現する。
    これにより、倒した直後はしばらく出現しないが、この性質を利用すれば
    「どの場所は後何分安全だから、もっと奥の敵を釣っても大丈夫だ」などの判断ができる。

  • 戦闘
    • 移動
      モンスターは周囲にプレイヤーが存在していなくても自立行動をしている。
      決められた範囲内をランダムにウロウロしたり立ち止まったりしているが、その移動方法も種類がある。
      1. できるだけ最短ルートをとるものもいれば、いきなり折り返したり無駄が多く予測し辛い動きをすることも。
      2. 立ち止まり時間、連続移動距離はモンスターごとに異なり、乱数が適応される場合も。

    1. 黄色ネーム
      いわゆる「絡む」状態。どのプレイヤーでもヘイト行動により占有状態にできる。
    2. 赤ネーム
      自分またはパーティがその敵を占有した状態。自分、パーティアライアンス以外は攻撃できない。
    3. 紫ネーム
      自分またはパーティ以外がその敵を占有した状態。アライアンスメンバーが占有しても紫になるが、こちらは殴れる。それ以外のプレイヤー攻撃できない。


  • 戦闘
    モンスターは以下の基準で行動する。複数実行可能の場合は、上側を優先する。
    1. ヘイトリストの一番上以外をターゲットしている場合、対象をそれに変更する。
    2. ターゲットと一定以上の距離があるならば、接近する。(※1)
    3. 魔法が使えるならば、魔法を行使する。
    4. 遠隔攻撃が使えるならば、遠隔攻撃を行使する。
    5. TPが使えるならば、特殊技を行使する。
    6. ターゲット射程範囲内ならば、オートアタックする。

ここで記した「使えるならば」の条件は少々複雑なので、各個リンク先にある「敵(モンスター)の~~」の項目を参照されたい。
※1 :
魔法遠隔攻撃が使えるならば、それが届く距離以上は距離を詰めないが、HPが70%以下になるとそれに関係なくオートアタックが届く距離まで詰める。

プレイヤー全滅、逃走、またはモンスター戦闘不能によって終了する。

  • 戦闘終了
    モンスターHPが尽きた場合、戦闘終了となる。
    名前が黒くなり、その場に倒れる(へたれる)ような動きをする。
    このとき、プレイヤー経験値ギルアイテムを手に入れる可能性がある。
    さらにしばらくすると、完全に消滅し、「出現待ち」に移行する。

プレイヤー全滅、または追跡不可能になったとき、戦闘前に移行する。
本体の行動範囲内から大きく外れると、その場で消滅して行動範囲内へ一定時間後にワープして現れる。
行動範囲内で戦闘解除した場合は、モンスタープレイヤーヒーリングのように10秒刻みでHPMP回復TPの減少が見られる。
無論、スリップダメージが残っていると阻害される。
プレイヤーヒーリングと異なり回復中も移動可能で、そのまま索敵に移る。

関連項目

】【】【】【亜種】【モンスター相関図
感知】【調べる】【ノートリアスモンスター
*1
後衛タイプなら防御力が低い、前衛タイプなら攻撃力が高い、ナイトタイプは硬いがアスピルMPが吸える、など。
*2
アクアン類クラブ族アモルフ類をひるませるが、アンデッドキラーの特性は持っていないので、アンデッド類をひるませることはできない。
*3
実装当初はモンスターにも有効となっていたが、強すぎると判断されたのか後に無効になった。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。