サンドウォーム(さんどうぉーむ/Sandworm)
モンスター種族の一つ。アモルフ類サンドウォーム族
Sandworm.jpg

三国周辺で見かけるミミズ……とは比較にならぬ巨体を持ち、地面に埋まっているのではなく足を持つ。

この種族に属する個体はSandwormLambton Wormなどがいる。また、アビセア-タロンギに通常配置されている。ギガウォームというさらに巨大な亜種も存在する。

設定

ガルカの古の伝承に登場する、冥界の砂漠に潜み、死者を食むという巨大な環形動物。
長らく空想上の生物と思われていたが、大戦中いきなり土中より戦場に現れ、数多の兵士を吸い込む事件が相次ぎ、実在が確認された。

→アルタナの神兵特設サイトより。

特徴

特殊技

名称範囲効果空蝉備考
ダストヴォイド前方範囲ダメージ+長距離ノックバック
脱衣(全部位)
消去
スラヴェラスゲイル前方範囲物理ダメージ
強スロウ悪疫
5枚
イオリアンヴォイド自身中心範囲風属性魔法ダメージ
暗闇静寂
消去
エクストリームパーゲーション自身中心範囲ステータス変化吸収消去
デシケーション自身中心範囲アビリティが使用済みになる貫通
ドゥームヴォイド自身中心範囲?別のBFに転送する貫通Sandworm固有WS
ゴージ自身中心範囲HP吸収
シェル等で軽減可能
ダメージは範囲内のPCで頭割り
消去一部NMのみ使用
ディスゴージ前方範囲土属性ダメージ
ダメージは範囲内のPCで頭割り
消去一部NMのみ使用
サイキサクション自己中心範囲HP吸収
+ 全ステータス吸収
ステータスダウンイレース不可
消去Ulhuadshiなど一部NMのみ使用
支援効果で無効化不可

他作品において

初代FFでは雑魚モンスターとして登場した。しかし特殊攻撃の「じしん」がパーティ全員に対する即死攻撃だったため、レベルが低いうちは出会ったら即逃げ対象のひとつだった。
FFIIでも登場して「じしん」を使用したが、こちらはパーティ全員へのダメージだったためまだマシだったと言えよう。
FFVではボスキャラとして登場しており、三つの穴を頻繁に出入りするためモグラ叩きのように戦わねばならない(誤って穴に対して攻撃を仕掛けるとグラビデによる反撃を受けてしまう)が、砂漠のボスであるため、砂漠の敵に対して高い効果を持つ青魔法アクアブレス」を使うとほぼ一撃で倒せてしまうという弱点があった。
また古典的なところではフランク・ハーバートの『デューン/砂の惑星』を思い起こす人もいるかもしれない。

関連項目

モンスター】【アモルフ
Copyright (C) 2002-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。