オルトロス(おるとろす/Orthrus)
ケルベロス族亜種
または、アビセア-アルテパに出現する同種族NM
NMの詳細については【Orthrus】項を参照。
ヴァナ・ディールでは、近東の地で目撃情報がある、不気味な三つ首の魔獣
アビセアのそれは、漆黒に染まった体躯からその亜種と思われる。
また、その黒々とした表皮は高温に保たれており近付く者たちを等しく焼き尽くす。
火炎を自在に操る姿から、爆炎犬とも呼ばれ恐れられている。

→アビセアの覇者特設サイトより

紹介文通り、真っ黒な体のケルベロス族
→アビセアの覇者特設サイトで先行公開された。

Orthrus.jpg

モンストロス・プレッジ

種族ジョブ
"オルトロス"ケルベロス族

習得Lvモンスタースキル効果消費TP備考
1ラヴァスピット対象の周囲の敵に火属性ダメージ1000
10サルファラスブレス対象に向かって扇範囲の敵に火属性ダメージ1200
30ユルレーション自身の周囲の敵に麻痺の効果。1200
50マグマホプロン自身にブレイズスパイクストンスキンの効果。1200
60ゲーツオブハデス自身の周囲の敵に火属性ダメージ
追加効果:バーン
2500
60アケロンフレイム自身の周囲の敵に火属性ダメージ
追加効果:バーン
3000

名称について

ギリシア神話に登場する黒い双頭の魔犬。
テュポーンとエキドナの子であり、ケルベロスは兄にあたる。一説ではエキドナと母子婚をし、ネメアの獅子(Nemean Lion)を産ませたともいわれる。
魔獣ゲリュオンの牧犬だったが勇者ヘラクレスに倒された。

オルトロスの爪の説明文を見る限り、ヴァナ・ディールにおいてもケルベロスとは兄弟の間柄のようである。

ファイナルファンタジーシリーズでは、初登場したFF6で強烈な個性を持つタコモンスターだったため印象に残っている人も多いと思われる。
FF6が馴染み深い人は「なんで頭足族じゃないんだ」と思う人がいるかもしれないが、出典からするとむしろタコであるほうが不自然である。
但し英語版FFVIで登場したさいはUltrosと表記されていたため苦しいながらも別物と言い張ることも一応は可能である。

関連項目

アビセアの覇者】【ケルベロス族
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。