ゴースト(ごーすと/Ghost)
アンデッド類モンスター種族の一つ。通称「お化け」「幽霊」。
邪悪な魂が何かの布切れにとりつき、誰かを呪い殺そうとさまよっている。

(書籍→ファイナルファンタジーXI ジョブ・マスターズガイド ver.050512 (The Playstation2 BOOKS)における設定より)

ゴースト

アトルガンエリアに生息する青色の亜種については【ブフート】項を参照のこと。

特徴

基本的な特徴は「アンデッド」の項を参照。

布に悪霊が取り付いたという設定のためドロップアイテムは布系の素材。一般的に高レベルのものほど高級な布を落とす。NM固有のドロップの場合は高価である。木綿布夜光布亜麻布絹布モブワ草布黄霊布赤霊布毛織物タフタ織物サーセネット織物チェビオット織物血染めの衣など。

特殊技

名称範囲効果備考
フィアタッチ近接物理物理ダメージスロウ
テラータッチ*2近接物理物理ダメージ攻撃力ダウンラーニング
エクトスマッシュ遠隔物理物理ダメージ
ダークスフィア近接単体闇属性ダメージ暗闇
グレーブリール自身中心範囲HP吸収
呪う自身中心範囲呪い
祟る自身中心範囲呪詛獣人60BF死生の苦輪」など一部NMのみ使用
スリープタッチ睡眠Slumbering Ghostなど一部NMのみ使用

対策

一般にゴーストは、物理ダメージカットや強力な黒魔法を唱えてくるなどの理由で、特別な理由が無い限りできるだけ相手にしたくない相手である。
また、出現するエリアでは、強さがそのエリアにおけるモンスターの平均的レベルよりかなり高めに設定されていることが多く、序盤のレベル上げパーティでは絡まれるとほとんど勝ち目は無く、また対策もほとんど無いため脅威となる*3
万が一襲われたら、エリアチェンジなどで逃げるのが最善で、パーティ外の助力が望めない場合、速やかに逃走を開始する必要がある*4
なお、逃げる際レベル15以上の黒魔道士が居るならば、精霊の印+バインドが比較的有効。バインドの特性上ダメージを与えると効果が切れてしまう事もあるので、襲われたら無理に迎撃などしようとせず、一目散に逃げ出すことが肝心。

フィールド上では夜間のみの出現であり、いきなり目の前に出現することもあるため、陽が落ちたら警戒を要する。
海岸、池など、水辺が出現ポイントに設定されていることが多い。

また、HPが低い状態におかないようにすることが重要。HPが減るほど、生命感知の範囲は広くなる。例えば、レイズ使用直後はHP瀕死状態なので特に周りに注意すること。

なお、ゴースト族アイススパイクを詠唱することが多いため、レベル差があって余裕と思って突っ込むと、麻痺により何もできないまま削られたり精霊魔法古代魔法で痛い目にあうことも少なくない。

関連項目

Ghost】【アンデッド】【ブフート
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
精霊の印を使ってもレジストされるほどだが、完全耐性ではなく、レジストハックも発動する。
*2
テラーの名を冠してはいるが、「テラー」の効果は無い。
*3
バルクルム砂丘Bogyが有名
*4
高レベルのゴーストになると、精霊魔法を使用するため、詠唱中にそれなりに距離を引き離すことが可能。よって、レベルが低い=精霊魔法詠唱時間が短いほど、逃走が困難といえるだろう
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。