ウィヴル(うぃう゛る/Wivre)
モンスターの一種。リザード類ウィヴル族
2007年3月8日のバージョンアップ実装された。

巨大な角と体躯を誇るサイのようなモンスター

それまでバフラウ段丘の一区画、タンジャナ小島にいたブガードウィヴル族に変更される形で実装された。その後、グロウベルグ〔S〕北グスタベルグ〔S〕アビセア-コンシュタットアビセア-グロウベルグモリマー台地などにも追加配置されている。

亜種ではないが、ステゴサウルスを思わせる骨板が背中に突き出している独自グラフィックの個体(特別なウィヴル族)もいる。

ウィヴル 特別なウィヴル

特徴


凶悪な外見にそぐわずその大部分はノンアクティブであり、リンクもしない。ただし、ナイズル島踏査指令アビセアアドゥリンエリアにはアクティブな個体も登場する。
オメガほか一部HNMのように、攻撃対象が攻撃の届く範囲にいれば方向転換を行わない特徴を持っている。ターゲット背後にいる場合は尻尾の槌で攻撃を行う。シーフならば、不意打ちリキャストごとに必ず成功し、アンブッシュ効果が常時得られるため、ソロでのスキル上げやちょっとした稼ぎ相手としては最適だろう。

ビシージミッションに登場するマムージャが騎乗したものはナイトタイプであり、また、遠隔攻撃を使用する。

ドラゴンリザード

戦利品のヘルプメッセージにある「鎧竜」の呼称などから、ドラゴン類なのだろうと推測されていたが、リザードキラーひるむという報告が挙がり、リザード類に分類される種族だと判明した。
現実世界で言う、トリケラトプスに代表される角竜類や、アンキロサウルスに代表される曲竜類(鎧竜)がモデルなのであろうか。恐竜は爬虫類であり、ゆえにリザード族ということなのであろう。もっとも、恐竜は恒温動物であり、爬虫類より鳥類に深く関係しているという説もある。

特殊技

名称範囲効果備考
バッターホーン近接単体?物理ダメージ
ノックバック
NMのものは前方範囲
デモラライジングロア自身中心範囲攻撃力ダウン(-50%)ラーニング
ボイリングブラッド敵自身ヘイスト(+25%)
バーサク(50%)
ヘイスト効果はスロウII
上書きする
グラニットスキン敵自身物理ダメージカットディスペル不可
前方限定
クロッバー自身中心範囲物理ダメージ
ノックバック
後方カウンター
ファイアアンゴン対象中心範囲火属性ダメージマムージャ騎乗タイプ
空蝉貫通
ブレージングアンゴン対象中心範囲火属性ダメージ
防御力ダウン(-50%)
ノックバック
マムージャ騎乗タイプ
空蝉貫通
クリップリングスラム対象中心範囲物理ダメージ
ノックバック
麻痺
エインヘリヤルのボス「Nihhus」、
花鳥風月NMDea」が使用
溜めが長い
バーニングメモリーズ対象中心範囲火属性ダメージ(大)
アムネジア
TP減少
マムージャ騎乗タイプ
上位ミッションバトルフィールドのみ
溜めが長い

ボイリングブラッド攻撃速度が目に見えて速くなる上に攻撃力も激増するため、バーサクによる防御力ダウンを差し引いたとしても即座にディスペルなどで消去しなければ非常に危険である。
ブレージングアンゴンの防御力ダウンは、防御力の最終値(プロテスアビリティ食事などの補正を加味した値)から平時防御力の5割に当たる値が固定でダウンする。バーサク中だと75%近い防御力ダウン状態になるため非常に危険。
種族として見ても非常にタフであり、防御力も高く、加えてデモラライジングロアに代表される厄介な特殊技を使用することもあって、倒すのにはどうしても時間がかかってしまう。このため、狩りの対象としては敬遠されがちな傾向にある。

モンストロス・プレッジ

種族ジョブ
ウィヴル族
特別なウィヴル族

習得Lvモンスタースキル効果消費TP備考
1グラニットスキン自身にガード効果アップ1000
10デモラライジングロア自身の周囲の敵に攻撃力ダウンの効果。1000
20バッターホーン対象に向かって扇範囲の敵に物理攻撃
追加効果:ノックバック
1500
30ボイリングブラッド自身に攻撃力アップ防御力ダウン攻撃間隔短縮の効果。1500
40クリップリングスラム自身の周囲の敵に物理攻撃
追加効果:ノックバック麻痺
2000

出典

ウィヴルはフランスの伝説に伝わるドラゴンの一種。角を持つ大蛇といった姿をしている。人を襲うが、服を脱ぐことで襲撃を避けられるとされる。
ワイバーン(wyvern)と同系統のドラゴンであり、Guivreと同一視されることもある。

関連項目

モンスター】【リザード】【タンジャナ小島】【マムージャ蕃国】【Lancelord Gaheel Ja
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。