ダハク(だはく/Dahak)
ドラゴン族亜種の一つ。拡張ディスクアトルガンの秘宝」と共に追加された。

オリジナルエリアドラゴンとは明らかに異なる、赤い体色をしている。そのため当初はレッドドラゴンなどと呼ばれることもあった他、思わずNMと勘違いしてしまう冒険者も多かったようだ。

ゼオルム火山西部のボゾルド島や、レベロス風穴ナイズル島などアサルト作戦領域に生息する。また、過去エリアにも出現する。
Dahak

特徴

違いは体色だけではなく、使用特殊技にも表れている。従来のドラゴン族が使用する凶悪な特殊技はそのままに、対象の強化魔法を全て消す「無の歌」が、強化全消しの上にダメージまで発生する「負の歌」にパワーアップしている。
静寂状態にすると~の歌とつく特殊技を封じることができるが、代わりに150TP/3secのリゲインが発生するという特徴を持つ。また、水属性ダメージを受けるとTPが非常に蓄積されにくくなる。エンウォータ状態で殴っていると死ぬまで一切特殊技を使用しないほどだが、TPが極めてたまりにくくなっているのか、TPが減少しているのかは追加の検証が待たれる。

また、原種ドラゴン族はどの属性攻撃にも万遍なく強く、弱点耐性は存在しないが、ダハクへの連携ダメージ溶解50%、振動85%、その他70%となっており*1、火に強く水に弱い特性になっている。

ボゾルド島Dahakはレベルだけなら82~83とイフリートの釜に出現するAsh Dragon(レベル82)を凌駕している。もちろん向こうはHNMと呼ばれるだけあってその強さは段違いなのだが、Lv75キャップ時代Dahakは通常の雑魚敵としては最強クラスの強さを誇っており、戦闘においては細心の注意を要していた。

アイテムレベル装備フェイス実装された現在では、どのジョブでも楽に討伐が可能になっている。

ボディプレスラーニング

特殊技が凶悪なのでできればやり合いたくはない相手なのだが、青魔法ボディプレスラーニングするためには事実上ダハクに挑むしかなかったため、青魔法コンプリートを目指す青魔道士たちは死に物狂いでこれらと戦い、死体の山を築きあげるということも珍しくなかった。
多彩な技を持ちボディプレスを使うまでひたすら耐えても結局使わずに終わる事も少なくないこの敵だが、上記に有る通りサイレスをかけてしまえば歌を使用しなくなりTP技を連発し出すのですんなりとボディプレスを連発するようになってくれる。…但し、その猛攻に耐えられないレベルの人がPTに混じって居る場合はくれぐれも離れて居るように徹底しないと覚える前に<死><残念です>と言う事に成るので注意が必要だった。

レベルキャップが上昇したことでソロでのラーニングも容易にはなったが、使用可能レベルのLv62でラーニングしたいなら高レベルの協力者が必要となる。

幸いにも、ラーニングできる確率は若干高めのようだ。

名称について

名前の読み方は諸説あったが、→ファイナルファンタジーXI リーダースタイル (The PlayStation2 BOOKS)モンスターの読み方が掲載されたことから、とりあえず「ダハク」で落ち着いている。

出典はゾロアスター教のアジ・ダハーカ(Azi Dahak)が元になっていると思われる。
アジ・ダハーカとは、悪神アンリ・マンユが生み出した「最強の邪悪なもの」と呼ばれる3頭、3口、6眼の強大な竜のことで、虚偽の女悪魔ドゥルジに所属する存在だともされる。バビロンのクリンタ城を住処とし、その体内には無数の害虫(ムカデやサソリ)を棲まわせている。その口からは毒や炎を吐き、さらには千種類にも及ぶ魔法を操る。その力を以って、アンリ・マンユに敵対する最高神アフラ・マズダの被造物を破壊する。

なお、アジ・ダハーカとは『ダハーカのドラゴン』と云う意味で、『アジ』とは『災厄を招く竜』を指す。また、双蛇の魔王「ザッハーク」の配下であるとも、「ザッハーク」自身であるとも言われる。

関連項目

ゼオルム火山】【ボゾルド島】【ドラゴン族】【ボディプレス】【ザッハーク
Copyright (C) 2002-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
外部サイト「英雄なき時代の英雄」より
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。