アーリマン(あーりまん/Ahriman)
モンスター種族のひとつ。デーモン類アーリマン族
もしくはその種族に属するモンスターの一個体「Ahriman」を指す。
2002年5月16日のサービス開始と同時に実装された。*1

  アーリマン
Copyright (C) 2002-2009 SQUARE-ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved.

巨大な一つ目に巨大な口、コウモリのような二つの翼と、典型的な使い魔の姿をしているモンスターである。
ヴァナ・ディールにおいてはフォルガンディバルドニアなど北方の寒冷地にのみ生息する。

三国ドラゴンミッションでは人語を話し、公式サイトの読み物「闇百合の魔女」では闇の王の側近を称するなど高い知性が見受けられるが、どうやら獣人というわけではないようだ。
三国ミッションでのイベントシーンにおいて敵側サイドにおける策士的な立場であることが垣間見える。アルタナ以降に実装されたミッションにおけるイベントシーンではインプ族がその役割を担っており、アーリマンたち自身は戦場での活躍が多くなっているようだ。
クエスト解明への灯」や「栄誉と背反」、バトルフィールド模倣魔」に見られるように、人間など他の生き物に変化することも得意としている。

通常の個体は黄色だが、デュナミスなどでは灰色の個体も生息している。また、アーコマンという紋様の入った亜種も存在する。

特徴


高度な黒魔法を使ううえ、魔法攻撃静寂への強固な耐性を持つ。属性耐性を持つため、スリプルも入りにくい。
基本的にINTが高い為に、耐性がない筈の光属性ララバイシープソングであっても魔命を充分に確保して置かないとレジストされる可能性が高いと言う厄介な相手である。
格下であってもその豊富なINTと元々の魔命の高さからアイズオンミーが異様な脅威となっている。*2

かつてズヴァール城外郭地下通路のAhrimanがレベル50台後半のレベル上げに使われた時期もあったが、新規狩り場の開拓が進んだこと、脅威度への認知が充分に広まったことなどから、今では見向きもされていない。
通行人の立場ではできるだけ避けて通りたい相手ではあるが、ドロップアイテムの多くが錬金術素材として有用であり、競売所での取引も盛んであることから、素材狩りによる金策の対象としてはわりとポピュラーである。

特殊技

名称範囲効果空蝉消費備考
ブラインドアイ近接単体物理ダメージ暗闇1枚
アイズオンミー遠隔単体闇属性ダメージ(強)
レジスト至難
貫通ラーニング
催眠術前方範囲睡眠貫通視線判定
マインドブレイク前方範囲MPmaxダウン(50%)貫通視線判定
バインドウェーブ自身中心範囲
(PT外含む)
バインド貫通
レベル5石化対象中心範囲Lvが5の倍数のPC石化
レジスト至難
貫通
エアリーシールド敵自身遠隔物理バリア
マジックバリア敵自身魔法バリアディスペルフィナーレ不可
ラーニング
モノキュラースカウル単体強化全消去Pyracmon専用技。視線判定。
シャックリングクラウト単体ダメージ
バインド
牢屋に飛ばされる
貫通Watcher(MMM第2営業部NM)専用技
デスリーグレア前方範囲視線を合わせていると即死
外していればダメージ
貫通Aeshmaなど一部NMのみ使用
レベル3石化中心範囲Lvが3の倍数のPC石化貫通Aeshmaなど一部NMのみ使用

ダメージ状態異常強化とバラエティーに富む。ブラインドアイマインドブレイクは溜めが長いため、ある程度対処が可能。

ただしレベル倍数石化は非常に厄介。石化してしまうと為す術もなく、いかに格下相手といえども非常に危険である。

過去シリーズでのアーリマン

FINAL FANTASY IIIにて登場し、以降の多くのシリーズにモンスターとして登場した。
その多くが物語の最後に訪れるダンジョンに現れる為か、殆どの場合相手を即戦闘不能にする技を中心にした強力な技を使う。

初出のFFIIIでは、ラストダンジョンのボスキャラクターとして登場。戦闘開始の1ターン目に「メテオ」を使用され、プレイヤーの強さによってはいきなりパーティが壊滅状態に陥ってしまう。数時間かけてたどり着いたラストダンジョンの奥で全滅など、その数時間がパーになってしまう精神的ショックはすさまじかった。同じくラストダンジョンのボスで、カンストダメージを連発する「2ヘッドドラゴン」と合わせて、アーリマンは初期のFFの高難度っぷりを象徴する恐怖のボスキャラクターだった。

また、シリーズのアーリマンが使用する技の中に、相手を死の宣告状態にする技、その名もずばり「死の宣告」という技があったが、FFXIにおいては死の宣告状態にする技は、タウルス族ラミア族NMなど、他のモンスターが使う。

出典

ゾロアスター教において、悪神ダエーワの頂点に立つ最大の悪神にして創造神。
Ahriman[アーリマン(アフリマン)]は英語並びにパラフヴィー語での読み方であり、アヴェスター語での正しい表記はAnra Maiyu[アンラ・マンユ(アングラ・マイニュ)]である。
ちなみにこのAnra Maiyu(Angra Mainyu)の名を持つアーリマンデュナミス-ボスディンに強力なボスモンスターとして出現する。

関連項目

モンスター】【デーモン】【模倣魔】【Angra Mainyu
*1
ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団公式 十年事典より。
*2
lv99でも直撃を受ければ軽くHPMAXの1/3を一撃で持って行かれるので、楽相手であってもHPが減ったままで油断をすると即死の可能性が付きまとう。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。