アプカル(あぷかる/Apkallu)
モンスターの一種族バード類アプカル族
2006年04月18日のバージョンアップ実装された。
近東の島々に群棲する飛べない海鳥。
地上では短い脚でヨチヨチ歩きしかできないが、海中ではヒレと化している翼を用いて、まるで空を飛ぶように高速で泳ぎ、魚介を捕食することができる。
近東の人々に「の賢者」と呼ばれて大切に保護されてきたためか、人間を怖れず誰にでも愛嬌を振りまくらしいが、ひとたび怒らせてしまうと……

→公式:アトルガンの秘宝・特設サイト】より

アプカル族

捕食して生活している体の色が黄緑なペンギンである。
リアルのペンギン同様、ヨチヨチと歩く様などが可愛らしいと言えるが、密かにギョロっとした目つきをしており(しかも黒目の無い白目)、間近で見ると怖い。
主にアラパゴ暗礁域の岩場とゼオルム火山の断崖に多数見受けられる。
また、アビセア-ミザレオにも生息する。なお、アビセア-ミザレオに生息するアプカルは後述の硬化及び挙動の変化が見られない。*1
通常はノンアクティブであるが、ある条件下でアクティブに変化する。詳細は後述。

また、青灰色の羽毛に立派なたてがみを持つイングーザという亜種も存在する。こちらはマリアミ渓谷に通常配置されているが、こちらに硬化や挙動の変化が起きるかは不明。

特徴


ブラインパライズスロウスリプルは有効。グラビデは無効。
通常時はバインド有効だが、逃げ出すとバインドは無効になる。


NPCアプカル

アプカルの中には緑ネームポップする個体がいる。

このアプカルは大型魚をトレードすることでそのプレイヤーについてくるようになる。ただし、ついてくるだけで戦闘には加勢してくれない。

ただし、どんな大型魚でも良いわけではない。これについては、受け取ってくれるのはサイズ表示のされた大型魚のみで、1度大型魚をトレードしたらそれ以上に大きい魚でないと受け取ってくれないという説がある。なお、エリアチェンジなどしてもアプカルはそのプレイヤーのことを覚えている。

この際怨みが緩和されるのではないかとも言われているが、他の黄色ネームアプカルを倒すと緑ネーム黄色ネームに変化することがあり*4、こうなると1度倒してしまわないと緑ネームではポップしない。

このようにアプカルを狩りまくっているとすぐに緑ネームアプカルはいなくなってしまうため、現実的には大型魚をトレードしながらアプカルを狩るのは難しいと言えるだろう。

船上のアプカル

銀海航路の甲板に居るアプカルを倒すと、通常ポップと異なり海からジャンプして甲板に腹から滑り込んで来る個体がいる。このアプカルヘイトを共有しており、黄色ネームのままPCに絡んでくる。更に1度きりではなく、目的地到着まで複数回飛び込んでくるオマケ付きである。ヤーンで寝かされて、その頭上にNMポップ等の事故には、ご注意を。

アプカルを取り巻く状況

前述の特殊な性質上、同時間に狩場がかちあっていなくとも、直前の狩り状況次第では獲物はいても狩りが困難になる可能性がある。
これは実装当初からの仕様ではあるのだが、もともとあまり積極的に狩られるものではなかったため、問題にはなりにくかった。
しかしメイジャンの試練実装後、アプカル族が対象モンスターとなったことから狩る機会・人口が激増、結果的に問題が表面化することとなった。

時にプレイヤーの間に軋轢を生むことがあり、なんらかの修正、もしくは救済手段を求める声が上がった結果、メイジャンの試練の対象からアプカル族が外されるという事態になった。但し、バード類としては現在も対象である。

特殊技

名称範囲効果空蝉備考
ヤーン視線内範囲睡眠貫通ラーニング可能
ビークランジ近接単体物理ダメージ
ノックバック
1枚
クールダンス視線内範囲麻痺貫通
ウィングスラップ近接単体ダメージスタン4枚
貝独楽前方範囲ダメージ複数
ホワイトアウト自己中心範囲ダメージ
+呪い
+睡眠
消去IsarukitsckなどイングーザNMのみ使用
呪い回復不可タイプ

最初はヤーンしか使用しないが、撃破数が増えていくにしたがい、ビークランジウィングスラップと使用技が増えていく。ヤーンクールダンスは後ろをむくことにより回避できる(前方範囲ではなく、「対象が視線技の使用者の方を向いていれば効果が発揮され」、ターゲットを取っているかどうかは無関係であることに注意)。

出典

アプカル(Apkallu)はメソポタミア地方の伝承における7賢人。
エア神*5の側近であり、時の始まり、大洪水以前より存在するとされる。
翼を持つ男性の姿で描かれるが、鷹の頭や魚の下半身を持つ者もいる。

FFXIでは「の賢者」と呼ばれる辺りに由来の片鱗が見られる。

モンストロス・プレッジ

種族ジョブ
アプカル族

習得Lvモンスタースキル効果消費TP備考
1ヤーン自身の周囲の敵に睡眠の効果。1000
10ビークランジダメージ補正200%。追加効果:ノックバック1200
20クールダンス自身の周囲の敵に麻痺の効果。1000
30ウィングスラップ4回攻撃追加効果:スタン1500
40貝独楽自身の周囲の敵に4回攻撃1500

関連項目

モンスター】【バード】【イングーザ
*1
アビセアアプカルは一切硬化も挙動の変化も起こらない別仕様種のようである。最初から全技を使用可能で、ノンアクティブリンク属性となっている。
*2
ホーネットニードルのように威力は低いが手数の多い武器で戦ってみるとわかりやすい。
*3
硬化しすぎて戦うのが辛いと感じてきたら別のエリアに移動するのもひとつの手だろう。
*4
100%変化するわけではなく、3匹倒しても緑ネームのままだったという報告もある。詳細な条件は不明。
*5
バビロニア神話における知恵の神。サルベージではこの名を冠した装備を入手できる。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。