グゥーブー(ぐぅーぶー/Goobbue)
モンスター種族の一つ。分類はプラントイド類グゥーブー族

グゥーブー

まるでサンショウウオのような顔つきの通り、→公式サイトでは両生類と紹介されているが、本体は頭に生えている寄生植物であるため、プラントイド類に属する*1

その外見から一般的にはドーモくん、古参のPCからはヌリカベといった愛称で呼ばれる。また、→公式サイトのコンセプトアートを見る限り、開発段階ではグリーンジャイアントという名前だったこともあるようだ*2

棲息エリアパシュハウ沼ロランベリー耕地聖地ジ・タボヤーダ樹だが、BFNMデュナミスで会う事もできる。
ある程度緑があり、湿った地域に生息するようだ。FarmerやGardenerの名を冠するところから、森の番人としての位置づけがあるのだろうか。また、ロランベリー耕地グゥーブーは、害虫であるクロウラーから農作物を守るために、人間によってあやつられており、収穫まで行っている*3PCにはあやつれないことを考えると、獣使いにはまだ冒険者に明かされていない技術があるのかも知れない。

なお、聖地ジ・タボヤーダ樹NMグゥーブー両手刀大般若」のドロップモンスターである。取得クエスト樹人族NMが出たりすることから、木々と侍の間に深い関係があるのだろうか。なお、FFXIのプロモーション映像ではマンドラゴラをつまんで食している映像が流れた。この光景は後にグゥーブーの像としてゲーム内でも見られるようになっている。

主な生息地主なモンスター
パシュハウ沼Goobbue,Jolly GreenNM
ロランベリー耕地Goobbue Farmer
聖地ジ・タGoobbue Gardener、Keeper of Halidom(NM)
ボヤーダ樹Old Goobbue、Elder Goobbue、Ancient Goobbue(NM)

特徴


グゥーブー族はすべて聴覚感知かつアクティブであり、獲物を見つけるとその大柄な体格を生かした強烈な一撃系特殊技を繰り出してくる。また、状態異常を引き起こす特殊技も使ってくるため、事故が起こりやすい敵といえる。ただ、攻撃間隔は320と一般的なモンスター攻撃間隔である240よりも長いため、忍者との相性は良いとされている。

ドロップ品に謎の樹木の挿木ボヤーダ苔などがあるため、ソロで狩ることができる聖地ジ・タのGoobbue Gardenerは素材狩りの対象として人気がある。

特殊技

技名範囲効果空蝉備考
アッパーカット近接単体物理ダメージノックバック1枚ラーニング可能
虚ろな眼視線内単体麻痺貫通
逆位相波自身中心範囲静寂貫通
ビートダウン近接単体物理ダメージバインド1枚
ブロー近接単体物理ダメージスタン1枚
アトラクタント範囲魅了貫通Nant'inaLost Nant'inaなど一部NMのみ使用
芽生え単体コスチュームマンドラゴラJoyous Greenなど一部NMのみ使用

グゥーブー族が使用する特殊技のうち、特にインパクトが強いのがアッパーカットだろう。
グゥーブーダブルアタック特性も有しており、【ダブルアタックアッパーカット】のコンボに加えてアッパーカットダブルアタックが乗ると、それだけでHPを10割持って行かれることもある。特にHPが少なくなってからの特殊技即撃ち状態で乱れ撃ちなどの与TPが多い攻撃を行うと、逆位相波虚ろな眼から上記コンボを撃ってくることがある。

モンストロス・プレッジ

種族ジョブ
グゥーブー族

習得Lvモンスタースキル効果消費TP備考
1ビートダウンダメージ補正200%。追加効果:バインド1000
10アッパーカットダメージ補正300%。追加効果:ノックバック1500
20ブロー物理攻撃追加効果:スタン1000
30虚ろな眼対象に向かって扇範囲の敵に麻痺の効果。1200
40逆位相波自身の周囲の敵に静寂の効果。1300

その他

FINAL FANTASY XIVでは、チョコボに次ぐ第二の乗り物としてこのGoobbueが登場した。頭に絨毯を敷き、その上に座る形になっている。

関連項目

プラントイド】【ドーモくん】【拳闘士の獲物】【グゥーブーの腐葉土
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
植物に寄生された両生類の成れの果てである。
*2
名称がグゥーブーになった現在でも、Jolly GreenというNMにその設定の名残がある。
*3
→Vana'diel Tribune II No.07「知られざる視線」より。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。