クリソキマイラ(くりそきまいら/Khrysokhimaira)
アルカナ類キマイラ族亜種
山羊の角を携えた獅子の頭を持ち、隆々とした筋肉質の胴体に、サソリの尻尾。
背には巨大なコウモリの翼
様々な動物の特徴を併せ持つ巨大な魔獣
噂では、合成獣と呼ばれる人工生物らしいが……?
雷を自在に操り、その姿から雷獣とも呼ばれる。
硬質化した皮膚が、黄金に輝く鎧にも見えるのが特徴。

→アビセアの覇者特設サイトより

黒い体表に手足や尾の先、顔面などが金のような質感になっていて、金の首飾りのようなものをつけている。
→アビセアの覇者特設サイトで先行公開された。

クリソキマイラ

ゲーム内ではアビセア-ウルガランに出現するノートリアスモンスターApademakが登場している。

名称について

Khrysoは古いギリシャ語で「金の」という意味で、宝石クリソベリルの語源にもなった言葉。
皮膚のところどころが金のようになっていることや「黄金に輝く鎧にも見える」という設定に由来する名称と思われる。

関連項目

アビセアの覇者】【キマイラ族】【亜種
Copyright (C) 2002-2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。