Archaic Mirror(あるかいっくみらー)
マムークハルブーンアラパゴ暗礁域アトルガン獣人拠点に出現する鏡の形をした物体。これを指して「古鏡」という場合もある。

特徴


Archaic Mirror:マムーク Archaic Mirror:ハルブーン Archaic Mirror:アラパゴ

ビシージへの影響

一見わけのわからないこのオブジェクトだが、実はビシージにおける蛮族軍の兵力上昇を助ける力と、皇都攻略時に各種強化の恩恵を蛮族軍にもたらしてしまい、それらは行軍開始時には既に反映されてしまっている。

言い換えればこれを破壊することで、当該獣人拠点の兵力上昇を抑えつつ弱体出来るので、皇都への到着時間と開戦時の強さをある程度調整する事が可能。鏡による強化は主に物理&魔法攻撃力防御力回避率に現れているらしく、全存と全壊とではビシージでの敵の強さに差が出てくる

Archaic Mirror獣人拠点に存在するか否かはメニューのリージョン情報ビシージ(あるいはテキストコマンド/besiegemapを実行する)から開かれるマップ上の各蛮族拠点リージョンにカーソルを合わせることで表示される古鏡の数で判別することができる。

Archaic Mirrorを撃破するとRare Exつきのアイテム古鏡」をドロップする。これをアトルガン白門アルザビナシュモ皇国軍士官トレードすると、報酬として皇国軍戦績を1000ポイント得ることができる。敵地まで赴く必要があり一個しか所持できないので、ビシージ参戦に比べると効率的な皇国軍戦績稼ぎとは言い難いが、いつでも戦闘・入手できるメリットはある。

なお鏡だけを破壊しても護衛NMはしっかり残る。さらに鏡も最速だとリアル1.5時間ほどで復活する。

バージョンアップ履歴

アトルガンの秘宝リリースと同時に実装されたシステムだが、当時はもともと蛮族軍の兵力上昇速度が遅く、Archaic Mirrorの出現間隔も長く、その兵力上昇効果も小さかった。
報酬皇国軍戦績もわずかであったため冒険者からも相手にされず、機能していないシステムと言っても過言ではなかった。

2006年4月25日のエリアメンテナンス作業により、鏡を破壊することで当該獣人拠点の兵力を減らすことができなくなった。

2006年7月25日のバージョンアップビシージ全般にてこ入れがなされ、Archaic Mirrorの出現間隔が短縮・耐久力が上昇し、また見破りを持つ獣人NM2匹を周囲に護衛として従えるように変更された。これによりソロでの破壊が困難となった上、同時に報酬皇国軍戦績を減少させるという締め付けもあったため、鏡が放置される状況に拍車をかけた。
このことによる弊害としてArchaic Mirrorのある場所を素通りすることが困難となり、採掘伐採クエストなどをソロでこなそうとする冒険者たちにとっては迷惑極まりない障害と化した。特にコルセアを巡るクエストでは通り道にArchaic Mirror沸く設定であったため、その難易度が大幅に上昇し冒険者から疑問の声が上がった。

2006年8月2日の追加バージョンアップアラパゴ暗礁域Archaic Mirrorの場所が変更され、裏パッチとして護衛NMから見破り能力が削除された。

2006年10月19日のバージョンアップで再び出現間隔が延長され、ならびにArchaic Mirrorの数がビシージ防衛戦におけるモンスター防御力に影響を及ぼすようになった。

2011年9月20日のバージョンアップで、Archaic Mirrorドロップする「古鏡」を皇国軍士官トレードした際に得られる皇国軍戦績が、200→1000ポイントに改定された。

Lv75キャップ時代Archaic Mirror破壊

Lv75キャップ時代は、多くの冒険者にとって護衛に倒される危険を賭してまで(あるいは、わざわざメンバーを集めてまで)破壊するメリットは薄いものと認識されていた。

それでも古鏡の有無は防衛難易度の差、ひいては魔笛の有無に繋がるので、ビシージに熱心なサーバーでは継続的な鏡割り活動が行われていた。ジョブによっては行軍開始直前に全ての鏡を割って回るのは時間がかかるため、必要なときに簡単に割れる状態に調節しておく作戦もあった。

ソロ破壊工作を行う場合に適したジョブ獣使い召喚士と云われていた。以下はLv75キャップ時代の戦法である。

獣使いサポ獣

古鏡は、非戦闘状態によるリジェネ効果とでも言うべき自動回復を持たない。それを利用し、ペット攻撃ログアウトの繰り返しで可能。ただし、1枚あたり30分以上はかかると言われる。
他にも囮を使った破壊も可能。鏡NMは雑魚同様に同種族リンクするのでこれを利用する。
手順としては、以下のとおり。
  1. 鏡近くにいる雑魚にペットをぶつける。
  2. ヘイトを稼がなくなる距離を取ったらもどれ、すぐにインビジ等の知覚遮断魔法をかける。
  3. ペットタゲっている雑魚を利用して鏡護衛NMリンクさせる。
  4. できるだけ鏡のある場所から引き離した後、最初に攻撃した雑魚にたたかえ
  5. その間に鏡の場所までダッシュ。
    当然袋叩きにあっているペットは倒されるが、その頃には十分に距離はとれているだろう。護衛NMイリュージョンしないので定位置に戻るには時間がかかる。
  6. 近くにいるモンスターを操るか、汁ペットを呼び出す。
  7. 鏡にペットをぶつける。

周りにアクティブな敵がいなければ、マスターも殴っても可。鏡のHPは4、5000なので75近くのペットならあっさりと破壊できる。当然最初にぶつけた雑魚+リンクした分だけは戻ってくるので広域スキャンで確認して、エリチェンするか寝かしで凌ぐか判断する必要がある。

なお、引き離した後なら鏡を一方的に殴っていても護衛NMは反応せず、鏡を守りに戻らない模様。傍からみるとマヌケである。

からくり士

からくり士ソロでの破壊は魔法戦フレーム射撃戦フレームを使用した「出し入れ」を利用する。
魔法戦フレームでは以下の手順を繰り返し行なう。
  1. アクティベート実行。
  2. マニューバ使用。
    バイオならばライトマニューバまたはダークマニューバ精霊ならばアイスマニューバ
    Archaic MirrorHPが半分以下になるとバイオを使用しなくなるため、精霊のみでの削りとなる。
  3. Archaic Mirrorディプロイ
  4. 魔法着弾後、護衛NM攻撃される前にディアクティベート

注意点としては護衛NM遠隔魔法を使う場合はディアクティベート前に攻撃を受けないようにすること。

関連リンク

ビシージ】【古鏡】【マムーク】【ハルブーン】【アラパゴ暗礁域
Copyright (C) 2002-2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。