ケートス(けーとす/Pteraketos)
モンスターの一種族アクアン類ケートス族

巨大な鯨のような姿をしたモンスターヴォイドウォーカーBismarck」として2012年3月27日のバージョンアップで追加された。

ケートス

特徴


通常攻撃鉄巨人のように範囲攻撃であり、追加効果麻痺スロウ防御力ダウンTP減少のいずれかが付加されている。また後方からタゲを取るとテラー付きの通常攻撃を行う。

特殊技

以下の特殊技を使用する。

名称範囲効果空蝉備考
ブローホールブラスト自身中心範囲ダメージ麻痺その場で一回転してジャンプ電撃が襲う
ウォータースパウト前方範囲ブレスダメージ+全ステータスダウン噴気孔から放水
エコーロケーション前方範囲ダメージ静寂口から音波を吐く
ベイリーンガージ自身中心範囲HP吸収状態異常回復周囲の水を飲み込む
コーダルキャパシター自身中心範囲スタンショックスパイク帯電+周囲に放電
ザーシーブロウズ前方範囲即死口から放電+噴気孔から放水。HP50%から
アングリーシーズ自身中心範囲ダメージヘヴィ脱衣装備変更不可その場で一回転してジャンプ、津波が襲う。HP40%以下から?
ディープシーダージ自身中心範囲物理ダメージアムネジアその場で一回転してジャンプ衝撃が襲う
デプスチャージ前方範囲ダメージショックノックバック口から放電
エーテリックプル範囲MP吸収灰色の個体のみ使用
自身ドレッドスパイク-ドレッドスパイクは解除不可
ネクロティックウェーブ灰色の個体のみ使用

名称について

実装当初は種族名称が明言されていなかったが、Bismarck戦利品海帝の皮)のテキスト中にBismarckを指してケートスという言葉が使われているため、Bismarck種族ケートス族であると推測されていた。

その後、2013年3月に発売された→ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団公式 十年事典にてケートス族であることが確定している。

出典

ケートスはギリシャ神話に登場する海の怪物。

エチオピアの王妃カシオペアが自分(もしくは娘のアンドロメダ)が海の娘達よりも美しいと吹聴したためにポセイドンの怒りを買い、エチオピアに差し向けられた。

ケートスが生贄に捧げられたアンドロメダを食らおうとしたところにメデューサ退治の帰途についていた英雄ペルセウスが通りがかり、メデューサの首を使ってケートスを石に変えてしまったという。

なお、英語版テキストではケートスにPteraketos(pteraは「翼」という意味)という語が当てられている。現実世界のザトウクジラは全長の1/3にも達するその巨大な胸ビレから「Megaptera(巨大な翼)」という学名が与えられており、こちらも同様の命名なのかもしれない。

ヴァナ・ディールでは他にペミデ族NMアビセアHNM)のKeteaプギル族NM特殊訓練NM)のKetosなどが同じ由来を持つ。

関連項目

Bismarck
Copyright (C) 2002-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。