アメーバン(あめーばん/Amoeban)
モンスターの一種族ヴォラジアン類アメーバン族2010年9月9日のバージョンアップ実装された*1
アビセアに生息する異形の軟体生物。
ヴァナ・ディールのどの種族にも類似しないため独自の進化形態から派生したと思われる。
アビセア全土を襲った謎のモンスター群の一種。
アビセア特有の他新種族と同じく、その生態は不明。
見た目通り、得体の知れない生物であり行動も不規則で予測がつかない。
→アビセアの死闘特設サイトより

名称からはアメーバが元ネタなのだろうが、その姿は6本足の頭の無いクラゲタコのような姿をしており、いわゆるアメーバっぽい姿とは言いがたい。

アメーバン

特徴


基本的にノンアク・ノンリンクだが、夜間アクティブとなる。アクティブになる時間は月齢で変動する。詳細は【ヴォラジアン】項を参照。

ストーンバイオなどの系の精霊魔法暗黒魔法スリプガなどを使用する。
また通常モンスターとしては珍しくタイプの上位個体および通常個体はドレッドスパイクを使用するため、要注意。

非常に厄介な特殊技を持っているため、乱獲の対象に選ばれることはまずない。
特に上位個体が使用するヌクリアスインプロードは凶悪の一言で、大人数で取り囲むとこればかり連発されて全滅することもしばしば。

物理ダメージカットを有し、魔法詠唱中は被ダメージがアップする。

特殊技

名称範囲効果空蝉備考
オスモーシス前方範囲HP吸収強化吸収貫通ラーニング可能
バキュルディスチャージ前方範囲ダメージ麻痺ノックバック貫通
ヌクリアスインプロード自身中心範囲HP吸収強化複数吸収
+全アビリティが使用済みになる
貫通上位個体のみ使用

由来

アメーバン(Amoeban)は「アメーバの、アメーバのような」という意味。アメーバは単細胞で基本的に鞭毛や繊毛を持たず、仮足で運動する原生生物の総称である。

なお、ツェールン鉱山にはGiant AmoebaアポリオンSEにはMetalloid Amoebaというスライム族が出現するが、微妙に名前が違えば別物として扱われるFFXIではAmoeba≠Amoebanと割り切った方が良いかも知れない。

関連項目

モンスター】【ヴォラジアン】【アビセア】【Ephemeral Amoeban】【エスカ-ル・オン
Copyright (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。