アダマンタス(あだまんたす/Adamantoise)
モンスターの一種で、外見は巨大な亀。リザード類アダマンタス族2003年4月15日のバージョンアップで追加された。

アダマンタス族

もしくは同族に属するモンスターの一個体・Adamantoiseを指す。
本項ではアダマンタス族について述べる。

アダマンタス族は、他の三大HNM種族と同様に個体数が少なく、その大部分はNMと呼ばれるカテゴリーに分類される。また、フェロマンタスと呼ばれる亜種も存在する。モンスター飼育では子アダマンタスという幼体も登場する。

特徴


その巨大な体躯故か、鈍足(常時ヘヴィ)の個体がほとんどである。
また、例外なく防御力が凄まじく高い(物理ダメージカットではない)が、精霊魔法に対する耐性は低い。
ただし、個体によっては甲羅に頭を引っ込めて強烈なリジェネモードへ移行するものもいる。

族の中では玄武が最もメジャーであるためか、弱点と誤解している場合が多いが、それは四神属性が特殊であるためで本来アダマンタス族弱点であるということに注意したい。
また、青魔法では、活躍の機会の少ない高レベル魔法であるラムチャージがその特性も相まってかなり有用である*1。又、氷が弱点ということもあり、フロストブレスが有効。ナイズル島のボスとして出た場合、火力不足になりがちな青としては非常に有効にダメージを与えられる。

特殊技

名称対象効果空蝉備考
甲羅強化敵自身防御力アップ(+80%、~60s)-ラーニング
トータスストンプ近接単体物理ダメージ
防御力ダウン(-25%)
1枚一部NMが用いる場合
前方範囲~自身中心範囲
ヘッドバット近接単体物理ダメージ
命中率ダウン
1枚
トータスソング自身中心範囲呪歌ファントムロールのみを消去貫通ディスペガ効果の個体も。
アースブレス前方範囲属性ブレスダメージ貫通上限400
アクアブレス前方範囲属性ブレスダメージ貫通上限400
テストゥドトレマー範囲属性魔法ダメージ(強)
スタン
ヘヴィ
貫通Lacovieなど一部NMのみ使用

一部の個体は上記技以外に「甲羅に篭もる(無属性攻撃物理75%カット + 非常に強力なリジェネ)」を使ってくる。

アダマンタス族一覧

名称エリア備考
Adamantoise慟哭の谷トリガー(青浮草)ポップ
ナイズル島ナイズル島踏査指令
20F及び40Fのフロアボス
Aspidochelone慟哭の谷トリガー(赤浮草)ポップ
Skahnowa特殊訓練
Genbuル・オンの庭トリガー(冬石北玉)ポップ玄武
ル・アビタウ神殿麒麟による召喚
エスカ-ル・オンギアスフェット
エスカ-ル・オン麒麟Kouryuによる召喚
Tartaruga Giganteワールンの祠獣神印章99BF(テミスオーブ)『動く島
Millenary MossbackアポリオンNW3層ボス
Citadel Chelonian銀海遺構4層での特殊POP
Thalassinonアビセア-タロンギ通常配置
Chukwa時間POP
LacovieトリガーPOPフェロマンタス
Akuparaメリファト山地〔S〕ヴォイドウォーカーフェロマンタス
Xuan Wuル・アビタウ神殿Qilinによる召喚玄武
Jebutoiseウォークオブエコーズ第8ウォークフェロマンタス
Bedraggled Bale第8ウォーク
Bedgrimed Bale第8ウォーク玄武
Pygmytoiseグスタフの洞門通常配置
Lofty Adamantoiseアブダルスの模型-レギオン天の間
Lofty Ferromantoise天の間フェロマンタス
Kurmaモリマー台地
シルダス洞窟〔U〕
メナスインスペクター
フェロマンタス
Tolba慟哭の谷ウォンテッド
Sangoneアブダルスの模型-レギオンアンバスケード

モンストロス・プレッジ

種族ジョブ
アダマンタス族
小型のアダマンタス族
伝説のアダマンタス族

習得Lvモンスタースキル効果消費TP備考
1ヘッドバット物理攻撃追加効果:ノックバック命中率ダウン1000
10トータスストンプ物理攻撃追加効果:防御力ダウン1200
20甲羅強化自身に防御力アップの効果。1000
30トータスソング自身の周囲の敵の呪歌ファントムロール効果を全て消し去る。1500
40アースブレス対象に向かって扇範囲の敵に土属性ダメージ1000
50アクアブレス対象に向かって扇範囲の敵に水属性ダメージ1000

関連項目

モンスター】【リザード】【フェロマンタス
Copyright (C) 2002-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
モンスター相関関係上のリザード特効、更に固有攻撃力が高く堅牢なアダマンタスに有効に働く。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。