ヴァーミン(う゛ぁーみん/Vermin)
モンスターの大分類の一つ。直訳すれば「害虫」で、その名の通り昆虫を模した姿の者達の総称。
総称する場合には「ヴァーミン類」という表現が用いられることが多いが、「ヴァーミン系」という呼び方が使われることもある。

以下のモンスターヴァーミン類に属する。

モンスターではないが、レイア・レイヴで出現するヴァーミンの巣(Wasp Nest)もプラントイド類をひるませるため、ヴァーミンの一種である。

蜂族甲虫族レディバグ族ナット族マンティス族チャプリ族視覚感知チゴー族トウィザリム族視覚感知聴覚感知両方を有し、その他は聴覚感知。また、いくつかのヴァーミン族が嗅覚追尾を有する。

一部の敵は特殊技の幅も狭く、対策さえ備えていれば楽に狩れることなどから、狩りの対象として選ばれることが多い。俗に「虫虫ファンタジー」などと言われる所以である。
弱点としてを有することが多いため*2、レベル2連携では湾曲が効果的。

また、よくよく見ると分かる事なのだが、ヴァナ・ディールの虫達は足が現実世界のものと比べて1対少ない。例えば昆虫系なら4本足で、スパイダー族は6本である*3。例外はクロウラー族ダイアマイト族ナット族、及びマンティス族
この足が1対少ないと言う特徴はクラブ族頭足族も同様である。

リザード類ひるみプラントイド類をひるませる。

関連項目

モンスター】【モンスター相関関係】【ヴァーミンキラー】【虫虫ファンタジー
*1
ラ・カザナル宮外郭で行われるスカーム内に黄土色のチャプリ族の姿が確認されており、名称から察するに亜種名はカエフェルリ族と推測されている。
*2
アントリオン弱点ダイアマイト弱点など例外はある。
*3
頭についている2本の小さな足は鋏足と呼ばれるもので触角に近い。また、この鋏足を足の数に含めるならば蜘蛛の足は10本になるのでやはり1対少ない。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。