マンドラゴラ(まんどらごら/Mandragora)
プラントイドに属するモンスター種族のひとつ。プラントイドマンドラゴラ
同名のモンスターも存在する。略してマンドラ

サルタバルタコルシュシュ低地エルシモなど多くのリージョンに生息する。

モンスターらしからぬ愛らしいビジュアルで人気があり、ぬいぐるみやストラップなどの関連グッズもリリースされている。
ゲーム内でもマンドラゴラとその亜種に変身できるアイテムとしてマンドラゴラベルトマンドラゴラベレーマエストロタクトメロマーヌマレットコリガンベレー実装されている。またマンドラゴラを象ったマンドラガードマンドラプリケットコリガンプリケットなど関連するアイテムも多い。

マンドラゴラ族亜種が豊富で、コリガンという黒い亜種が存在する他、アルタナの神兵の舞台となる過去のヴァナ・ディールではリコポディウムという頭の花が満開になっている亜種も存在する。
さらにアビセアには、「黒リコポン」とでも言うべきパキポディウム(Pachypodium)と、赤褐色の体色のアデニウムが生息している。

マンドラゴラ

設定

Mandragora 〔マンドラゴラ

サルタバルタ地方に分布する歩行植物。知能らしきものが発達しており、衣服や住居、音声に頼らない伝達手段等、独自の文化を築き上げている。見た目の愛らしさとは裏腹に、全く人間とは価値観を異にしており、感情らしきものも無いため、獣人ですら忌み嫌っている。頭に生えている光合成用の葉は、香料や生薬の材料として、商人の間で高額で取引される。

→うごめく敵たち サルタバルタ地方より。

原生地はエルシモ島あるいはさらに南方で、はるかな昔不思議な音楽に導かれ、ミンダルシア大陸へ移り住んだという伝説(というか裏設定)がある。ヨランオラン博士がこの伝説について研究しており、その手伝いをクエストマンドラゴラの軌跡」において手伝わされる事になる。ハーメルンの笛吹き男伝説あたりを元にしているのだろうか。

また、アトルガンミッションにて合成獣キメラ)であることが判明した。
こちらの設定通りであれば、原産地はエラジア大陸で、サルタバルタ全域~エルシモ島ボヤーダ樹に何らかの方法で生息範囲を広げて行ったということになる。さらに、遥か西方のウルブカ大陸にも棲息している。

前述のエルシモ島もしくははるか南方原産で~という設定は、あくまでタルタルマンドラゴラ研究家の推測に過ぎなかったのだろうか。それとも、アトルガン皇国合成獣研究は遥か昔からされていたため、南方原産と見紛える程繁殖してしまったのだろうか*1

戦闘


2回攻撃ガードカウンターを用いることからモンクタイプのモンスターと考えられる。
範囲睡眠効果の「夢想花」や昼間の場合はリジェネ効果の「光合成」がやや厄介だが、それ以外には目立った恐ろしさがなく、両手槍短剣弓術などの突属性による攻撃に弱い、弱点属性も豊富と狩り易いため、低Lv帯では格好の鴨とされる。
しかしボヤーダ樹に生息する高Lvマンドラともなるとモンクの特性ゆえに短い攻撃間隔に高いHP強化されており一転獲物にされづらくなる。

なお、ガードカウンター正面のみの判定であるため、背後や側方からの攻撃が望ましい。

特殊技

名称範囲効果空蝉備考
光合成敵自身リジェネ-日中のみ使用
スクリーム自身中心範囲MNDダウン貫通一部NMテラーの効果
種まき近接単体ダメージVITダウン(-10)1ラーニング
ヘッドバット近接単体物理ダメージ1一部NM空蝉貫通
夢想花自身中心範囲
睡眠貫通亜種リコポディウム等)は使用しない
コリガンは使用する
ラーニング
リーフダガー遠隔単体ダメージ(-1HP/3sec)1遠隔
夢狂花自身中心範囲ダメージ?Seed Mandragoraが使用

亜種NMはこれ以外にも様々な特殊技を使用する。

ペット

獣使いならば腐葉土高級腐葉土よびだすことができる。また、錬金術師の水コリガンを、完熟腐葉土リコポディウムを呼び出すことができる。

あやつるで調達する場合は魅了耐性を持っているため、同レベルの他モンスターに比べややあやつりにくい。

マンドラゴラ

クエストマンドラゴラの軌跡」を参考とすると、ユタンガの硫黄コルネットといったアイテムがそのルーツをたどるキーとなっている。サルタバルタへはミスラ族の移住に伴ってやってきたのだろうか。
ボヤーダ樹で繁殖している原因は全くもって不明である。タルタルの研究者が持ち込んだ結果、環境が良すぎて大量繁殖してしまったのだろうか…。

通常モンスター

名称Lv生息域関連項目
Tiny MandragoraLv-1白色東サルタバルタ
西サルタバルタ
MandragoraLv3~5
Lv3~6
白色東サルタバルタ
西サルタバルタ
PygmaioiLv7~11白色タロンギ大峡谷
SylvestreLv15~18白色ブブリム半島
Yuhtunga MandragoraLv30~33白色ユタンガ大森林
Yhoator MandragoraLv35~37白色ヨアトル大森林
AlrauneLv37~40黒色ビビキー湾
MouriocheLv62~68白色ボヤーダ樹
KorriganLv72~75黒色ボヤーダ樹コリガンの四葉
PuckLv74~77黒色怨念洞

ノートリアスモンスター

名称Lv生息域関連項目
Tom Tit TatLv9~10白色西サルタバルタフルーツパンチ
PeerifoolLv40~41黒色ビビキー湾プルゴノルゴ島の戦い
Domovoi?白色バルガの舞台居候妖精
Dvorovoi?黒色バルガの舞台居候妖精
Barometz?白色アポリオンNE
Borametz?黒色アポリオンNE
Enhanced Mandragora?白色テメナス西塔
Nightmare Mandragora?白色デュナミス-ブブリム

NPC

名称Lv生息域関連項目
Flowerpot BillLv28~40白色腐葉土
Flowerpot BenLv51~63白色高級腐葉土
HomunculusLv23~75黒色錬金術師の水
Mandragora Warden-白色ボヤーダ樹死者の人形

モンストロス・プレッジ

種族ジョブ
マンドラゴラ族
小型のマンドラゴラ族
新年を祝うマンドラゴラ族

習得Lvモンスタースキル効果消費TP備考
1種まき物理攻撃追加効果:VITダウン500
10スクリーム自身の周囲の敵にMNDダウンの効果。500
20光合成日中に使用すると自身にリジェネの効果。1500
30リーフダガー物理攻撃追加効果:毒。800
40夢想花自身の周囲の敵に睡眠の効果。1500
50ヘッドバットダメージ補正200%。1000
60夢狂花HPに応じて魔法ダメージを与える。
使用後は衰弱する。
1000
90闇合成日中に使用すると自身に物理回避アップリジェネ
トリプルアタック確率アップの効果。
2000

出典

古くは旧約聖書からその記述は残り、ファンタジーにおいてはFFに限らずたびたび登場するようだ。
特別な薬効があるが引き抜くと世にも恐ろしい悲鳴をあげ、それを聞いたものはたちまち絶命してしまうという設定がメジャーどころ。

マンドラゴラ(マンドレーク:Mandrake)という植物は実在し、ナス科の植物に分類されている。
毒草だが、媚薬の材料などに古くから用いられ、禁欲を美徳とした中世ヨーロッパの風潮から、現在でもメジャーな設定となっている「引き抜けば悲鳴を上げ………」という話を生み出した。

いまや全世界で大ヒットしている「ハリー・ポッター」シリーズにも登場し、これにより一般への知名度も向上中だとか。

なお、Mandrake をまんだらげと読み、「曼陀羅華=チョウセンアサガオ」と同一視するのは誤りである。
チョウセンアサガオもナス科の毒草にして薬草であるためこのような誤りが横行したのだろうという見方が強い。

FF11からの派生


どうやらFFXIIでデザインされ直された(FFXIには登場しない姿の)マンドラゴラも含めて、新たなるFFシリーズの看板キャラクターとなりつつあるようだ。

今後FFシリーズの新たな名物キャラクターとなっていくのであろうか。

個体名の出典

マンドラゴラの多くは妖精・子鬼などを由来とした名を持っている。その由来について解説する。名前にリンクが張ってあるものは各項目を参照されたい。

  • Pygmaioi(ピュグマイオイ)
    ギリシャ神話に登場する、アフリカにすむといわれる小人族。
    背丈がPygmeすなわち人間の肘から拳くらい、即ち35cmくらいしかまでしかないことから名がついたという。馬のように山羊に乗り、コウノトリを狩ると言われている。ピグミーの語源。

  • Sylvestre(シルヴェストリ)
    錬金術師パラケルススによって定義された四大精霊の1つ「風」の精霊
    別名はシルフで、こちらのほうが有名だろう。Sylvestreはラテン語で「森の人」を意味する。

  • Alraune(アラウネ)
    アルラウネとも。絞首台の下で、死刑になった受刑者の血や涙、果ては精子を吸って育つと言われる。引き抜くと死に至る叫び声を上げるが、実が万病に効くため危険を冒してでも入手を試みたという。元々は、ドイツ民間伝承にある、血に染まったような深紅色の蘭に似た幻花の精。夢魔の一面もあり、この花を飾っていると夜な夜な美女がやってきて精を吸うと言う。

  • Mourioche (ムリョーショ)
    フランスのブルターニュ地方の46cmの悪魔。色あせた服を着た宮廷道化師として描かれる。とてもすばやく動き、自在に現れたり姿を消すことができる。

    一説によると、元は海の王国の宮廷道化師だったが、海の王の子供に求愛したことで海の王の怒りを買い、斬首されそうになったところを黒魔法で逃げ出した。この仕打ちと黒魔法が、それまで平凡な小人だった彼を気まぐれで冷酷な悪魔に変えてしまったという。


  • Puck(パック)
    イギリスの妖精。ケルト神話のプーカ (悪魔・魔神・悪霊) に由来する。元は旅人をさらって別の生き物に変えてしまうなど、恐ろしい面も持っていたが、シェークスピアの「夏の夜の夢」によって陽気でいたずら好きな妖精というイメージが定着してしまった。

  • Peerifool(ペリフール)
    イギリスのオークニー諸島の伝承に登場する金髪の男の妖精。Peerie Foolとも書き、鬼に囚われた姫を助け出すのに協力した。Tom Tit TatはPeerifoolの別バージョンという説もある。

  • Barometz、Borametz(バロメッツ)
    Barometz(Borametzとも。タタール語で羊の意味)は中世の伝承で、東洋に産する、子羊を実として産むという伝説上の植物。その正体については、ワタの木説、タイラギ(二枚貝の一種)説などがある。

  • Domovoi,Dvorovoi(ドモヴォーイ、ドヴォロヴォーイ)
    居候妖精の項を参照。

関連項目

マンドラたん】【黒マンドラ】【居候妖精】【コリガン】【リコポディウム】【パキポディウム】【アデニウム

外部リンク

→「うごめく敵たち - サルタバルタ - マンドラゴラ」
→「コンセプトアート - マンドラゴラ」
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
研究者が目した南方はミスラ本国のある方角であり、且つアトルガンの属国にミスラ国家であるツァヤが存在する。この二点がマンドラゴラ=南方原産という研究結果に関係している……と考えるのは不自然ではないだろう。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。