シーザー(しーざー/Seether)
モンスターの一種。エンプティシーザー(Seether)。「憤る者」の意。

シーザー族

プロミヴォン各地に生息する。またアビセア-ラテーヌにて、アビセアン第一段階としてMeditatorが存在する。

姿はバグベアに酷似した頭部に繋がった二本の長い前足で直立歩行し、後足は大変小さく地に着いておらず折曲がって宙に浮いた状態になっている。丁度手足を逆にした感じの奇妙な有人型ロボットのような外見を持つエンプティである。ご存知の方はFF6に登場した魔導アーマーに似た姿を想像していただくと分かりやすいかと思われる。

特徴


エンプティの例に漏れず内部のコアの色で弱点属性耐性が決まる。

種族特性として防御力が非常に高く、同じ強さのシーザーアタッカーが調べても防御力が低いと表示されない*1ことがあるほど。

特殊技

名称範囲効果備考
エンプティクラッシュ近接単体物理ダメージ
バニティストライク近接単体物理ダメージ
ラメンテーション自身中心範囲属性ダメージ
ディアII(HP-8~/3s)
空蝉全消滅
ワニオン視線内前方範囲状態異常付与自身が負っている不利な状態異常
ランダムで複数放出し、自身は回復する
敵自身状態異常回復
オカルテーション敵自身幻影(12~30枚)*2使用個体のLv依存で枚数が変動
ラーニング

また、特殊技も厄介なものが揃っており、特に危険と言われているのが自身中心に強烈なディアの効果を与える「ラメンテーション」。プロミヴォン実装初期は、Lv30制限下において最大スリップダメージ8/3secという、えげつない威力であった。そのためモンスター特殊技でありながら、継続時間が半分以下に緩和されるという歴史をもつ。

この他にも、空蝉同様単体攻撃100%回避分身を12枚~、高レベル個体にあっては30枚にもおよぶ「オカルテーション」、自分の受けているステータス異常を周囲に振りまき自分自身はステータス異常を全回復させる「ワニオン」などなど、ややこしい特殊技のオンパレードである。基礎防御力が高く硬いのも相まって、プロミヴォンモンスター中、最も戦いたくない相手と言える。

関連項目

モンスター】【エンプティ
Copyright (C) 2002-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
アタッカーが通常のモンスターを調べればとてとてでも防御力が低いと表示されることもある。
*2
2010.6.22に追加配置されたLivid Seetherが使用した場合は最大30枚の幻影になる。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。