ナット(なっと/Gnat/Nott)
  1. モンスターの一種。ヴァーミン類ナット族。英名は"Gnat"。
  2. NPC専用特殊技の一つ。フェイスの一部が使用する。英名は"Nott"。

モンスターナット族

大戦中、戦死者の骸に卵を産みつけて異常繁殖した肉蝿。
特にミンダルシア大陸では、魔道士を食した影響で口に牙の並ぶ奇怪な姿に変貌を遂げていた。嗅覚が鋭いことで知られ羽音を聞いた兵士は己の死期を悟ったという。
→アルタナの神兵特設サイトより。

ナット族

見た目はかなりデフォルメされたハエ。英名"Gnat"はブユの意*1
通常の個体は茶色だが、緑色のミッジという亜種や、姿が異なる巨大なクロックスという亜種もいる。ただし、クロックスに至ってはその特性や特殊技までほとんど別種族と言ってよいほど異なっている。

設定上移動性植物のラフレシア捕食される関係にあるが、現代でのアルタナ四国ではどちらも絶滅している。そのため通常配置されているのはメリファト山地〔S〕オズトロヤ城〔S〕などの過去世界に限られていたが、アドゥリンエリアでは現代でも亜種ミッジが棲息しており、エヌティエル水林などでその姿が見られる。

特徴


公式設定の通り、戦闘不能になると寄ってきて体の上から動かなくなる(卵を産み付けている?)という特徴がある。このため、生息範囲内で戦闘不能になると、素避けができるレベル差でもない限り、リレイズで起き上がることがほぼ不可能となっている。

特殊技

クロックスについては技が全く異なっているため、クロックスの項に記載する。

名称範囲効果空蝉備考
インシピッドニップ近接単体物理ダメージ
+能力値吸収
1枚吸収する能力値はランダム
敵の能力値増加分は自然減衰しない
パンデミックニップ近接単体物理ダメージ
状態異常
1枚自身に掛かっている状態異常
相手に付加する
ボンビレーション自身中心範囲TPリセット貫通NPCに対してはTP半減の効果
シミサインディスチャージ自身中心範囲強スロウ貫通イレースで解除可能
ラーニング
敵自身ヘイスト-ディスペルで解除可能
エメティックディスチャージ*3自身中心範囲状態異常複数消費自身に掛かっている状態異常
相手に付加する
ブーミンボンビネーション自身中心範囲悪疫 + 防御力ダウン + 魔法防御力ダウンMelloniaなどミッジNMのみ使用
自身+静寂+アムネジアスフィア

攻撃間隔が短く、加えて頻繁にトリプルアタックを発動させるのに加え、特殊技シミサインディスチャージを併用された場合は百烈拳に近い攻撃速度となる。同レベルの他モンスターと比較し、はるかに強力であるため、戦闘の際は注意すること。
カンパニエバトルのように多数の弱体魔法が飛び交う場面でパンデミックニップを喰らうと、ステータス変化アイコンとてもとても面白いことになる。デイズ計略などコンフリクトでもなければ受ける機会のほぼ皆無な状態異常ステータスアイコンも表示されるため一見の価値がある。しかし、タゲを取っている人からすればバイオ等のスリップダメージスロウパライズ等の弱体を一斉に喰らった形となり、他者からの回復補助が無い場合は戦闘不能に直結する危険な状態となる*4
むやみに弱体魔法を連打していると凄い勢いで周囲のプレイヤーヘイトを稼ぐ事となるので、自分の名を悪名として轟かせたく無いのであれば…知っていても知らなくてもナットへの弱体は最大のご法度である。
また回避が非常に高く、丁度相手でもなめてかかると簡単に返り討ちの憂き目に遭う。

このように嫌らしい特殊技を持つ為、レベル上げの対象とはされずソロでも自ら手を出す人はほとんど居ない。戦闘する機会は専らカンパニエバトルとなるだろう。

モンストロス・プレッジ

種族ジョブ
ナット族

習得Lvモンスタースキル効果消費TP備考
1インシピッドニップダメージ補正150%。
追加効果:能力値をランダムにひとつ吸収
1000
10ボンビレーション自身の周囲の敵のTPを0にする。1500
20C.ディスチャージ自身の周囲の敵にスロウの効果。
自身にヘイストの効果。
1500

NPC専用特殊技

フェイスアプルル(UC)」「ピエージェ(UC)」「ナジャ(UC)」「ヨランオラン(UC)」「シルヴィ(UC)」が使用する。

技名範囲効果空蝉備考
ナット自身HP/MP回復-片手棍WS

ログにはHP回復しか出ないが、実際にはMP回復している。ダガンとほぼ同様の効果の片手棍WSと言える。
Lv50で習得するようで、それ未満のレベルのときは使用しない。

名称について

Nottは北欧神話における夜の女神*5。ノート、ノットとも。名称は古ノルド語で「夜」の意味を持つ。

ちなみに、同様の効果を持つWSダガン」は古ノルド語で「夜明け」の意味を持っていて、名前的にも類似したWSになっている。

関連項目

モンスター】【ヴァーミン】【ミッジ】【クロックス
Copyright (C) 2002-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
ブヨとも言うが、これは主に関東での呼び名。関西ではブトとも呼ばれる。
*2
ナット暗視は特に顕著で昼間の感知範囲は極端に狭く、逆に夜間感知範囲はかなり広い
*3
Bloodlapper将領NMFleshgnasherなど、アルタナエリアの一部NMのみが使用する。
*4
十分な人数がいるにもかかわらずナット相手に壊滅状態に陥る原因はたいがいがこれである。
*5
→ノート (北欧神話)(Wikipedia)
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。