マムージャ(まむーじゃ/Mamool Ja)
モンスターの一種族獣人類マムージャ族
近東アトルガン皇国に敵対する国家のひとつ「マムージャ蕃国」を統べる獣人マムージャとは彼らの自称で「輝鱗の眷族」という意味。蕃国は一部生物種的にも異なる 4つの階級〔戦士・水士・賢士・騎士〕の市民によって構成され、各階級から選出された代表(マムージャ四天王)の合議によって統治される共和制の国家として知られていた。だが、古くから大国アトルガンに朝貢してきた彼らが、近年叛旗をひるがえした背景には、「僭主」と呼ばれる傑出した独裁者の登場が関係しているようだ。

→公式:アトルガンの秘宝・特設ページより抜粋

マムージャ族(戦士階級) マムージャ族(賢士階級)

皇都アルザビの南西にマムージャ蕃国と呼ばれる国家を構成する獣人

マムークを中心とする同名リージョンを本拠地とする。アトルガン皇国とは敵対する関係にあり、皇国の至宝「魔笛」を奪わんとマムージャ蕃国軍編成し、たびたび皇都に襲撃を繰り返している。

設定に「蕃国は一部生物種的にも異なる 4つの階級〔戦士・水士・賢士・騎士〕の市民によって構成」とあるように、ジョブによって別の種族かのように外見が異なる*1。水士はサハギン族と同じ外見を持つが、設定的にも内部的にもマムージャ族である*2。詳しくは【マムージャ四天王】の項を参照されたし。
なお、各階級の種族(もしくは氏族)の名前は公式攻略本等で明らかにされており、それぞれ戦士(フビゴ族/Hoobigo)、水士(モゼヤ族/Mozeyya)、賢士(ブネワ族/Boonewa)、騎士(ドプロ族/Doppro)となっている。
こと姿はリザードマンだが左利きではない*3らしい。彼らから言わせれば人間は「鱗なき者」と呼ばれ、どうやら蔑視すべき存在のようだ。

特性


ジョブによって装備武器特殊技が異なる*4。さらに戦闘武器を投げ捨てることがあり、これによっても使用する特殊技が変わる。
忍者武器を持たず、格闘スタイルで攻撃する。

特殊技

下表は戦士及び賢士タイプの技。
水士の特殊技サハギン族と同じ。こちらは【サハギン】項を参照。また、騎士タイプについては【ウィヴル】項を参照のこと。
名称範囲効果備考
サマーソルトキック近接単体物理ダメージ
ノックバック
ワームアップ敵自身命中率アップ
回避率アップ*5
ラーニング
ファイアースピット遠隔単体属性物理ダメージ(3回)戦士タイプが使用
ファイアースピット遠隔単体属性ダメージ(大)賢士タイプが使用
空蝉貫通
ラーニング
フォースフルブロー近接単体物理ダメージ素手時使用
ボーパルブレード近接単体物理ダメージ(4回)片手剣時使用
ラッシングスラッシュ近接単体物理ダメージ(4回)片手斧時使用
アックススロー遠隔単体物理ダメージ片手斧時使用 武器消滅
ラッシングドラブ近接単体物理ダメージ(4回)両手棍時使用
ステーヴトス遠隔単体物理ダメージ両手棍時使用 武器消滅
ラッシングスタッブ近接単体物理ダメージ(4回)両手槍時使用
ジャベリンスロー遠隔単体物理ダメージ両手槍時使用 武器消滅
グランドバースト対象中心範囲属性ダメージ一部NMのみ
タイラニックブレー前方範囲魔法ダメージ双頭タイプ(Gulool Ja Ja等)が使用
ボーパルホイール単体遠隔ダメージ
マイアズマ範囲悪疫スロウ
デカセート範囲物理ダメージ

まとめて見ると一見技が豊富なようだが、全ての個体が常時使うものは上から4つのみで、それ以外はジョブ武器の状況により異なる。加えて、武器を使う特殊技は名前が違うだけで中身はさして変わらないものが多い。

強力な多段特殊技を持ち、空蝉が残ってない状態でこれらを受けようものなら根こそぎ体力を持っていかれる。

特殊技による高い瞬発力を持つとはいえ、範囲特殊技を持っていないこと、サンクションによる経験値ボーナスがつくことが相まって、メリポでは率先して狩られるほどの人気を誇る。

他作品のマムージャ

FFXIVにもマムージャ蛮族として、FF11とほとんど変わらない姿で登場する。
メインストーリーに関わることはほとんどなく、敵としてはブロンズレイク周辺のごく一部の地域にのみ生息している。水辺に多くいるため、やはり水は好きらしい。
ムサ・ロミンサの街中で買い物中のマムージャもいたりと、敵対的ではないマムージャもいる。
ちなみに、温泉地でもあるブロンズレイクには湯治をしようとやってくるマムージャもいるが、「入湯前にやる伝統の踊りがあまりにも卑猥すぎる」という理由で入湯を拒否され、入口で暴れる姿を時々みることができる。

関連項目

マムージャ蕃国】【マムージャ蕃国軍】【Gulool Ja Ja】【マムージャ四天王
Copyright (C) 2002-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
青魔道士戦士に属していることから、開発側からも青魔道士前衛であるという設計思想が伺える。
*2
エミネンス・レコードで「サハギンを倒す」のカウントが進まず、「マムージャを倒す」ではカウントが進む。
*3
この辺はRPGの「おやくそく」らしい。詳しく知りたい人は「リザードマン 左利き」などでググってみるといいだろう。
*4
片手剣マクアフティル?)、片手斧両手槍は素手。賢士タイプが両手棍である。
*5
ログには一方しか表示されないが、2つの効果が同時にかかっている。ディスペルなどは2回かけないと効果を消しきることができないので注意。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。