メリポ狩り場(めりぽかりば)
Lv75キャップ時代に流行したメリポパーティに適した狩り場のこと。メリポパーティは従来のレベル上げとは異なり、高速で敵を撃破し続ける必要があり、これを可能とするための狩り場・撃墜順の開発はアビセア乱獲パーティが確立されるまで、熟練のメリポマニアの手によって研究されつづけた。
なお、解説は典型的なレベル75のメリポパーティを対象としており、今とは事情が異なりうることには留意されたい。また、無限チェーン云々はあくまでも狩場が空いていた場合のことであり、メリポ熱が盛んだった頃は、多数のパーティがひしめいて、全員で敵を探し回った、といったケースも珍しくなかった。

以下に代表的な狩り場を示す。

バフラウ段丘 (マムージャ監視哨)

許容パーティ数:1~4  敵のレベル:77~83

アトルガンエリアでは最も有名な狩り場の一つ。敵の密集度が高く、野外フィールドなので再出現間隔も5分であり、高速高回転をモットーとするメリポパーティにはうってつけ。
基本的なキャンプ地は監視哨を出たすぐの所、東のマムーク入り口、マムーク入り口から少し北の低地、北の翡翠廟側の4箇所。
レベル上げPTだと監視哨を出た所またはマムーク入り口を拠点としてプークメインに狩る事がある。
中央にはワイバーンが数匹いて通常は敬遠される。しかし火力自慢のメリポPTだと中央に陣取り、ワイバーンも含め手当たり次第に狩る事もある。
混雑さえしなければ広範囲から敵をかき集められるため、1PTで占領できれば最高時給の記録を作るのに最も適した環境といわれた。とはいえアトルガン白門から1分とかからず移動できるという利便の良さから人気度はトップクラスで閑散時刻でなければ実現は非常に難しかった。
天候によりエレメンタルが出現するため、キャンプ位置には注意が必要だった。

バフラウ段丘(タンジャナ小島)

許容パーティ数:3*1  敵のレベル:77~83

マムージャ監視哨前同様に、野外フィールドなので再出現間隔も5分。
タンジャナ小島は3段構成になっており、最上段はマムージャ族、中段・下段にはコリブリ族「Greater Colibri」*2が数多く棲息している。段差は一方通行であり、上中下段にそれぞれ1パーティずつは許容可。
上段はマムージャ族のみなのでシーフタイプもやる以上マムージャ監視哨よりも前衛の力量が必要。敵の数に限りがあるので時給は頭打ちになるが取り合いにならないため狩り尽くせるだけの力量があればかなりの良狩場

中段と下段はコリブリを狩ることとなる。特殊技「スナッチモールス」で食事効果を消されるので「食事をしない」、「安い肉料理を食べる」、「寿司を食べる」等は事前に示し合わせておき、それに適したをかける必要があった。2007年8月28日のバージョンアップ以降は両手武器命中を確保しやすくなったため、両手武器アタッカーをメンバーに加えている場合、両手武器アタッカーは「安い肉料理」で十分な命中が得られるので問題ないが片手武器アタッカーが「寿司」を食べないと十分な命中が得られず全員に適正なが歌えないという現象が起きていた。
またコリブリは「一撃死の危険が少ない」、「突弱点」という面から両手武器アタッカーを主軸にした肉食ヒルブレパーティはかなりの適正を誇る。
それぞれ複数パーティがくることもあるが力のあるパーティであれば1パーティでそれぞれ狩り尽くすどころか、隣の段から釣っても敵が足らない状況となるため、トラブルにならないように気をつけよう。

やっかいなのは、マムージャ監視哨の先もタンジャナ小島も同じエリアなので、混雑回避のために事前サーチをしてもどちらに何PTいるのか現地に行かないと解らない。サチコメで場所を書く方法もあるが、海外ではそういう習慣が薄いので先にメンバーの誰かが偵察に行って空き状況を確認する事もある。一度下に下りてしまうと引き返すのが面倒なため、混んでるのが解っていてもそのまま狩りを始めてしまうPTも多い。

マムーク

許容パーティ数:2  敵のレベル:76~83

最深部マップ[3]の2広間などがメリポに適しており、周回するように敵を狩り尽くせる。難点としてはNMDarting Kachaal Ja」が放置されている可能性が高いこと。釣りを効率的にこなす必要があるほか、倒すのに手間取ることがあるシーフタイプのマムージャ族を上手く捌けないと無限チェーンは難しい。またワイバーンに手を出す回数も増えるのでディスペルウィンドプロシェルを消されまくったり、バーサク中にファングラッシュを喰らって戦闘不能になる者が出るなど危険度は高くなる。
また、移動通路途中にインスニ見破りマムージャが配置されているため、倒しながら移動を行なわなければならないのが面倒。
後期メリポPT火力及び再POP時間の長さを考慮すると、1広場に1PTが限界。それでも釣り順を熟知しなければ、枯れて再POP待ちになることも珍しくは無い。
またこちらのプークは通常の特殊技の他にイルウィンドを使用する。蝉全消費の自身中心範囲攻撃風属性)に加えディスペル効果まであるので注意が必要。ワイバーンディスペルウィンドと相俟って強化が軒並み消されていくので迅速なかけ直しの他ダミーとしてバ系魔法や各種サークルをかけるなどの対応が必要となる。
ちなみにイルウィンドは溜めが長めのためスタンバッシュなどで止めることができる。該当ジョブがいる場合は積極的に止めた方がいい。

ゼオルム火山

許容パーティ数:4~5  敵のレベル:79~83

痛い範囲攻撃が少なく、野外フィールドなので再出現間隔が5分と、好条件もあるが、トロール族が全般的にタフであること、ディスペルが不可能な範囲ストンスキン金剛身」を使ってくること、HPの多いモンクタイプ、防御力の高いナイトタイプ、回避が高めのからくり士タイプ、強化魔法で身を固めている赤魔道士タイプなど倒すのに時間がかかるジョブが多く、マムージャ系の狩りに比べペースが遅くなるのが難点である。
また、バフラウ段丘などに比べ敵の密度が薄くどうしても釣る距離が長くなること、そしてトロール族自体が足が遅かったり魔法遠隔攻撃を使用したりと到着するまでに時間がかかる。
寝かしている間に金剛身が入らない距離に寝かす、等も含め釣り役の要求スキルは高い。また、トロール特有の硬さを吹き飛ばす高火力パーティでなければ無限チェーンは難しい。

竜騎士モンクのタッグで構成される、いわゆる「ヒルブレパーティ」がメジャーになったキッカケを作った狩場でもある。

からくりトロールが各種アタッチメントドロップするのでオマケドロップは他の狩り場と比較すると良好である。

カダーバの浮沼(アズーフ島監視哨)

許容パーティ数:3~4  敵のレベル:76~82

アズーフ島監視哨先の広場。ワープが使えない場合はナシュモから来る事がある。
監視哨を抜けた先、西側の丘、北側の通路が代表的なキャンプ地。
このエリアに棲息するインプ(Heraldic Imp)がLv78~82であるためメリポ稼ぎに利用できる。しかし単価も低く、インプHPが少ない事から一部ジョブではソロメリポが出来てしまうなど、この場所は70付近のLv上げ狩場であり強力な火力を持つLv75のメリポPTが来るべき場所では無いという意見もある。、メリポ狩り場というよりはレベル70付近のレベリング狩り場としてあまりに有名。

常に湧き待ちの取り合い状態で混雑しやすい上、アムネジア静寂の状態に頻繁になる。
インプHPが少なく戦闘時間が短いため、かなりハイペースで敵を見つけて確保しなくてはならない。
釣り役詩人前衛を掛ける時に静寂を喰らうし、前衛アムネジア状態で釣ってきた敵に挑発が入れらない場合があり、釣り役の被弾回数が増える。
得られる経験値Lv75だと100未満となるので、仕事量が多い、やまびこ薬使用など出費も多いのに経験値が少ない。といった理由から「沼×」とコメントに書く詩人もいる。
インプが確保できない場合はドゥーム族フライ族に手を出す事もあるが、やはり75近くになると単価は少ない。
特にフライ族カースドスフィアによるダメが大きく、一匹倒しただけで回復に多量のMPを消費する事から労に見合っているとは言いがたい。
水エレの発生頻度が高いので、水場付近をキャンプ地としている場合は注意。

カダーバの浮沼(ヘディバ島)

許容パーティ数:2~3  敵のレベル:78~82

アクセス方法はアルザダール海底遺跡群を経由。
狩り対象はHeraldic Imp。
エリア移動が可能なアルザダール海底遺跡群入り口の南側をキャンプ地とするが、先客がいる場合は北東を使う(HNM:Khimaira湧く場所の手前)。
やっかいなのはソウルフレア族が同居している点。南側をキャンプ地としても釣りミス絡まれる事がある。その場合は素直にエリア移動した方が良い。
北東側の場合は、移動中に絡まれて蘇生ができない場所で戦闘不能になったり、複数人が戦闘不能となる事もあり最悪そのまま解散となり兼ねない。
無事キャンプ地にたどり着けた場合でも、Soulflayerを避けてインプのみを釣るのはかなりの技術を要するので、いざとなったらソウルフレアを倒せるだけの戦力(詩人青魔道士)は必要となる。
ソロまたは2~3人の少人数PTが利用する事もあるので、先客がいる場合は引き返す事になる。

カダーバの浮沼((ドゥブッカ島)

許容パーティ数:2~3  敵のレベル:79~81

ドゥブッカ島監視哨の先に棲息するクトゥルブLv79~81)でもメリポ稼ぎは可能である。しかし、非常に高い睡眠耐性があるため、敵を寝かせてキープしながら連続的に倒してゆくメリポパーティの戦法とは相性が悪い。さらに一部の個体が黒魔道士シーフの特性を併せ持っておて回避が異様に高く、高レベルの魔法を使用してくるので非常にやっかい。与ダメージが倍増するのでアタッカーが自己満足するには最高レベルの狩り場なのだが、それ以上にHPが多いという特性があり、時給換算で不味いことが知れ渡ると敬遠されて廃れた。

ハルブーン

許容パーティ数:3~4  敵のレベル:78~82

他のエリアが激混みの時に時間のあるパーティが使う。ゼオルム火山の(E-9)からハルブーンMAP[2]に入り、(G-7)の奥、Gurfurlur the Menacingの出現ポイントの手前一帯。このため移動にかなり時間がかかる。
獲物のトロール族ゼオルム火山と同じなので、留意点も同様だが、野外フィールドではないため、再出現間隔が16分となり、かなり広範囲で移動しないと枯れ気味になりやすい。

ラヴォール村

許容パーティ数:3  敵のレベル:81~83

アルタナエリアの新狩場
必要な命中は低めだが、敵のHPが多いため火力を必要とする狩場

南西北西南東の回廊を活かして、狩り続けることができる。
アトルガンエリアのようなPOP条件ではないが、広場を利用することによって、湧き待ちという状況を回避できる。
ただし、一度に3-5匹のリンクという状況が多々あり、不慣れなメンバーや、火力に自信がないメンバーが居ると、全滅する危険性が高い。
空は見えるが獣人拠点なので再POP時間が気になるところ。
また、戦績も入らないという弱点があり次第に敬遠されてしまった。

ウルガラン山脈

許容パーティ数:3~5程度  敵のレベル:79~84

(G-7)にある頂上への坂を起点として考えることが多い。そのため、場所の呼び方も坂上・坂上奥・坂下広間と呼ばれることが多い。当初はこの3箇所にしかメリポ稼ぎの対象になる敵がいなかったが、2005年7月19日のバージョンアップにより(I-5)の広間にもメリポ稼ぎの対象となる敵が配置された。

メリポ初期からの狩り場であるが移動が厄介。
当時はテレポヴァズが必須だった上に、慣れないメンバーがいると途中でインビジを見破るタウルス族魔法感知スノール族、落とし穴などに手間取ったりと移動に時間がかかるのが難点。
メンバー全員が移動に慣れている人でないと、頂上付近の狩場に着くまでに30分以上かかる事もある。

狩りの対象としてタウルス族も入り、モータルレイによる死の宣告を受ける可能性があるため各自聖水がほぼ必須である。空蝉の術の詠唱中やWS時、ジョブアビリティ使用時は後ろ向きで行うなども、ウルガランメリポの重要テクニック。
メインの獲物であるデーモン族は、空蝉を複数消費+大ダメージスタンの効果を持つ特殊技コンデムネーション」が危険*3である。デーモン族はどちらかと言えば堅いタイプの敵なので、無限チェーンを実現するにはかなりの火力釣りスキルが必須となる。また召タイプはエレをつれているため、寝かせも一手間。
アーリマン族スリプルサイレスに強い耐性があるため、赤がキープをするためにはバインド等を使用する必要があるほか、ガ系対策に白魔道士サポ暗によるスタンが欲しい。しかし、全体的に移動狩りになりやすく、白魔道士ヒーリングするタイミングが難しくなる*4ため、サポ召によるMPの底上げとリフレシュによる回復速度アップを図るほうが良い事もある。
また、敵の密集度が低めな割りにポップが早いため、大量の敵に囲まれないよう手際のよい釣りが必要とされる。慣れれば一定範囲を周りながら倒していくことが出来るため、後衛もその円の中央寄りでヒーリングするなどの効率化が図れるようになる。

利点としては、デーモン族のレベルが高い(最高でLv84)ため単価が高いこと、野外フィールドなので敵の再出現間隔が5分であること、ドロップ品も魔人の角契約書『闇の精霊』などなかなか美味しいものが揃っていることだろうか。
アトルガンエリア実装前の主要狩場だった場所であるが、現在は魔笛不在の場合などの回避狩場といったところである。
プレイヤーへの要求水準が高い狩場なので甘く見ているとヤケドをする。
逆にその難易度がメリポを稼ぐことよりもメリポパーティそのものを楽しみたいという一部のプレイヤーには根強い人気がある。ウルガランに熟知したメンバーがそろえば混雑したアトルガンエリアを超える時給をはじき出せる*5

狩りが終了した後は、徒歩ではなくデジョンテレポによる帰還がほぼ常識となっているため、これらの移動手段がない場合は、稼ぎの一部を帰路で捨てる最悪な結果に陥ることも有り得る。

龍王ランペールの墓

許容パーティ数:2程度  敵のレベル:77~82

元祖メリポ狩り場ウルガラン山脈と並び、シグネットエリアでは有名な狩場である。モンクパーティなど)で通路を周回するように敵を狩る、いわゆる「移動狩り」による無限チェーンが実現可能で、当時の狩り場事情などから衝撃的なものがあった。通称:墓メリポ

しかし状態異常技が多い上、氷耐性が下がるスコハネ装備した状態でアイススパイク未解除の骨を殴って麻痺を多発させるモンクなども多くなにかと問題になる狩り場であった。闇闇麻痺麻痺など脳筋発言のメッカであり、サチコメに「墓×」と書く後衛も多かった。環境としても敵が生命感知タイプのためHPが赤になると一気に危険な状態に陥ることもあった。

こういった事情もあり、他の狩場と構成がメジャーになるに従って自然に衰退していった。

アトルガンエリア実装に伴い、アクセスの悪さ、サンクションボーナスの無い点など、マイナスポイントは更に増えてしまい、もはや忘れ去られてる感のある悲しい狩場である。

ル・アビタウ神殿

許容パーティ数:4~5  敵のレベル:79~84

面倒な追加効果の範囲特殊技を持つイビルウェポン族Decorative Weapon、Aura Weapon)が大量にいるため、前衛空蝉が必須であるメリポパーティと相性のよい狩り場である。

より単価の高いゴーレム族(Aura Statue)も狩ることができるが、嫌らしい効果を持つ範囲特殊技サンダーブレイクアイスブレイクを使用するのが難点である。空HNM白虎」を湧かすためのトリガー秋石」を落とすUllikummiトリガーとなる「ダイオライト(Rare Ex)」を落とすため、空活動の一環としてついでにメリポを稼ぐと言った感じ。
敵がやや広い範囲に棲息しており、再出現間隔が16分なので無限チェーンはほぼ不可能。

移動に時間がかかる人とかからない人がいること、上述のとおり敵の再出現間隔が長いことなどから、アトルガンエリア狩場ができてからはまず使われなくなった。

ビビキー湾

許容パーティ数:1~2  敵のレベル:76~80

敵のレベルがあまり高くない事もあり、乱獲気味になる。ゴブリンダルメルという攻略方法が確立されている敵という事もあり、余程勝手な動きをするプレイヤーがいない限り、比較的安定した狩りを行うことができる。その反面、最南端での狩りとなるため、緊急時はテレポ以外の脱出手段がほぼ皆無という危険性がある。

移動には若干時間がかかるものの、メア岩からチョコボで移動できることもあり、移動に危険性が一切伴わないのも魅力の1つ。また、2008年6月10日のバージョンアップにより、マウラに移動すればジョブチェンジが行えるようになったため、これを利用し構成を状況に応じて変えることも(行うことは稀だが)容易になった。

プロマシアの呪縛実装後は、他のプロマシアエリアのようにミッションの進行度によってアクセス制限を受ける事もなく人気の狩場であったが、許容パーティ数が少ない事、遠すぎではないが近くもない事、さらに60代半ばから後半のレベル上げPTがいる場合は、いくら再出現が早いフィールドでもすぐに枯れて取り合いになってしまう。Lv70代では単価も低く、狩り場が増えたことでメリポ狩場としては廃れていった。

ロ・メーヴ

許容パーティ数:1~2  敵のレベル:77~82

ジラート時代は定番エリアの1つであったが、移動手段の少なさ、空蝉泣かせのウェポン攻撃釣りが容易ではない場面がある、等の理由により廃れたエリアの1つである。

狩場は建物の中になり、入り口から狩場までの移動手段はスニークのみになるが、アクティブ魔法感知の敵がごろごろしている事もあり、サイレントオイルは必須アイテムであった(後衛に無理やりスニークを要求し、移動中に壊滅状態に陥るパーティも少なくなかった)。
敵はゴーレムウェポン(2種)となり、どちらも強力な一撃必殺攻撃や範囲技を持つため、前衛後衛立ち位置が中途半端だと、被害が拡大する恐れがある。

敵はリンクしないがアクティブであり、効率が良すぎると1PTでも敵が枯れ気味になってしまい、釣り役は再POPに気をつけながら遠くまで釣りにいく必要もあった。但し、現在ではサポ忍スニーク忍術が使えるため、以前程の危険性はなくなったと言えるだろう。

条件を満たしていなければならないが、ル・オンの庭へのワープ手段が解放されたこともあり、以前より移動には時間がかからなくなっている。活用次第では隠れた穴場になるかもしれない。

2009年4月9日のバージョンアップ以降、フィールド・オブ・ヴァラー対象地となった事から、葉を稼ぎつつメリポも稼ぐといったスタイルも登場した。
ヴァナ・ディール一日に一回ではあるが、メリポ帯の訓練を選ぶ事で1500強の追加経験値ギルを得る事が出来る。
またTreasure Casketも出る事で、各種有用なテンポラリアイテム等が入手出来る。ただし、箱を開けるには少々時間を要するため、初めから箱を無視する考え方もあるようだ。

ルフェーゼ野

許容パーティ数:1  敵のレベル:80~83

狩場は北東地域の通路1箇所のみであるが、アクティブモンスターが入り込んでくることはなく、安全にキャンプが張れる。
移動もアクティブな敵はいないため移動も問題は無い。
敵は雄羊ロック族であるが、ロック族は高いスリプル耐性を持つため詩人コルセアがいないと寝かせキープはほぼ無理。
雄羊大咆哮HPmaxダウンを付与された状態でクリティカルが来たりすると即死の恐れも高い。
ただ、雄羊経験値ボーナス1.25倍の特性があるため、数に比べて意外と稼げる。

石化HPmaxダウン範囲攻撃など辛い攻撃が多いため、白魔道士はぜひ欲しいところ。
稼ぐなら白魔道士詩人必須という贅沢な構成を要求するため、それなら別の狩場に行ったほうがよほど稼げそうであるため混雑回避以外に行くことはまずない。

関連項目

メリポ】【メリポパーティ】【メリポ稼ぎ
*1
Lv上げPTならば中段と下段に2PTづつ可能だが、高火力・良編成メリポPTだと100チェーンを超える戦力を持っているので、その場合は1PTづつが無難。
*2
ウィヴル族実装前はブガード族が配置されておりブガードも狩りの対象とされていた。
*3
ブライナリキャストの長い魔法である事を考慮すると、目薬の携帯は必須であると言える
*4
吹雪で周囲が見づらいこともあり、気付くと仲間がどこへ行ったかわからなくなってしまうケースもある。慣れないうちは、吹雪の中を彷徨って独り穴に落ちてしまったり、敵影を味方と間違えて接近してしまうなどの惨事も起きていた。
*5
もっとも、移動時間まで含めると、アトルガンエリアを超えるには長時間プレイが必要となる。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。