デジョン(でじょん/Warp)
  1. PCホームポイントへ転送する魔法
  2. アイテムによる上記と同等の転送の効果。

黒魔法デジョンとそれ以外の手段によるデジョンを含め、デジョン系の移動(Warp)を総称する。同様の瞬間移動でありながら特性上の相違から「テレポ」とは使い分けられている。
広義では、過去の所属国へのワープ魔法リトレース」を含む。


魔法

黒魔法の一つ。強化魔法に属する。
ホームポイントワープする。

デジョン

区分ジョブLvMP対象
黒魔法17100詠唱者自身

属性スキル詠唱時間[Sec]リキャスト[sec]
強化410

バストゥーク大工房クエストゴキゲンナナメな機械」の報酬
また、BFNM恐怖の狙撃手」の戦利品に入っていることもある。

デジョンII

区分ジョブLvMP対象
黒魔法40150パーティメンバー

属性スキル詠唱時間[Sec]リキャスト[sec]
強化510

ウィンダスクエストゴーレムのまなざし」の報酬の一つ。
詳細は【デジョンII】を参照。

その他

デジョン魔法詠唱者のみ、デジョンIIパーティメンバー一人をホームポイントへ移動する。 便利な魔法だがパーティのピンチを救う機会はあまりない。なお、デジョンIIを自分自身に掛けることも可能。

レベルが34になればサポでの使用が可能なので、簡便な移動手段として重宝する。

また、それ以外にモーグリに代表されるNPCがそれらしい魔法を使用する。

デジョン実行と同時にNPCに話しかけた場合、NPCとの会話が終わるまでワープが中断される。

詠唱完了後に死亡した場合、転送処理前であれば、画面暗転後に詠唱地点で死体となる。
かつては死体のままホームポイントへ転送されていた。

ちなみにホームポイントが拡張エリアに設定されている状態で、拡張ディスクがインストールされていないハードウェアでデジョンを使うと、画面暗転後すぐにログアウトになる。インターネットカフェでのプレイや複数ハードを使っているような場合は注意。

アイテム効果

黒魔法以外のデジョンとしては特定アイテムの使用によるデジョンがある。

ファイナルファンタジーシリーズでのデジョン

初代FFから実装された古参の魔法のひとつ。そもそもは次元の裂け目に敵を送って瞬殺する魔法として実装された。FFIIからは非戦闘時に使用すると「ダンジョン内でひとつ前の階層へ移動する」という効果が実装され、FFXIでのデジョンはこの「移動魔法」としてのデジョンが継承されていると思われる。FFVでのギルガメッシュとエクスデスとのやり取りも有名。

語源

登場当初の魔法効果から「次元=Dimension」だと推測される。なお当時のゲーム機のスペック上、魔法名は4文字以内の制限があったのでこのような名前になっていると思われる。

関連項目

デジョンII】【デジョンIII】【デジョンIV】【リトレース】【トリートスタッフ】【デジョンカジェル】【テレポ】【アウトポストデジョン
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。