天候(てんこう/Weather)
ヴァナ・ディール内における気象状況のこと。時々刻々と移り変わっていく。
文脈によっては属性天候のみを指すこともある。


属性天候

8つの属性に対応する天候があり、天候が変化しているときは画面左下のレーダー脇に属性アイコンが表示される。
また、より属性の効果が大きくなる強天候というものがそれぞれの天候に存在する。強天候であることは天気のアイコンが2つであることから知ることができる。
強天候と区別する意味で通常のアイコン1つの天候を弱天候と呼ぶこともある。

エリアによって出現する可能性のある天候や、その出現頻度は決まっている。雨季/乾季など、季節によって特定の天候に偏るエリアもある。天候属性が変化しないエリアもあり、ほとんどの街(セルビナマウララバオタブナジア地下壕アトルガン白門アルザビを除く)や城、三国周辺では属性天候は発生しない。

/clock のモードによっては曜日ヴァナ時刻が消えた状態になるが、この状態だと天候アイコンも表示されない。メイジャンの試練の際に、うっかり時刻表示を消したままでいると、延々と天候変化を待つハメになるのでご注意が必要である。
フィールド画面からも天候の変化が観察できるが、コンフィグ天候エフェクトを非表示にしていたり、ダンジョン内でのなど一部天候は判断できない。

属性天候一覧

属性天候強天候
熱波灼熱波
吹雪
暴風
砂塵砂嵐
雷雨
スコール
オーロラ神光
妖霧

属性天候の効果・曜日との関係

火氷風土雷水光闇いずれかの属性を持つ天候は、同属性魔法強化する。また、劣位にあたる属性魔法にはペナルティを与える。
属性間の優劣関係に関しては属性の項を参照されたい。


表:魔法に対する曜日天候の影響
天候曜日属性非干渉優位
属性
属性強天候+35%+25%+15%
天候+20%+10%±0%
非干渉+10%±0%-10%
優位
属性
天候±0%-10%-20%
強天候-15%-25%-35%

この表は使用する魔法属性を基準としており、例としてファイアを唱える場合は火曜日が「同属性曜日」で熱波灼熱波が「同属性天候」である。
そして水曜日が「優位属性曜日」であり、スコールが「優位属性天候」となる。

「非干渉」の欄はそれらの天候曜日ではない場合と、該当の天候曜日ではあるがランダム判定の結果天候曜日の力が発動しなかった場合の双方を含んでいる。

エレメンタルの出現

何らかの属性天候に変化している間は、対応する属性エレメンタルが出現する。迂闊に魔法を詠唱すると感知される恐れがある。

属性帯

天候(および曜日)の効果が魔法などに影響を及ぼす現象は、一部の例外(計略など)を除き、一定の確率でランダムに発生する。しかし、天候(または曜日)の属性に対応した帯を装備することにより、その発生確率を100%にすることができる。
詳細は「属性帯」の項にて。

また、8属性天候と全ての曜日に対応する「八輪の帯」が後に追加されている。

学者専用のパーティメンバーに使用する魔法の総称で、フィールド天候を無視して学者が指定した天候の効果を受ける。詳細は「」を参照。
上記の属性帯との併用も可能。

無属性天候

8属性天候が現れず、画面左下のレーダー脇にアイコンは表示されていない時の状態でも、以下の四種類に細分することができる。

そのほか

ヴァナ・ディール各地の街では、これから3日間の天気予報を聞くことができる。たいていは現在地の周辺エリアの天気のみ聞くことができる。メイジャンの試練帖を使えば、自分のいるエリア天気予報を聞くことができる(街エリアでは使えないなどの制約はある)。

基本的に、熱波灼熱波日中限定、オーロラ神光夜間限定、またバタリア丘陵では冬季のみが降る…といったように、エリアによってその属性が起こる時間帯や季節が異なる。

これの例外として、エリア自体が常にある属性強天候を帯びている場所も存在する。各種試練の回廊や、デュナミスエリアリンバスリージョンなどがそれに当たる。

天候の変化は場合によってはそれなりに描画負荷がかかる。PC版で処理が重くなったな、と感じた場合は「コンフィグ→その他→天候エフェクト表示」の項目をオフにしてみることをオススメする。特にボスディン氷河ウルガラン山脈吹雪*2などは相当な負荷がかかるため、パワーの心許ないマシンを使っている場合は切るのが賢明だろう。

クエストの中にはイベントの発生条件に天候が関係するものもある。ここでは詳細は省くが、クエスト7色の光を!」はその最たるものである。

また、タブナジア地下壕で受けられるクエストふたりはいつか*3」は、天候になることが、クリアにかかわってくる。上述のとおり天気予報ではわからないので、発生しやすい天候・時間帯などを見計らって、ひたすら待つ以外にない。このため、ルフェーゼ野のさる場所では、所在なげにたたずむ冒険者がしばしば目撃される。

天候による風景の変化

天候が変化すると、主に以下の変化が風景に現れる。
  • 雲が表示、非表示状態になる。
  • 風の流れが速くなる(雲の流れる速度が変化する)
  • 空の色や地面の色が変化する。
  • その他、天候に関した演出が加わる。

属性天候主な変化強天候主な変化
晴れまばらに雲が広がる青空。
夜は星が見える。
快晴雲ひとつない青空に。
夕方は空がオレンジ色になり、アルタナエリアでは夜に彗星が見えるようになる。
くもり全体に灰色がかった色になり、
遠方が見づらくなる。
遠方が全然見えなくなる。
熱波地面が赤みを増し、
熱気で若干の陽炎が発生する。
灼熱波熱気で前方に相当量の陽炎が発生する。
暗くなり、が降る。
上がり後はがかかるエリアも。
スコールの量が増す。
砂塵埃のような砂が吹き荒れる。砂嵐砂塵の量が増す。
クゾッツでは砂竜巻が発生する。
小さな草や木の屑が空中を舞う。暴風木屑や草の舞い上がる量が増える。
チラホラと雪が降る。吹雪視界が極端に悪くなり、の量が増える。
少量のが降り、雲の切れ間に紫色の稲妻が走ったり、空が白く光ったりする。
プロマシアアルタナエリアでは轟音と共に稲妻が地面に向かって走る場合がある。
主に海に落ちるが、たまに冒険者の目の前に落ちることも。
雷雨稲妻の線が最大2本になる。
オーロラ周囲一体が青みがかかった色になり、
空をオーロラが埋め尽くす。
神光周囲が青白くなり、オーロラ深度が増す。
妖霧紫色の霧が発生する。特定エリアのみで発生。
空が濃い緑色になり、白く大きな月が姿を現す。

なお、サービス開始当初は光の強天候は「白夜」、闇の強天候は「日食」とされていたが、いつからかそれぞれ「神光」「」に変更されている。

関連項目

天気予報】【バラカフ回想録】【7色の光を!】【属性帯】【天候限定装備】【】【イリデセンス
*1
→公式フォーラム:教えて!開発さん!
*2
吹雪の雪山登山となり視界の確保がほとんどできず、迷いやすいという別の理由からもエフェクトを切るのをお勧めする。マウントを使えばからまれるのは回避できるようになったが…。
*3
クエスト発生のためには、プロマシアミッションを第四章まで進めている必要がある。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。