アズーフ島監視哨(あずーふとうかんししょう/Azouph Isle staging point)
アトルガン皇国軍が管理しているアサルト作戦領域を監視する施設(監視哨)のひとつ。カダーバの浮沼アズーフ島)に位置する。

ルジャワン霊窟の監視が主な任務で、駐在員は不滅隊ナリーマ(Nareema)。彼女は少々精神的に病んでいるようで、その言動から危険な香りがプンプンする。

他の監視哨同様にここを出た先は70近辺のレベリングソロメリポキャンプとして人気があった。ここでの獲物はインプフライなど。

アクセス

ナシュモカダーバの浮沼

ナシュモ

北門(H-6)または東門(H-8)からカダーバの浮沼東側へ抜ける。
西門から出ると違う方向に出てしまうので注意。

カダーバの浮沼

(K-9)が目的地。分かりづらい場合は、右壁沿いに進んでいればいずれ到着できる。
途中数匹のインプがいるが、マウントを用いれば容易にかわせる。

開通

6カ所の監視哨のうち、かつては移送の幻灯の開通が容易な部類に入っていた。

ナシュモから比較的距離が近く、見破りを持つインプレベリング等で狩られていることが多かったからである。傭兵への第一歩、不滅の防人で最初に開通させた者も多いだろう。

しかし、アビセアの追加でメリポパーティが死語になると共にインプ狩りも廃れてしまい、時折メイジャンの試練などでインプが狩られているのを見る程度になってしまった。そのため、現在ではインプをかわさないと奥に行けないケースも多く、難易度は上がっていた。

2016年6月7日のバージョンアップではカダーバの浮沼でもマイチョコボマウントを使えるようになったため、インプは容易にスルーできるようになっている。

関連項目

監視哨
イルルシ環礁監視哨】【ドゥブッカ島監視哨】【ハルブーン監視哨】【マムージャ監視哨】【ナイズル島監視哨
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。