Lv75キャップ時代(れべる75きゃっぷじだい)
2003年12月16日から2010年06月22日まで続いた、約6年半にも及ぶPCの最大レベルが75の時代。

さまざまなコンテンツがこの時期に登場し、最大レベルメイン75・サポ37を基にした戦術が生み出された。

レベル75の開放~Maatとの死闘

2002年5月16日のFF11サービス開始から約一年半経ち、PCの平均レベルは右肩上がりを続けていた。多くのプレイヤーの要望にこたえる形で、→2003年12月16日のバージョンアップにおいて限界突破クエスト最終章「星の輝きを手に」が実装された。最終章と銘打たれているように、この時点ですでにレベルキャップは75で打ち止めとされていたのである。

最終章にふさわしく、Maatとの戦いはまさに「やるかやられるか」の死闘となった。特に赤魔道士にとっては鬼門となり、のちに論議を呼ぶことになる。レベル75開放後もしばらくは75のプレイヤーは少なかったのである。

メリットポイントの導入

「もっと強くなりたい」というプレイヤーの思いは、当ゲームを続ける大きなモチベーションでもあり、さらなるレベルキャップ開放を望む声は多かった。それに対する開発の答えとして、→2004年6月29日のバージョンアップにて、「レベルアップに因らないキャラクター強化方法」として新たにメリットポイントが導入された。この時点でもレベルキャップは75で打ち止めという方針に変わりはなかった。開発にとっては、レベルキャップ開放によるゲームバランスの維持が困難との見方であったのである。

さまざまな戦術装備

メイン75・サポ37という枠組みの中で、強大な敵にいかに立ち向かうか、さまざまな戦術が工夫された。代表的なものとして赤魔道士サポ暗による【連続魔スタン】などがある。装備品に関してもプレイヤーの探究心は深く、優秀な装備は【最終装備】として評価され、競売で高値で取引されていた。

バージョンアップによるテコ入れ~新魔法・新アビリティの追加

ジョブバランス調整などの観点から、バージョンアップにおいて様々な新魔法・新アビリティが追加されていった。2009年4月9日のバージョンアップにて追加されたハートオブソラスコンポージャーなど、さまざまなジョブに新たなアビリティが加わっていった。メリットポイントと合わせ、これらの新アビリティの追加により、同じレベル75でも2003年当初とこの時期では、PCの強さは段違いであった。

終焉~レベルキャップ80へ

スクウェアエニックスの新MMOとしてFFXIVの開発が発表され、FF11プレイヤー間にはサービス存続への不安感が広がり始める。レベルキャップが開放されて久しいこともあり、ヴァナ・ディールには停滞感が漂った。これに対して開発も腰を上げ、大きなテコ入れとしてレベルキャップ開放が発表されたのである。

そして2010年6月22日のバージョンアップにてついにレベルキャップが80まで開放された。6年半にも及ぶ長期政権、Lv75キャップ時代はここに幕を閉じたのであった。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。