メリポパーティ(めりぽぱーてぃ)
メリポ稼ぎを目的として編成されたパーティの事。Lv75キャップ時代によく行われていた。

特徴について

通常エリアを舞台にしたものは、基本的にレベリングの延長線上にあった。メリポカンストするには膨大な量のリミットポイントが必要なので、時間当たりの獲得ポイントが多くなるような構成になる傾向が強い。

一般的なメリポ構成について

チェーンを繋げ多くの経験値を稼ぐためには、素早く敵を殲滅する必要がある。そのため、ヒーリング待ちなどに時間をとられない戦略がバックボーンに組み込まれている。

通常のレベル上げPTでは前衛の役割は盾役アタッカー役と分担されているが、Lv74からはサポ忍にすることで空蝉の術:弐が使用可能となるため、前衛全員がアタッカー としての役割を期待される。
タゲ回しをすることによって、より被弾を少なくして敵を殲滅できるようになり、これにより回復役MP消費が少なくヒーリングの時間が短縮できるからである。

アタッカーを構成するジョブその全てが戦士忍者である場合は、特に強調して戦忍メリポパーティ仙人メリポパーティと呼ぶことがある。

後衛ではヘイスト回復能力に優れ持久力のある赤、ララバイによる寝かしと積極的に釣り役を担ったりPT補助のできる詩人や、各種PT補助が期待できるコルセアの人気が高い。赤コ詩、赤詩詩、赤白詩などが代表的な後衛の組み合わせである。

歌さえ歌い終われば比較的自由に動ける詩人戦闘中に次の敵を釣り戦闘場所のすぐ側まで運んでからララバイで寝かす。赤がスリプルIIで上書きして寝かし時間を調整、起きる前に前衛挑発を入れておきタゲを取って置く。これが主な流れだろう。

ウルガラン山脈における雪山メリポ*1以降メジャーになったスタイルで、これこそがメリポパーティという者も多い。戦闘が終わる前に、次の敵を釣り戦闘場所の付近に寝かせてキープする移動狩り空蝉の術によるタゲ回し、常時ヘイスト回しなど、これらのテクニックは次第にレベル上げにも応用され、その後の戦闘スタイルを一変させた。しかし、レベル帯や構成など条件の整ったメリポパーティでの話で、常時これが通用すると考えてしまうとメリポ脳と言えるだろう。

その他の構成について

黒魔道士召喚士などの後方アタッカーは、MPヒーリングの時間が惜しい、MBの機会が少ない、契約の履行に時間がかかりすぎるなどの理由で敬遠されがちだが、黒魔道士黒パーティ召喚士召喚パーティを組みそれぞれの得意とする獲物を狩るスタイルも定着している。これらのPTは、きっちり6人揃える必要性が薄いため出発までの時間が短いのも利点。
ほかにも回復竜騎士ヒールブレスのみで行い、サポ戦サポ侍などサポ忍の呪縛から開放されたアタッカーが全力をだすヒルブレパーティPTのほとんどを青魔道士で構成し、ヘッドバット等を用いて敵を動けなくさせて殴る不滅隊負荷分散のため相互支援を旨とする後衛マッハPT等、様々なスタイルが存在する。

狩場について

ターゲットとなるのはとて以降の敵がいる狩り場だが、経験値ボーナスサンクションの付加効果、アクセスの利便性からアトルガン近辺の狩り場が好まれている。
具体的な狩り場についてはメリポ狩り場を参照。

メリポ」を巡る解釈

以上がメリポパーティに関する通説だが、これらは主に日本人プレイヤーの間で広まったものであり、海外プレイヤーにまで浸透しているとは必ずしも言えない。また、実際のところいかなるパーティが「メリポパーティ」であり得るかという解釈は、人やその立場により実に異なったものになっている。

具体的には、前述した「戦忍メリポ」以外認めないというものから、後衛マッハPTなどその他の戦術、いわゆる「ぬるぽ*2レベルシンクを利用した方法、極端な例では「メリットポイントが稼げればメリポ」というものまで幅広い。
そのため、解釈の違いから「メリポ」希望で球を出しているのにレベルシンクでのレベル上げPTから誘いが来たり、カンストレベルであっても自分にとって想定外ジョブから誘いや参加希望が来たりすることもある。

現在のメリポパーティの状況

アビセア乱獲GoV乱獲などの経験値リミットポイント)を稼ぐコンテンツが充実し、メリポパーティは完全にその姿を消した。

関連項目

メリポ狩り場】【メリットポイント】【メリポ稼ぎ】【効率厨】【メリポ脳】【仙人メリポ】【ぬるぽ】【肉マッハ】【アビセア乱獲】【GoV乱獲】【メナポ
*1
当時はコルセア実装されておらず、テレポヴァズストナが必須だったため、後衛は赤/白・白/暗・詩/忍が多かった。
*2
もっとも、この「ぬるぽ」についても解釈は割れている。詳しくは「ぬるぽ」の項を参照。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。