飛竜(ひりゅう/Wyvern)
  1. 竜騎士ペット。本項で解説。
  2. モンスターワイバーン」。ワイバーンの記事を参照。

竜騎士の相棒

竜騎士アビリティコールワイバーン召喚されるペット
名前複数候補中から選択
種族ドラゴン類
HP約1733(ILv119)
攻撃属性
攻撃間隔318
特性デーモンキラー
モクシャ(+40以上)*1
被ダメージ(-40%)

装備品の説明欄の表記や、イベント中のNPCのセリフに登場する公式名称はほぼこの「飛竜」か「ワイバーン」だが、ユーザー間では「子竜」「小竜」、またはどんな名前であっても「みかん」と呼称されることが多い。
名前は竜騎士ジョブ取得の際に付けるが、ノーグFouviaに9800ギル払うことで変更が可能。後者でなければ付けられない名前も存在する(詳細は「Fouvia」の項目を参照)。

変遷

かつて飛竜の攻撃格闘属性であったが、いつの間にか斬属性に変わっている。不具合かどうかは不明。
命中率に優れ、レベル相応のD/隔を持っており、これを生かしきれるかで竜騎士パーティへの貢献度は大きく変わる。本体両手槍に加えて片手武器を一本振っているようなものなので、飛竜がいなくなってしまう事による累計ダメージ損失はかなり大きく、各種ブレスのサポートもなくなってしまうため、一部の状況を除いて飛竜を生存させつつ戦うのが竜騎士戦闘における重要事項である。

しかし過去において、一部のプレイヤーから「カメラの視界に入る」「敵のTPをやたら貯める」等の理由ですこぶる評判が悪く、状況に関わらず「飛竜を出すな」という罵りを受ける場合もあった。かつて飛竜の攻撃によるモンスターへの与TPは117*2で、これは飛竜の攻撃間隔から算出される「ごく普通の値」だったのだが、各方面での過剰で一方的な竜騎士へのネガティブキャンペーンが原因で「飛竜は敵のリゲイン要員」と見なされるまでに至った。現在は飛竜にモクシャAGI差によるTP抑制が導入されて与TPは減少している。

また竜騎士の最大の武器にして特徴であるにも関わらず、PCモンスターと比較して防御力HPといった耐久面で圧倒的に劣るためゴブリントンボ・骨等の強力な範囲WSを持つ敵と対戦すると簡単にやられてしまう。コールワイバーンリキャストが20分に変更された現在でも、竜騎士は凶悪な範囲攻撃のない敵との狩りを好む傾向にある。






消失条件

戦闘により本人または飛竜のHPが尽きた場合の他に、以下のような行動によっても飛竜は消えてしまう。

サポによる飛竜性質の変化

サポートジョブの選択により飛竜の性質は変化し、これによって竜騎士というジョブ自体がサポにより戦い方の大きく変化するジョブになっている。
ただし、他のペットジョブとは実用性の面で非常に相性が悪い。ペットの項で詳解する。
タイプサポWS使用時魔法使用時
A、サポなし*46属性攻撃ブレス
(弱点を狙う率が高い)
なし
B6属性攻撃ブレス
(弱点を狙う率が低い)
ヒールブレス
(標的HP25%以下)
C*5キュアブレス
(麻痺暗闇)
ヒールブレス
(標的HP33%以下)

特殊な装備品

装備品の中には、飛竜のステータス特殊技に変化を与えるものがある。代表的な幾つかを紹介する。一覧は【ペット強化装備(飛竜)】の項を参照のこと。

全般的に装備変更から実際の反映までに若干のラグがあることに注意。特に装備セット機能を利用した装備変更が反映されない場合がある問題への対処として、2015年6月25日のバージョンアップでは飛竜が使用する6属性攻撃ブレスヒールブレスの発動時間が1秒から1.25秒に変更されている。

飛竜ステータス強化


HPを上げるものは数多く存在するため、ここでは効果の高い一部を挙げる。
HP量はそのまま死ににくさに直結し、最大HP量はヒールブレスの威力に関係する。
一時的に着替える場合、6属性攻撃ブレスでは現在HPダメージに影響すること。


飛竜に特殊能力を付加





飛竜

おまけ:飛竜アスキーアート
     /(
<゜了ノ (
 (  "⌒ヽ______
  ι⌒ζノ丶─"

感情表現

→2007年3月8日のバージョンアップにて、飛竜を呼び出した状態でPCが以下の感情表現コマンドを使用した際に、飛竜も同時に感情表現をするようになった。
/blush//bow//cheer//clap/dance//goodbye//hurray//joy//panic/point/salute//surprised//wave

敵の呼び出す飛竜

敵側の飛竜も基本的にPC側の飛竜同様の特性があるが、以下のような違いがある。

関連項目

ヒールブレス】【キュアブレス】【コールワイバーン】【送還】【スピリットリンク】【エンパシー】【ストレイフ】【ディープブリージング】【Fouvia
*1
→2005年12月13日のバージョンアップモクシャ+40が追加され、2014年8月12日のバージョンアップで効果が引き上げられた。
*2
3桁(%)表記だと11.7%。
*3
経験値は、ミラテテ様やカンパニエopsなどによる入手でも取得と見なされる
*4
限界クエスト星の輝きを手に」や縛りプレイなど。
*5
サポ召の場合、召喚魔法の発動と飛竜の存在を両立できないため、ヒールブレスは使用できずキュアブレスが使えるのみとなる。
*6
対応ブレスのない光闇属性を除く。この特性を活かし、各鯖の有志により新種モンスター弱点調査が行われている。
*7
ヒールブレスを使う飛竜もわずかに存在する。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。